| 表彰 - ベスト研修医・ベスト指導医

ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター

最も精進した研修医にベスト研修医賞、研修医指導に最も献身いただいた指導医にベスト指導医賞を制定しています。

投票及び卒後臨床研修センター委員会で協議の結果、下記の先生が選ばれました。

平成24年度ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター

ベスト研修医

受賞者:臨床腫瘍科 シニアレジデント1年目 堅田 洋佑

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

この度は、このような素晴らしい賞を頂き誠にありがとうございます。

御指導して下さった各科の先生方や、共に研修に励んだ同期の先生方、教育的なメディカルスタッフの皆様方のおかげで今回受賞させて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

初期臨床研修が終わり、シニアレジデントとして働き始め早半年が経ちます。この2年間の研修生活で多くの患者さんを持たせて頂き、学会発表など非常に多くの事を経験させて頂きました。自分自身が成長することができ、とても有意義な期間であったと思います。また、尊敬できる各科の指導医の先生方に出会えた事も私にとって大きな財産と考えております。

研修医という立場ではなくなりましたが、まだまだ若輩者なので、少しでも指導医の先生方に近づけるようにこれからも精進して参ります。今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


ベスト指導医

受賞者:循環器内科 医長 根石 陽二

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

この度は、ベスト指導医に選んでいただきまして、誠にありがとうございます。

私は大学から川崎医科大学でお世話になり、その後も研修から大学院、そして現在に至るまで、ほとんどの年月を川崎医科大学で学び働いてまいりました。自分が研修医であったころを思いますと、いろいろな指導医の先生にご指導いただきました。そして、尊敬する指導医の先生を目標に働いてまいりました。そして、自分が指導医の立場になり研修医のモチベーションをあげる指導をめざし、研修医が当施設での研修を有意義と感じてくれることを期待して指導おります。

当施設の多くの指導医の中からベスト指導医に選んでいただきましたことは大変光栄に思う反面、自分でいいのかと大変恐縮しております。

今回の受賞をゴールではなく通過点とし、今後も今まで同様に研修医を指導していき、研修医のモチベーションが上がり仕事に充実感を得ることができ、また良医になれるように微力ながら努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。


ベストMCCプレゼンター

受賞者:研修医 内野 和也

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

この度はこのような素晴らしい賞を頂き、誠にありがとうございます。

昨年、MCCという場で初めて、スライドを自ら作り口頭発表するという経験をさせて頂きました。スライド作成、発表において常に念頭に置いていたことは、学生、研修医、指導医の先生方等、聴衆全ての人に分かりやすいものにすることでした。そのため、スライド作成で試行錯誤を繰り返し、何度も口頭発表の練習をしました。また、カンファレンスで指導医の先生方の発表から真似すべき点を探し、学びました。今回のこの貴重な経験は、今後研究会や勉強会での発表に生かしていきたいです。

今回の受賞は熱心に指導してくださった先生方のおかげと考えております。この場を借りてお礼申し上げます。これからも努力を惜しまず、日々精進していきたいと思います。

ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター のトップページへ戻る