| 表彰 - ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター

ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター

最も精進した研修医に「ベスト研修医」賞、研修医指導に最も献身いただいた指導医に「ベスト指導医」賞、モーニングケースカンファレンスにおける最も優れたプレゼンターに「ベストMCCプレゼンター」賞を制定しています。

投票及び卒後臨床研修センター委員会で協議の結果、下記の先生が選ばれました。

平成26年度ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター

ベスト研修医

受賞者:研修医 井川 京子

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター


ベスト指導医

受賞者:救急科 医長 竹原 延治

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

この度はベスト指導医に選出頂きましたこと、大変光栄に存じます。それとともに、救急外来で業務を行うにあたり日々各科の先生からご指導いただきながら診療に当たっている自分がこのような賞を頂いたことに恐縮しております。

救急は初期研修の中で必修となっていますので、今回の受賞でその役割を少しでも果たせているのかもしれないと実感できたことをうれしく思います。今後とも、教育と業務に勤しんで参りますので、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


ベスト指導医

受賞者:神経内科 チーフレジデント 永井 太士

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

もっと良くできたかもしれんなと思うことばっかりなのに、このようにご評価してくださった研修医の皆さんの気持ちがとても嬉しかったです。優秀な方が多く、いろいろな科で身につけた知識や技術でこちらが助けてもらったり教えてもらったりすることが多く、こちらこそ大変感謝しています。研修医の皆さんに刺激をいただきながら、僕も成長していきたいと考えています。ありがとうございました。


ベストMCCプレゼンター

受賞者:研修医 稲井 雅光

ベスト研修医/ベスト指導医/ベストMCCプレゼンター

この度はこのような素晴らしい賞を頂き、大変光栄であります。また直接ご指導賜りました先生方には大変感謝しております。一昨年より計3回、MCCで発表させていただきましたが、3回とも指導医の先生方のご助力がなければとても内容、スライドともに人様に披露できるようなものにはなりませんでした。しかしながら人前で壇上に独り立ち、多くの視線を浴びているのを感じつつ、内容を冷静に伝えなくてはいけないという「場」を提供して下さったことに、今ではとてもありがたく思います。実際のところ研修期間中には学会などでの発表の機会には巡りが悪く縁がありませんでしたので、内々ではありますがとてもよい練習になりました。これから発表される先生方も是非、大変でしょうががんばって下さい。そして私自身も今後たくさんの経験を積み、後輩たちによいアドバイスができるように日々精進して行きたいと思います。

ベスト研修医・ベスト指導医・ベストMCCプレゼンター のトップページへ戻る