国家試験お助けセミナー

2018/12/15

本日 当院へ就職予定の看護師の方を対象として

国家試験に向けた支援をしました

社会保障制度

糖尿病

循環器領域

画像の見方

の4つのテーマで当院看護師が講師で担当しました

国家試験の過去問題に対して解説を加えながら解いていきました

学生の方は自分の愛用の問題集を持参です

さすがによく学習している様子が分かります

講師を担当した看護師は

状況設定問題が難しくなっていると言っていました

また 当院の1年目看護師が試験に向けて 応援メッセージを話してくれました

日頃の取り組み方は 自分流に語呂合わせを考えて数値を覚える

他人と過度に比較しない

前日の過ごし方は通常通りの生活をする SNSの情報に惑わされない

・・・・・等々

さすがに 1年先輩の話には興味があり 聞き入っていました

本日は54名の参加でした

風邪をひかないように注意して

2月の試験当日に臨んでいただきたいです

4月に笑顔で会えるのを楽しみにしています

sIMG_1343

病院移転後2年経過

2018/12/05

当院が新築移転して

呼称も変更してはや2年が過ぎました

昨年もですが 病院移転の前準備の事を思い起こします

皆で色々考えて配置を決めたり 運用を考えたりと

移転前6カ月が嵐のような日々であったこと・・・・

寒い冬が来ると

きっと、毎年のように 荷物運びの事や

11月30日の患者さんに移動の時のことを

思い出すでしょう

各看護単位のスタッフと行っているランチミーティングでも

最近は移転の時のことが話題になります

「あのときは 大変でしたよねー」

「皆で 色々担当を決めて一生懸命でした」

この貴重な経験は皆の心に深く残っています

今は通常業務が難なく行えています

1年間は色々見直しをして 動きやすくなりました

さらに患者さんの目線で見直しがあるかもということと

他部署の目線で良いところを見つけたり 改善点を見つけようということで

看護単位の師長さんたちが他部署の管理体験を2日間することにしました

2部署の体験ができるので

自部署の改善点と 他部署へのフィードバックをし

患者さんの視点で工夫ができないかを話し合います

この他部署研修をしたある師長さんは

「○○師長さんは すごいと思う 素晴らしい管理をしていた」

と感想を言っていました

この成果を皆で共有して

何か改善ができればいいと思います

深柢ガーデンでくつろぐ猫

深柢ガーデンでくつろぐ猫

せとうちホスピタルマネジメントセミナー:看護師特定行為修了者の活動

2018/11/17

せとうちホスピタルマネジメントセミナーにおいて

「看護師特定行為研修制度は地域を変えれるか!」のテーマで

講演会がありました

研修制度の事を 厚生局の方が丁寧に説明され

研修や実践についてを切手俊弘先生にお話しいただき

実践を当院の看護師より話したので

全ての流れが良くわかりました

特定行為研修を修了した当院看護師の話は

研修修了後に実施している活動についてでした

院内の創傷関連に関した特定行為実践や

在宅で療養されている方への褥瘡処置や栄養・水分のアセスメントをさせていただいたこと

などを紹介されていました

研修で習得したことを活かして 院内及び院外で活動していることが

具体的に良く分かりました

また 研修でお世話になった指導医師が今回の講師でしたので

再会できたことと

自分自身の活動について聞いていただけたことが

とても良かったようです

この研修制度は今後実践事例を積み

他施設や地域へ公開することで

広く周知できるのではないかと思います

地域包括ケアシステムの中で看護師の役割が拡大していき

医療ニーズの高い方が在宅でも過ごすことができる

キーパーソンとなり得るのではないかと感じました

看護師の自律を促す教育であります

今回のセミナーでは

看護師特定行為研修制度は地域を変えられるか?

という問いに

変えていく使命があるように思えました

sDSC_0599

sDSC_0601

糖尿病ウィーク

2018/11/15

当院の外来フロアでは糖尿病週間の行事を行いました

糖尿病チームの医師をはじめとした看護師や栄養士や臨床検査技師などが

来院の方を対象に 情報提供をしたり

筋肉量の測定や血糖チェックや相談を受けたりと

糖尿病の予防や体力維持の推進活動をしました

興味のある方が多く

色々尋ねられたり 体力測定に挑戦したりと

興味をも持っていただいている方がとても多く

大盛況でした

ご自身の体を知り

糖尿病について知っていただき

セルフケアにつながって

糖尿病予防や重症化予防ができればいいと思います

s糖尿病ウィーク2018 11.14 007

s糖尿病ウィーク2018 11.14 008

sIMG_7686

sIMG_7685

退院支援看護セミナー:訪問看護師の体験から学んだこと

2018/11/12

本日 退院支援看護セミナーがありました

訪問看護ステーションへ出向した看護師が講師です

1人目は2年間の訪問看護の経験から具体的な事例をもとに話をしてくださいました

ご自宅に帰られてすぐに在宅看護が始まること

退院に必要な準備を患者や家族と共に整えることが大事であること

在宅での利用者さんの意思を大事にする看護支援

ご家族と共に見守る訪問看護師のこと

病院看護師と協働できること

・・・・等々

訪問看護の醍醐味が伝わりました

2年間 訪問看護師としてとてもやりがいを感じていたことが

お話を聞いてよく分かりました

現在 退院支援看護師として活動しています

患者さんの「在宅での生活が想像できる」看護師はとても素晴らしいです

病棟看護師と一緒に退院支援を進めていることに頼もしさを感じました

また2人目は 1年間の訪問看護師の体験から

自宅訪問のマナーについて話してくださいました

他人の家に入らせていただくことの意味

利用者の尊厳を守る対応について

マナーは愛ある対応で思いやる行為である

・・・・等々

病院内のマナーにも通じることであり

参加者はとても興味を持って聞いていました

当院でも患者さんの意思を大事にして在宅療養支援をすすめていきたいです

在宅における重症化予防研修 緩和ケアとリンパドレナージ

2018/10/20

本日 在宅における重症化予防研修がありました

緩和ケア認定看護師が講師でした

緩和ケアの考え方や

患者さんや利用者さんへの対応について

ご本人の気持ちに寄り添うことの大事さ など

色々聞くことができました

演習では

自分の大事にしていた人やモノや場所や思い出を紙に書き

自分が がん末期状態になったと想定して

3個づつ捨てていく演習をしていきました

真剣に悩みました

人生最後の場面てこんな心理なんだと少しだけ悲しくなりました

講義を受けた皆さんも複雑な心境であったと思います

この体験で

人生最終段階の患者さんの心理を少しでも理解できるようになると思います

また演習では

リンパドレナージの方法を自身の手で実践しました

そして アロママッサージを2人ペアで行いました

手を合わせてお互いにマッサージをし合うと

「あたたかい」「気持ちいい・・・・」との声が聞こえてきました

ほっこりとなった場面もありの研修でした

sIMG_1153

sIMG_1167

sIMG_1165

看護部パンフレット用写真撮影スタート

2018/10/09

本日と12日でパンフレット用の写真撮影をします

2年ぶりの改定です

2年間の間では 教育体制の変更や看護師の異動があり

それに対応できてなくなっていました

看護部の活躍する人達や教育の体制がよくわかるように

少し変更します

病棟や研修センターでの撮影をしました

撮影の前にはメイクの方が髪や顔を整えていただきました

さすがに 若い人たちはより艶やかに

私のようなやや年上も若返りのお肌に(?)

といった感じでした

スムーズに撮影が進み予定通りのスケジュールで

さすがにカメラマンや周りの方たちのサポートは素晴らしいです

あとは差し込みの文章を担当者が練っています

出来上がりが楽しみです

sIMG_1141

sIMG_1144

新人看護職員研修:コミュニケーション

2018/10/05

本日は午前中にコミュニケーション研修がありました

講師は緩和ケア認定看護師です

コミュニケーションの3種類、「攻撃的」「非主張的」「アサーティブ」について

事例を基にグループで分析しました

自分の分析と他者の分析に違いがあることに気づくことができたようです

新人看護職員は 真剣に講義を聞き

活発にグループワークの内容を発表できたようです

講師は 受講者の反応がとても良かったと喜んでいました

一番盛り上がったのはアイスブレーキングで「最近驚いたこと」をグループで話合ったことだそうです

「USJのアトラクションで、思いのほか酔ってしまい

自分の三半規管が弱いことに驚いた」

と新人看護師が話してくれましたとのこと

日常の話で自分自身の楽しかったとなどを他者に伝えること

相手が反応して 周囲の人も楽しくなります

双方向のコミュニケーションのポイントがわかり

講師も受講者も互いに学びのある研修でした

本日は 他施設の新人看護師さん3名の方も最後の研修でした

笑顔で感想を話してくださいました

このご縁で 今後も連携ができればいいですね

sIMG_1121

隠岐島前病院見学

2018/09/28

地域医療・在宅医療で特徴ある取り組みをされている

隠岐島前病院に見学に行きました

島の方々全てがファミリーといった感じです

在宅訪問に付いていかせていただき

退院された方のフォローをされていました

きちんと生活環境や身体をみてアドバイスをして

入浴介助をヘルパーさんと共にされていました

利用者の方はとてもいい笑顔でした

帰り際には同じ病院の訪問リハ担当の方が

ご近所の道で利用者と一緒に散歩中でした

ちょうどお昼時で行きかう人 皆に声かけです

島の顔の見える医療と介護はほのぼの感満載です

病棟の看護師の方は患者さんのために色々考えて

お家に帰れるように支援や調整をしたりと

目いっぱい色々なことを考えて

その方の望むことをかなえるように取り組まれています

医療者主体で考える最善ではなく

まさにその方が望む最善の医療です

医師と看護師とでしっかりミーティングをしていました

看護部長さんのお言葉に

その人のためにいいと思ったことはやってみる

誰も否定はしません

と言われていました

他の職員の皆さんも同じ思いで働かれています

素敵な病院で色々学ぶことができました

看護部長さんと

看護部長さんと

お月見の日 

2018/09/24

本日は曇り空でした

時々雨であり

お月見もできない感じです

深柢ガーデンには この時期ならではの

ススキが2本伸びています

お月様が出るとちょうどいい景色になるのですが・・・

数日前の朝のススキを写真に撮りました

秋の気配が漂っています

sDSC_0545

About Me

新 美保恵
 (あたらし みほえ)
【趣味】読書・お菓子作り・故愛犬ラッキーと歩いた道の散歩