看護部パンフレット用写真撮影スタート

2018/10/09

本日と12日でパンフレット用の写真撮影をします

2年ぶりの改定です

2年間の間では 教育体制の変更や看護師の異動があり

それに対応できてなくなっていました

看護部の活躍する人達や教育の体制がよくわかるように

少し変更します

病棟や研修センターでの撮影をしました

撮影の前にはメイクの方が髪や顔を整えていただきました

さすがに 若い人たちはより艶やかに

私のようなやや年上も若返りのお肌に(?)

といった感じでした

スムーズに撮影が進み予定通りのスケジュールで

さすがにカメラマンや周りの方たちのサポートは素晴らしいです

あとは差し込みの文章を担当者が練っています

出来上がりが楽しみです

sIMG_1141

sIMG_1144

新人看護職員研修:コミュニケーション

2018/10/05

本日は午前中にコミュニケーション研修がありました

講師は緩和ケア認定看護師です

コミュニケーションの3種類、「攻撃的」「非主張的」「アサーティブ」について

事例を基にグループで分析しました

自分の分析と他者の分析に違いがあることに気づくことができたようです

新人看護職員は 真剣に講義を聞き

活発にグループワークの内容を発表できたようです

講師は 受講者の反応がとても良かったと喜んでいました

一番盛り上がったのはアイスブレーキングで「最近驚いたこと」をグループで話合ったことだそうです

「USJのアトラクションで、思いのほか酔ってしまい

自分の三半規管が弱いことに驚いた」

と新人看護師が話してくれましたとのこと

日常の話で自分自身の楽しかったとなどを他者に伝えること

相手が反応して 周囲の人も楽しくなります

双方向のコミュニケーションのポイントがわかり

講師も受講者も互いに学びのある研修でした

本日は 他施設の新人看護師さん3名の方も最後の研修でした

笑顔で感想を話してくださいました

このご縁で 今後も連携ができればいいですね

sIMG_1121

隠岐島前病院見学

2018/09/28

地域医療・在宅医療で特徴ある取り組みをされている

隠岐島前病院に見学に行きました

島の方々全てがファミリーといった感じです

在宅訪問に付いていかせていただき

退院された方のフォローをされていました

きちんと生活環境や身体をみてアドバイスをして

入浴介助をヘルパーさんと共にされていました

利用者の方はとてもいい笑顔でした

帰り際には同じ病院の訪問リハ担当の方が

ご近所の道で利用者と一緒に散歩中でした

ちょうどお昼時で行きかう人 皆に声かけです

島の顔の見える医療と介護はほのぼの感満載です

病棟の看護師の方は患者さんのために色々考えて

お家に帰れるように支援や調整をしたりと

目いっぱい色々なことを考えて

その方の望むことをかなえるように取り組まれています

医療者主体で考える最善ではなく

まさにその方が望む最善の医療です

医師と看護師とでしっかりミーティングをしていました

看護部長さんのお言葉に

その人のためにいいと思ったことはやってみる

誰も否定はしません

と言われていました

他の職員の皆さんも同じ思いで働かれています

素敵な病院で色々学ぶことができました

看護部長さんと

看護部長さんと

お月見の日 

2018/09/24

本日は曇り空でした

時々雨であり

お月見もできない感じです

深柢ガーデンには この時期ならではの

ススキが2本伸びています

お月様が出るとちょうどいい景色になるのですが・・・

数日前の朝のススキを写真に撮りました

秋の気配が漂っています

sDSC_0545

母校里帰り研修での体験

2018/09/11

新人看護師は卒業大学等に1日訪問に行かせていただき

研修をしています

実習をお受けしている大学等は

日頃 先生と会うチャンスはあるのですが

県外の大学等はお世話になった先生方と会うことはないので

機会を設けて母校に行かせていただいて話を聞いていただいたり

後輩に看護の仕事のお話をさせていただいたりと

母校で活動してきます

今回2人の母校里帰り研修の感想を紹介します

恩師である先生方に今していることの状況報告をしました

先生との話の中で 配属部署での業務と患者さんとの関わりで 不安の軽減に努めたことをより一層すすめていきたいと思いました

また看護師としての目標は 学生時代から「患者さんや職員から信頼されること」と思っていて今でも変わらないことを再認識しました

まずは知識や技術を取得していきたいと感じています

懐かしい場所で先生と会えたことでリフレッシュでき 自分自身の振り返りができました

これからの頑張っていこうと思えた研修でした

後輩の前で話ができた 学生の頃とは違った感じで緊張し

学生の気持ちもわかるし 今の自分のしていることも実感しました

・・・・・・等々

色々な感想を聞きました

少しリフレッシュできたようです

母校の先生方には 今後の看護師として働く意欲を後押ししていただきました

笑顔が素敵な2人の新人看護師でした

s山陽学園母校里帰り3 (3)

s山陽学園母校里帰り1

デイサービス 高齢者の笑顔

2018/08/22

最近 地域の在宅支援の事業所を訪問させていただく機会が多く

本日もデイサービスセンターの見学に行かせていただきました

そこには 高齢者の要支援・要介護の方々が集まり

利用者同士でお話をしたり レクレーションをして楽しんだり

この日の行事で夏祭りと称して盆踊りをされていました

笑顔で「いらっしゃい」と訪問した私たちに声をかけてくださいます

ほのぼのとした空間があります

独居の方やお家でお一人で過ごすことが困難な方にとっては

とても充実した時間だと思います

ただ 参加している方は女性が多く見受けられました

男性の参加は少ない状況です

私の父も生前は実家近くのデイサービスを利用していました

その時の言葉を思い出しました

「女の人ばかりで 色々声をかけられるけど

何かするとかは たいぎじゃなー

そこに行け 行け 言われるけど・・・・」

当時 実家の家族はデイサービスに行くと話ができるし

良いであろうと思い進めていたようです

父は定年退職後も数年は再就職してお仕事をし

その退職後は好きな山の植林をしながら余生を過ごしました

病気を機に体が思うように動かなくなると 自宅で過ごすことが多く

話をするのがやや苦手な父を思って

家族はデイサービスでも思っていいたようです

男性にとっての心地よい居場所は

女性とは感覚が少し違うかもしれません

男性の職員の存在も必要かもしれないと思いました

男性高齢者が自宅以外のコミュニティの場で過ごすことの課題があります

豪雨被災地に熱中症対応ボランティア派遣

2018/08/13

岡山県全域では今までにない災害に見舞われ

地方新聞は毎日被災地の情報を発信され改めて被害の大きさを実感しています

どこでどのような活動があるといった

支援の輪も広がっていることがわかります

当院看護師も熱中症対策のボランテアに本日3名被災地に行きました

自身の健康管理もしつつ

看護師としてお手伝いできることをしてきます

熱中症対策のみではなく

相談や軽い傷もある方がおられその支援もさせていただいたということでした

通常はありふれた日常ですが

このありふれた日常が奪われることで非日常となり お辛い時期です

様々な方々の支援で

被災地の方が日常の生活に戻れることを祈ります

仙台の地 被災地の応援に感謝

2018/08/10

9日10日と仙台にて看護学会 看護管理 学術集会がありました

台風で天候が悪い中 やっと仙台空港に着陸できました

初めて仙台に来ました

東日本大震災から7年5カ月がかち

飛行場も駅もきれいで 震災からの復興がうかがえます

この地も津波が押し寄せてきたことを想像すると

つらくなります

学会では 震災当時の看護師としての行動と支援についての集会もありました

胸が詰まる思いです

そして

西日本の豪雨災害に向けての支援をしていただいていました

募金箱が設置され七夕の短冊に応援メッセージを書いていただいています

おりしも仙台は七夕まつりでした

仙台での暖かい心づかいがとてもうれしく思います

s-DSC_0539

s-DSC_0542

新人職員研修 BLS

2018/07/23

今年度の新人職員へのBLSの研修がありました

多職種で行い チーム医療も学びました

診て 聞いて 感じて

実施すべき蘇生術を学習し 自身でやってみる研修です

先輩看護師に丁寧に身振り手振りで説明を受けた後に

生理・解剖・起こっている現状をアセスメントして

実施します

それには各自が声に出して表現することが大事です

日頃の医療活動に活かしていけると思います

s新人BLSH30②

s新人BLSH17

s新人BLSH30⑤

西日本豪雨 避難所での支援

2018/07/20

今回の豪雨による被害に対して

避難所へ災害ナースを派遣しました

岡山県看護協会の要請に対して

真備地区の周辺の避難所へ数名出向き

健康管理と環境整備を行いました

帰ってきた報告によりますと

避難所での高血圧への対応や薬の継続服用のアドバイス

段ボールベッドの必要性の説明と作成支援

衛生管理として朝・夕の避難所の清掃活動

健康維持のためのラジオ体操

夜間の健康相談

等々

色々な役割があったようです

市や県の職員の方々と協力して活動した様子が

よくわかりました

被災地への支援はまだまだ続きます

できる支援を考えて 協力していきたいです

About Me

新 美保恵
 (あたらし みほえ)
【趣味】読書・お菓子作り・故愛犬ラッキーと歩いた道の散歩