‘日記’ カテゴリーのアーカイブ

国家試験の応援

2018/01/17

2月18日には看護師・保健師・助産師の国家試験があります

現在 看護学生さんは必至で勉強中だと思います

世間では インフルエンザが流行し

ご家族も含めて体調管理に細心の注意をされていらっしゃると思います

当院では国家試験の応援として

メッセージとチョコレートをお送りしました

ここでひと踏ん張りしていただきたいです

病院内では新卒職員をお迎えする準備を着々と進めており

本日は他職種も含めたオリエンテーションと研修の打合せがありました

可能な限り 色々な職種が合同で研修できる仕組みとしたいです

スタートからチーム医療を実感していただきたいです

4月には笑顔で会えるように

国家試験 がんばってください!

blogIMG_9066

新年 始動

2018/01/15
作成者:桑田 玲菜さん(附属病院医事課 事務職員)
選考の結果、応募総数730件の中から、上記の作品が最優秀作品に選ばれました。
また、最優秀作品のほかに、優秀作品として5点が選ばれました。
どの作品にも、応募してくださったみなさま一人一人の「思い」が込められていました。
たくさんのご応募、本当にありがとうございました。
今後、この記念スローガンをもとに「記念ロゴマーク」を募集いたします。
〈優秀作品〉
「ずっと もっと だれかのために」 吉田恭平さん(医療福祉大学教務課事務職員)
「生命の輝きを求めて50年 つなげよう未来へ」 医科大学中央教員秘書室一同(代表 片山佳央理さん)
「地域と共に50年 医療で結ぶ 信頼の架け橋」 浅圖由美さん(附属病院医事課事務職員)
「人を思い、人に尽くす。」 松田英希さん(リハビリテーション学院理学療法学科講師)
「ひとを育て ひとを思い ひとを助ける」 津野島里紗さん(医療福祉大学感覚矯正学科1年次)
学校法人川崎学園創立50周年記念事業実行委員会
〈作成者・桑田さんによる趣旨〉
学園50年の歩みを かわらぬ感謝の心を持ち
このさきも 地域や社会に信頼される存在であり続けられるよう1人1人の心に響くスローガンにしました
学校法人川崎学園創立50周年記念スローガン
かわらぬ思い、このさき

1月早々から病院内では色々な行事があり

色々な事が提示されました

ほのぼのと感じたのは

川崎学園創立50周年記念のスローガンでした

「かわらぬ思い、このさきも」

応募総数730件の中から選ばれたそうです

私も1つ応募しました

無意識のうちに夜中に言葉が舞い降りてきて

頭の中に色々な単語が浮いていました

その勢いで翌日に応募しました

不眠の一夜でしたが

なんだか 一生懸命考えました

実は文字数オーバーで・・・・・当然最初の選考で落選だったと思います

それにしても多くの方が川崎学園の今後を見据えて

さまざまな夢と希望と期待を考えたぬいた事に感動です

このスローガン募集を通じて

一層 愛着が深まったと感じます

色々な方の思いを載せたスローガンです

全施設の職員がつながっていく感じです

2018年スタート

2018/01/01

新年 明けましておめでとうございます

寒い中でも ポカポカの日差しがあり暖かい年明けです

今年も皆様にとって幸せな年となりますよう

お祈りいたします

昨年を振り返ると

病院では病院機能評価受審があり

病院全体で仕組みや基準を整える年でした

全職員が同じ方向に向く機会として

問題発見となり 課題に取り組んだ年でした

今年は それを良い意味で発展・定着する年だと思います

個人的には年末の家事で 肩こりに襲われ持病の頭痛に悩まされています

しかし 外の陽気で気分は晴ればれです

年始の活動開始です

日頃できない読書や溜まっている資料作りにいそしみます

またお正月のみ味わうもので

日ごろご無沙汰している人からの年賀状を読み感慨深い思いです

仕事場が変わった人 ご両親のご病気で当院を受診したこと

子供さんの活躍のお知らせ 旅行のお話

・・・・・等々

1年に1回のお便りで初めて知る情報も満載です

今年は戌年です

昨夜 何故か犬を2匹飼うことになった夢を見ました

数年前に亡くなった愛犬 “ラッキー” と叫んでいる私

なんだか縁起がいいのか・・・どうか・・・・

あいにく犬の写真はなかったので

昨年 撮ったほのぼの写真を見てください

皆様に福が届きますように

s-DSC_0406(1)(1) (1)

クリスマス会2月23日 緩和ケア病棟

2017/12/25

今年も緩和ケア病棟にサンタクロースがやってきました

クリスマス会の企画メンバーを中心とした看護スタッフ、医師、薬剤師が参加して

たくさんの患者さん・ご家族に入院生活の中で季節を感じていただきました

きよしこの夜のピアノ演奏に合わせ

ろうそくの火を見つめながら自分を見つめなおし

夢や生き方を考え 自他ともに見つめ合い 語り合い

親睦を深め合うという

目的でキャンドルサービスからスタートです

クリスマスといえば・・・クリスマスリース

ということで、スタッフと患者さん・ご家族で

それぞれに素敵なリースが完成しました

そして 患者さんに

ご家族とスタッフからサプライズのプレゼントという事で

クリスマスカードをお渡ししました

最後にサンタクロースとトナカイの呼びかけで

ハンドベルの演奏です

今年はピアノ演奏とともに

「星に願いを」と「ジングルベル」を演奏しました

参加してくれた子供たちが

演奏に合わせて歌を歌ってくれたおかげもあり、昨年よりも

演奏のクオリティが高く 練習の成果がでました

恒例となったAIのハピネスをみんなで合唱してクリスマスを楽しみました

参加できなかった患者さんにも

クリスマスカードやケーキを渡すことができ

喜んでいただくことができました

これからも緩和ケアを受ける患者さんとそのご家族の

QOL向上のために「幸せ」の輪を広げて

質の高い緩和ケアを提供していきたいと思っています

blog20171223_123510

以上 緩和ケア病棟からの温かい報告でした

ひまわり研修(交流研修)のまとめの会

2017/12/04

川崎医科大学府属病院と川崎医科大学総合医療センターの

中堅看護師が両病院間で交流研修を行いました

お互いの病院の同様診療科の看護単位で

5日間研修をしました

他病院ならではの気づきがあったようで

お互いに良いところは取り入れ

また課題も見つけることができました

本日は合同研修でまとめの会

「看護の専門性と価値創造」と題して

看護部長付参与より講義がありました

看護の専門性についてをあらためて認識するとともに

患者と共に目標設定し 提供する看護を説明できることが大事

達成感を得ることによって自信やモティベーションにつながること

・・・・等々を学びました

それをもとにグループワークをし

自部署に照らし合わせて課題を話し合いました

後輩育成の課題や看護提供体制について

色々検討ができました

自部署の看護実践に活かしていくことができると思います

また両病院の中堅看護師のネットワークができたようです

新人看護師宿泊研修 

2017/12/02

先週と今週末に2班に分かれて

新人看護師の宿泊研修がありました

場所は邑久町のいこいの村です

本日は2班の2日目の事例検討発表会に看護副部長と参加しました

日ごろの患者さんとの関わりの中で

精神的支援の面で気になっていることや

ケアのプランを見直して排泄ケアの習慣化ができた事例

・・・・・等々

4グループの事例を発表しました

日ごろの気になっていた事例を提供し

ディスカッションを夜中までしたそうです

その成果があり

よくアセスメントができていました

患者さんの日ごろの生活をもとに

身体面・精神面を考慮したケア計画を立てていました

入職してから8カ月が経過し

看護師1年目として成長がうかがえました

グーループダイナミクスも体験し

今後の看護に活かすことができそうです

それぞれの顔を見ると頼もしさを感じました

病院を離れて 紅葉の中で海が見渡せる環境での2日間は

リフレッシュできたと思います

病院のお誕生日・・・・地域連携

2017/12/01

本日で開院1年になりました

ホールでは病院長の訓示があり

全職員のチームワークで良い病院を作っていくこと

患者さんのために質の高い医療の提供を進めていくこと

職員も仕事と私生活のバランスをとり

メリハリのある働き方をしていきましょう

とのお話でした

これから2年目の病院の歴史を刻みます

地域の皆様とともに

この地で高度医療の提供と健康増進と疾病予防のための

お役に立てればと思います

本日 夕方には

医介連携の会があり

地域の施設の相談員や訪問看護師・ケアマネージャーの方に

おいでいただきました

当院医師よりフットケアの重要性について講演をさせていただき

その後

当院の医師や看護師 MSW 管理栄養士 理学療法士も参加して

グループワークをしました

在宅医療を受けている方の足病変の対応についての話をし

本日参加した当院のフットケアチームのメンバーも

在宅療養の方の足病変のケア支援をさせていただきたいと思いました

スムーズな連絡・相談・ケアアドバイスをする仕組みにも

話を進めることができました

当院のホールに地域の他職種の方々に来ていただき

当院の1年目のお誕生日を迎えたこと

とてもよかったと思います

1年前の・・・・お引っ越し

2017/11/30

1年前の平成28年11月30日は

106人の患者さんと共にこの新病院にやってきました

患者さんの移動手段としては

救急車や寝台タクシーを使用しての往復でした

思い起こせば

当日は 雨が心配され ブルーシートを路上に掛けさせていただいたり

寒さ予防で アルミシートを使用したりと

冬ならではの対策をしました

職員も防寒対策をして 各出口・入口にスタンバイし

予定表の順序でお一人お一人を移動させていただきました

早いもので あれから1年・・・・

新しい病院の構造や機能に慣れるのにかなりの時間を要しました

今では 施設に慣れて 当たり前のように診療が行われています

“新しい設備等を大事に使う” “廊下に物は置かない”という

当時の約束も守れています!?

本日は医療法25条の立ち入り検査でしたので

色々なところを見ていただきましたが

整理・整頓はできていたように思います

これからも大事に使っていき

患者さんと職員にとっての良い環境を維持したいと思います

患者さんオリエンテーションDVDの撮影

2017/11/25

本日当院のICUにて

手術患者さんのオリエンテーション用DVD撮影がありました

岡山大学病院の周術期管理センターの看護師の方々にご協力いただいて

当院も周術期管理チームの活動が始まりました

本日の撮影はその活動の一環です

手術を受ける患者さんに対して

麻酔科医師やICU・手術室の看護師や理学療法士が関わり

手術前後の流れと体と心の準備を一緒にします

このDVDを見ていただき 映像でイメージできるように作ります

配役は当院の看護師や医師や理学療法士で

患者役は劇団の方です

さすがに役者さんだけあり 素晴らしい演技であったようです

ICUの師長は 最初どこかの患者さんが間違ってICUに入ってこられたのかと

勘違いしたそうです

当院のスタッフも名演技で撮影を終えました

当院も含めて色々な病院で使用できるものです

患者さんにとって分かりやすい説明をすることで

手術後の回復を医療スタッフが積極的に支援します

blogCIMG1400

blogCIMG1392

blogCIMG1394

第12回開院記念市民公開講座 患者さんと伴走するナースたち

2017/11/18

安心・安全・あったかkawasaki nursing

当院看護部が目指す看護です

本日当院で市民公開講座が開催されました

新病院を開院して1年がたちます

開院記念として毎月1回

医師やメディカルスタッフが講演をしてきました

本日は12回目で最後の公開講座で 看護師3名が担当しました

  • 入院!その前に知っておく自分自身のこと
  • ためになる、入院中の過ごし方
  • 認知症予防-自分らしい生活のためにー

3名の看護師は それぞれ各分野で専門的な学習をしています

地域の方々が日ごろの健康増進に役立てていただけることや

入院になると 必ずお伝えしていただきたいこと

入院生活の筋力低下予防で ご自身でできること等をお話をさせていただきました

約250名の方が来場され 熱心に聞いてくださいました

最後には認知症予防の運動として「スリスリ・トントン」をしました

お膝の上で右手と左手を違う動作をします

なかなか上手くいきませんが

会場の中には完ぺきにできる人もいらっしゃいました

会場に来られた方はとても健康維持・増進に熱心な方々なので

きっとご自身で体力維持の運動を続けていかれることと思います

blogIMG_8756

blogIMG_8759

blogIMG_8765

About Me

新 美保恵
 (あたらし みほえ)
【趣味】読書・お菓子作り・故愛犬ラッキーと歩いた道の散歩