川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 総合臨床医学教室 >
教室紹介

総合臨床医学教室



准教授:楠 裕明(くすのき ひろあき)

教育・社会貢献業績紹介
教育業績
学部:授業 【1年】地域医療を考える (2学期[1])
【2年】臨床実習Ⅱ (1学期[24])
【2年】医学研究への扉 (2学期[138])
【2年】臨床入門 (3学期[1])
【3年】臨床実習Ⅲ (2学期[24])
【4年】臨床実習入門 (2学期[13])
【4年】地域医療 (2学期[4])
【5年】臨床実習Ⅴ (通年[821])
【6年】総合臨床医学 (1学期[5])

(※[]内はコマ数)

学部:小グループ担当
学部:共用試験等への参加 CBT, OSCE, advanced OSCE
教育改善への努力:
学外の教育関連学会・講演会・セミナーへの出席
OSCE評価者講習会

2017-06-18, 兵庫医科大学

自治医科大学PCC OSCE見学会

2017-07-01, 自治医科大学

OSCE実施責任者会議

2017-07-04, 東京、共用試験実施評価機構

日本医学教育学会大会

2017-08-18, 札幌コンベンションセンター

OSCE模擬患者標準化講習会

2017-08-22, 東京、共用試験実施評価機構

地域枠制度についての意見交換会(中国・四国ブロック)

2017-09-30, 広島インテリジェントホテル

第37回国内医科大学視察と討論の会

2018-09-07, 山梨大学医学部

 
社会貢献
学会運営に関する活動 日本平滑筋学会

理事(2016年~)

規約委員会委員長

日本消化器内視鏡学会

学会評議員(年~)

論文査読委員

日本消化器病学会

学会評議員(年~)

学会評議員

日本病院総合診療医学会

評議員(2016年~)

論文査読、学会の司会担当、評議員会の出席

日本超音波医学会

地方会運営委員(年~)

地方会運営委員

論文査読 日本消化器内視鏡学会雑誌[3]

(※[]内は回数)

認定講習会、医師会、市民公開講座、産業界を対象とした講義・講演 機能性ディスペプシア(上腹部不定愁訴)の診断と治療

超音波を用いた機能性ディスペプシア(上腹部不定愁訴)の胃十二指腸運動機能診断と治療(広島市内科医会) (2017-05-26)

超音波を用いた六君子湯の効果発現メカニズムの解明

六君子湯の胃十二指腸運動機能に対する効果メカニズムを超音波で解明し、半夏瀉心湯と比較(高知市) (2017-09-02)

六君子湯の効果発現メカニズムとその使い分け

六君子湯の効果発現メカニズムと半夏瀉心湯との使い分けについて(広島市) (2018-02-15)

漢方薬のエビデンスへの挑戦

漢方薬のエビデンスを国内だけでなく海外に発信しないと日本漢方は危機を迎える(綾歌地区医師会) (2018-02-16)

研究成果の公開、マスメディア等での活動 TBSの番組2本「その差って何ですか?」「名医の太鼓判」に「大蠕動運動」の超音波画像を提供。 NHK「ごごなま、きわめびと、便秘」に「大蠕動運動」の超音波画像を提供。
 
大学運営
各種委員会
研究センター
ワーキンググループ活動
治験管理委員会

治験の管理

教務委員会 委員

教務一般

総合試験、卒業試験ブラッシュアップ委員会

総合試験や卒業試験のブラッシュアップを担当

PCC OSCEワーキンググループ

PCC OSCEの企画・実施

外来診療ワーキンググループ

外来の編成の変更(外来配置の変更)

年度開始時のガイダンス・オリエンテーション担当 地域医療実習、OSCE、OSCE内部評価者講習会
※採用年度より前の教育・社会貢献業績データは登録されていません。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー