川崎医科大学ロゴ
HOME >> 研究 - 倫理委員会 - 申請手続き - 倫理審査申請書(症例報告用)について
 倫理委員会
申請手続き
審査課題一覧
学生・教職員を対象
   とした医学系研究に
   ついて
 利益相反マネジメント
マネジメントポリシー
情報公開
関係指針
参考資料
 公的研究費管理監査体制
川崎医科大学公的研究
   費の不正使用防止に
   関する基本方針
管理体制
研究者行動規範
不正防止計画
関係規程
 研究・研究費不正に関する
  通報窓口について
 動物実験委員会
動物実験委員会規程
自己点検評価
実験動物飼養保管施設
   緊急時対策マニュアル
各種様式
 解剖学研究
解剖学研究について
研究課題
解剖委員会
   問い合わせ先
 その他
研究における不正
   行為・研究費の不正
   使用
倫理審査申請書(症例報告用)について
 平成27年4月1日に施行されている『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』においては、学会や、学術誌での個別の症例報告(勉強会での情報共有、症例検討会など)は「研究」ではないため、この指針の対象外となっています。
 しかしながら、学会やジャーナルから倫理委員会での承認を求められる事があることから、本学倫理委員会として、症例報告審査用に、倫理審査申請書(症例報告用)を作成しました。
 症例報告をされる際、学会やジャーナルから承認通知を求められた(求められる可能性がある)場合にご利用ください。

症例報告の申請について

◎ 論文・学会発表時には、利益相反に関する事実関係について、明記を必須とする。

提出時の注意事項

  • 1. 倫理審査申請書(症例報告用)は、遡って(過去の)通常の診療行為を超えた医療行為を審査、承認するものではありません。
  • 2. 次の項目に該当する場合は、事前の倫理審査、医療倫理審査あるいは、施設長の承認が必要です。
    • ◎ 研究的侵襲が発生している
    • ◎ 通常の医療行為を超えた、研究目的での採血、検査、撮影、治療が行われている。
    • ◎ 診断目的ではなく、研究目的でのヒトゲノム・遺伝子解析が含まれる。
  • ★参考:倫理審査申請書(症例報告用)の様式について:通知文書

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー