川崎医科大学ロゴ
HOME >> 研究 - 倫理委員会 - 申請手続き - 倫理審査申請書(症例報告用)について
倫理審査申請書(症例報告用)について
 平成27年4月1日に施行されている『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』においては、学会や、学術誌での個別の症例報告(勉強会での情報共有、症例検討会など)は「研究」ではないため、この指針の対象外となっています。
 しかしながら、学会やジャーナルから倫理委員会での承認を求められる事があることから、本学倫理委員会として、症例報告審査用に、倫理審査申請書(症例報告用)を作成しました。
 症例報告をされる際、学会やジャーナルから承認通知を求められた(求められる可能性がある)場合にご利用ください。

症例報告の申請について

◎ 論文・学会発表時には、利益相反に関する事実関係について、明記を必須とする。

提出時の注意事項

  • 1. 倫理審査申請書(症例報告用)は、遡って(過去の)通常の診療行為を超えた医療行為を審査、承認するものではありません。
  • 2. 次の項目に該当する場合は、事前の倫理審査、医療倫理審査あるいは、施設長の承認が必要です。
    • ◎ 研究的侵襲が発生している
    • ◎ 通常の医療行為を超えた、研究目的での採血、検査、撮影、治療が行われている。
    • ◎ 診断目的ではなく、研究目的でのヒトゲノム・遺伝子解析が含まれる。
  • ★参考:倫理審査申請書(症例報告用)の様式について:通知文書

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー