閉じる

3つのポリシー

卒業認定・学位授与に関する方針
(ディプロマ・ポリシー)

 建学の理念のもと、「良医」を育成する卒業時の到達目標(卒業時コンピテンス)を設定し、この目標が到達できるように6年間の教育課程を編成している。この教育課程について学則に定める所定の授業科目の単位をすべて修得し、かつ卒業試験に合格した者を卒業と認定し、学士(医学)の学位を授与する。

卒業時到達目標(卒業時コンピテンス)

医師になるための基本的な資質

1.生命に対する尊厳と、他者に対する敬意と共感を持って診療できる。そのために心身を適切に管理し、自己評価の能力を身につけ、生涯にわたり資質の向上を図ることができる。(プロフェッショナリズム)

2.医療人として多様な人々と円滑な人間関係を築き、医学・医療の現場で適切にコミュニケーションできる。(コミュニケーション能力)

専門的な医学知識と医療技術

3.発展する現代医学に対応して、高度な医療を理解することができる。そのためには土台となる基礎医学を正しく理解し、行動科学、臨床医学、社会医学に多様性をもって応用することができる。(医学と関連領域の知識)

4.患者に対して思いやりと敬意を示し、患者個人を尊重した適切で効果的な診療を実践することができる。(医療の実践)

社会・地域への貢献

5.保健・医療・福祉の資源を活用し、住民の疾病予防と健康増進に努めることができる。(地域医療と社会への貢献)

高い問題対応能力

6.基礎医学、臨床医学、及び社会医学における研究の意義を正しく理解することができる。
同時に、医療統計学を修得した上で科学的判断能力を発揮し、問題に適切に対応できる。(研究マインドの育成)

pagetop