川崎医科大学ロゴ
HOME >> 大学概要-学長メッセージ
建学の理念
学長メッセージ
組織図
沿革
創設者 川﨑 祐宣
大学歌
卒業認定・学位授与に
   関する方針
教育課程の編成及び
   実施に関する方針
入学者の受入れに
   関する方針
特色ある教育・研究
カリキュラム
ファクトブック
役職者・教授紹介
施設・設備
交通アクセス
周辺の環境
文部科学省
  「大学教育支援
   プログラム」
お問合せ


 川崎医科大学は、創設者川ア祐宣先生が1938年に岡山市内に設立された外科昭和医院・川崎病院を母体として、医療への限りない使命感と未来への洞察力をもって、1970年に創設されました。学校法人川崎学園は、本学を中核として、開学に合わせ川崎医科大学附属高校、1973年に川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院、1991年に川崎医療福祉大学、2018年にはかわさきこども園を創立し、2つの附属病院とともに、現在教職員約4,600名、学生など総数約6,000名からなる中国四国地域の健康と医療福祉に関する総合学園として発展し、地域社会の医療、保健、健康に尽力しています。
 本学は設立以来、教職員が一丸となって先進的な医学教育、医療技術教育、高度な研究、社会貢献、国際交流に取り組んできました。これまで4,500余名の卒業生を社会に送り出し、卒業生は医師として幅広く活躍しています。本学は、少子高齢化や医師・診療科の偏在、医療の国際化など激変する社会の要請に応えるために、世界基準の医学教育で良医を育成し、医学・医療の進展に向けた研究成果を世界に発信し、世界基準の医療を地域の方々へ提供し続けていくことを使命としています。

アクティブラーニングを軸とした教育


 学修の主体は学生です。学生は、学修成果を学生自らが理解し周囲に働きかけ、相互作用的に学びながら達成できるように、アクティブラーニングを軸としたカリキュラムを構成し、順序を踏んでスキルが向上し身につくように考慮しています。

時代に先んじた医学・医療への取組


 医学・医療は日進月歩で発展しています。本学は、全国に先んじて、総合臨床医学、救急医学、脳卒中医学の教室を開設し、最近では「救急総合診療」、「胆膵インターベンション」、「手外科・整形外科」など、医療ニーズに対応した寄附講座を設置しています。

教育の質向上に向けた取組


 IR室を設けて、教学に関する各種のデータを収集・分析し情報化して、根拠に基づいた教育の改善・質の向上を推し進めています。また、医学教育センターを開設し、教育改善の推進や学生の学修支援を行っています。今後も継続的に世界基準での教育の質の向上に一層努めていきます。

教育環境の整備


 第1学年には大学構内にある教育寮で共同生活を通して、自主自律、協調性と相互扶助を体得しています。また、卒業生からは「生涯にわたる知己を得た」と聞いております。第2学年から第6学年には、校舎棟内に学年ごとの自修室(ブース)があり、そこには各人の自修机・本棚が完備されています。校舎棟の裏山は、学生の出身都道府県の県木・県花が植栽された、「ふるさとの森」があり、学生達は癒されます。
 現代医学教育博物館は、「目で見る、触れる、聞く図書館」と称される施設で、実物標本、病理標本、パネルなどが展示され、学内外で活用されています。臨床実習の開始前に手技を学ぶために、病棟を模した、「臨床教育研修センター」が設立されています。このセンターは、各種のシミュレータ―を備えており、診療手技やコミュニケーション能力のトレーニングに利用されています。

 激変する社会に対応できる世界基準の人材の育成・研究および世界基準の医療の提供を追求する本学の教育・研究の熱意と姿勢にご賛同いただき、我々とともに未来を切りひらいていくことに高い志と情熱をもつ学生諸子の入学をお待ちしています。

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー