川崎医科大学ロゴ
HOME >> 大学概要-特色ある教育・研究
建学の理念
学長メッセージ
組織図
沿革
創設者 川﨑 祐宣
大学歌
卒業認定・学位授与に
   関する方針
教育課程の編成及び
   実施に関する方針
入学者の受入れに
   関する方針
特色ある教育・研究
カリキュラム
施設・設備
教授紹介
川崎医科大学学報
交通アクセス
周辺の環境
文部科学省
  「大学教育支援
   プログラム」
お問合せ
 “学生のための大学”という理念のもとに、次のような特色のある6か年一貫教育を行っている。
  1. 第1学年は全寮制度で、医学・医療に携わる者に必要な人間関係を深めている。
  2. 第2〜6学年には、一人ひとりに自習机を完備した自修室を学年別に整備している。
  3. 専門科目をバランスよく配し、1学年から専門教育を実施している。
  4. 第3・4学年では、臓器・機能別統合講義に加え、臨床に必要な基本的な技能・態度を身につけるために、臨床実習入門(第3学年 基礎編、第4学年 応用編)を行い、OSCEで評価する。
  5. 第5学年では、小グループ単位の診療参加型臨床実習を行い、与えられた自修室でグループ学習も行っている。
  6. 第6学年では、臨床、国家試験等に必要な知識を整理するため、基礎医学及び臨床を中心とした集中講義を行っている。
  7. 全学年を通じて徹底した視聴覚教育を取り入れている。また、各学年に担当教員及び小グループ単位に顧問教員を配置している。
カリキュラム一覧
 共同利用研究施設として「医用生物研究ユニット」、「分子細胞生物ユニット」、「RIユニット」、「バイオイメージングユニット」、「総合医療センター研究ユニット」の5ユニットから構成される中央研究センターが付置されている。
 同センターには大型の研究機器、特殊設備等が配備され、専門技術を有する経験豊富な技術員・研究補助員が機器の整備・管理にあたり、機器使用時には必要に応じて、きめ細かい技術支援を得ることができる。
 併せて、DNAシーケンス・タンパク分析、細胞培養器具・試薬の調整・提供、光学・電子顕微鏡用試料作製、動物実験の補助、学会発表用ポスター印刷等様々な支援業務を行っている。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー