川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 解剖学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

解剖学教室




教授樋田 一徳
研究業績へ 教育業績へ
准教授嶋 雄一
研究業績へ 教育業績へ
講師小野 公嗣
研究業績へ 教育業績へ
講師藤本 久貴
研究業績へ 教育業績へ
助教野津 英司
研究業績へ 教育業績へ
助教中村 悠
研究業績へ 教育業績へ
助教堀江 沙和
研究業績へ 教育業績へ
助教佐藤 慧太
研究業績へ 教育業績へ

 医学を学ぶには人体の構造の理解が不可欠であり、このため解剖学教室は、肉眼から細胞・分子レベルまでの生命体の階層的構造に関する科目を担当する。平成21年度から始まった現行カリキュラムでは、1年生1学期の「人体構造入門」の授業から始まり、2学期、3学期にかけて『人体の構造と機能I』コースとして、器官別ユニット形式に教育を行う。また平成26年度からは5年生の「診療の基本」の中で臨床解剖実習を行い、3学年が履修を終えた。
 1年生の各ユニットは、解剖学、生理学、臨床各科が分担して共通の教科書を用いて講義・実習を行う。具体的には、1学期に「人体構造入門」において人体構造の概略を学んだ後、2学期“人体解剖実習”と3学期の“脳神経実習”の実習内容に合わせ、「消化器・呼吸器」、「泌尿器・生殖器」、「運動器」、「循環器・内分泌」、「脳神経・感覚器」の各ユニットをマクロからミクロ、生理学を織り交ぜ、各ユニットに“組織学実習(顕微鏡実習)“を組み込む構成である。また5年生の1学期に「診療の基本」として“臨床解剖実習”を行う。平成28年度は60分の授業が1年生は全909コマあるが、そのうち講義142コマ、実習233コマを、また2年生の講義3コマ、6年生の講義1コマ、5年生は実習15コマを担当している。
 生命の尊厳の重要性を深く理解し、学習の姿勢と勉強法の確立することを目的に、1年生から解剖学教育を始めている。「人体構造入門」は人体の基本的知識の修得と系統的理解を目標とし、『人体の構造と機能I』コースの臓器別ユニットでは、従来の肉眼解剖学と組織学が並行して実施し、人体解剖実習の日程に沿って、学生の知識の断片化や重複がないよう、各教室のスタッフが十分に意見交換している。更には器官別ユニットに関連して臨床系19教室の協力を得て、臨床から見た解剖生理の重要性を講義する。『人体の構造と機能I』コースは、医学生低学年における医学総論ともいえる位置づけである。また1年生全寮制を活かし、学年・小グループ担当教員、事務、寮、健康支援センター関係者とも密接に協力している。
 5年生の臨床解剖実習は、併行して行われる臨床講義(具体的症例を提示して病態生理学的思考法を修練する;病態代謝学・松田純子教授)の内容と密接にリンクし、症状・診察・検査・診断・治療の基本となる解剖学的基礎の修得を目標とする。初学年で行った人体解剖の初心に立ち戻り、それ以降に培った医学的知識と経験、倫理感を学生医師(スチューデント・ドクター)として高いレベルで統合できるよう指導を行う方針である。
 人体解剖実習を通じて涵養される献体に対する感謝・畏敬の気持ちは、臨床医学における“医の倫理の出発点”として、かけがえのない重要な意義を持つ。毎年5月の解剖体慰霊祭には2年生が中心となって、参列するのみでなく、受付、案内、会食、懇談など、慰霊祭実施に全員参加し、特にご遺族とくすのき会(本学献体の会)会員さんとの交流を深め、献体について理解を深めている。
 平成27年度より始まった第2学年研究室配属科目『医学研究への扉』は、第2学年担当の主任教授・樋田が科目責任者となっている。中央研究センター、中央研究部、研究支援係、教務課、教務委員会、倫理委員会と密接に連携し、主に解剖学教室が実施事務局として通年で活動を行っている。
 医療系教育全てに解剖学は必須であるが、その教育を実践できる教員が全国的に不足している状況から、平成24年度から学内外の医療系学生の解剖生理学教育に取り組んでいる。具体的には、川崎医療福祉大学保健看護学科1年生に年間60コマ、倉敷看護専門学校看護科1年生に年間75コマ、川崎リハビリテーション学院1年生に年間15コマ、そして川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部1年生に年間15コマ、川崎医療短期大学臨床検査科に講義5コマ、実習8コマ(学外は全 て1コマ90分)を教室員全員で分担している。このため教科書と教材を共通化し、限られた時間内で有効な結果が得られるようなカリキュラムを作成して実践している。

◯教育に関する自己評価と反省

 人体の構造と機能を限れた時間の中で有効に学ばせるかが基礎医学教育の大きな課題である。現行カリキュラムにおいて1年生の教育は解剖学教室が最も多くの時間を担当し、マクロ及びミクロを統合した解剖学教室の特徴を生かし、生理学教室及び関連臨床系教室の協力によって、継続的・発展的に着実に進行していると自己評価する。更に学生からは、科目全体、教員個別、実施時間、配付教材について概ね高い授業評価を得ている。現行カリキュラムの実施経験を生かし、また学生授業評価を迅速に教育に還元し常に改善し、引き続き更に発展するよう、教育内容の検討を重ねている。
 多くの実習を通して学生との接触の機会が多い事から、教室スタッフの大半は、学年担当、小グループ、スタディーヘルプ、学生相談などに様々に関わっており、教育と学生指導を多角的に連関して教員活動を行っている。
 医学を学ぶスタート時点での学生の、多くの教育を担当する責任は重大である。このことを自覚し、本学の建学理念である人間教育の原点を常に忘れず、教室員全員が日々精進することを改めて誓うものである。
 解剖学教室の研究分野は、神経科学と形態学一般である。樋田は、清蔭講師、野津助教、中村助教、堀江助教、大学院生の松野、浜本と共に「嗅覚系、情動系を中心とした脳神経回路の解析」を、免疫電子顕微鏡、分子生物学的手法を組み合わせ、国内外の研究者との共同研究を推進し、形態学的解析を進めている。本年度4月に九州大学大学院性差生物学分野より転任した嶋准教授は、「生殖腺間質細胞の分化メカニズム解明を目的とした形態学的・発生工学的アプローチ」と「生殖腺間質細胞の遺伝子発現機構のジェネティック・エピジェネティック解析」を精力的に行っている。園田講師は、「造血組織の発生」及び「器官発生とマクロファージ」をテーマとして、マウス脾臓・骨髄の赤芽球島や眼球発生について、免疫組織化学及び電子顕微鏡による研究を、小野講師は「脳髄液循環」に関する研究を徳島大学疾患酵素学研究センターとの共同で進めている。本年度9月に九州大学大学院神経解剖学分野より転任した藤本特任講師は、神経生理学・生物物理学的解析法を基盤として、「視覚系・聴覚系の神経回路」について形態学的手法を応用して研究を始めている。大学院生教育としては、平成25年度に長島史明(現形成外科講師)、平成26年度に岩下美里(現理研)、鈴木良典(現姫路赤十字病院)、平成27年度に徳岡晋太郎(現形成外科講師)の4名が課程を修了し博士号を受けた。現在、松野岳志(宮崎大医卒)、浜本真一(川崎医科大学卒・耳鼻咽喉科)が在籍し、共にティーチング・アシスタントとしても活動している。この他、国内外の研究者との共同研究や研究指導と研究者育成を積極的に行い、国際学会や国際専門雑誌への発表も行っている。

◯研究の自己評価と反省

 医学系諸科学の急速な発展に伴い医療レベルも高度化している。医学教育はこのような時代の変化に対応することが求められ、“医学教育者は須く研究者であるべき”の自覚を忘れないようにしなければならない。そして情熱と探究心を常に抱きつつ、教育、研究、学生指導の全てのレベルアップを心掛けたい。このため、週1〜2回の研究セミナー、月2回の教育ミーティングを年間通じて行い、教室内FDを推進している。
 解剖学教室は教育に従事する時間が多いことは学生と接することが多いことでもあり、貴重な経験をそのまま学生指導にも生かすことを心情としている。他方、教育の負担が多いことが研究発展の妨げになってはならず、求められることは厳しい。研究と教育を両輪のごとく有効に進めるためには、教職員の個人の努力のみならず、教室員全員が力を合わせて協力し合うことが重要である。また、よりよき人材を育て、招き、そして輩出できることを心掛けている。そのためには教室員全員が切磋琢磨できる環境をつくり、そして発展できるよう、あらゆる可能性にチャレンジしていく精神で励んでいる。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー