川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 微生物学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

微生物学教室




教授齊藤 峰輝
研究業績へ 教育業績へ
講師沖野 哲也
研究業績へ 教育業績へ
講師堺 立也
研究業績へ 教育業績へ
講師川野 光興
研究業績へ 教育業績へ
助教後川 潤
研究業績へ 教育業績へ
助教内藤 忠相
研究業績へ 教育業績へ
助教瀬島 寛恵
研究業績へ 教育業績へ

 医療技術や医薬の飛躍的な進歩にもかかわらず、世界で最も多い死因は依然として「感染症」であり、2011年には「肺炎」がついに「脳血管疾患」を上回り日本人の死因第3位となった。また、肝炎ウイルス、ヒトパピローマウイルス、ヘリコバクター・ピロリ、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)等に代表されるように、ヒトの「がん」の実に約1/6は感染症により引き起こされる。すなわち、学生は将来臨床医になると選択する診療科を問わず、必ず感染症患者を治療する場面に遭遇する。その際に、科学的根拠に基づいた適切な問題解決法を迅速に実践する力を身に着けていることは、21世紀に生きる医師として必須である。近年の医学の進歩や生活環境の改善による、易感染宿主やアレルギー患者の急増、エイズ、結核、新型インフルエンザ、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの新興・再興感染症の出現等により、微生物学の研究対象と臨床医学における重要性は飛躍的に拡大し、理解に必要な知識も増大の一途をたどっている。これら毎年蓄積していく膨大な情報の中から、真に必要な情報を選択し学ぶのは容易なことではない。微生物学教室では、講義・実習を通して、病原体と宿主応答、その他微生物学に関する基礎知識をしっかりと習得し、臨床に応用できる力を身につけることを目標に教育を行う。その結果、リサーチマインドを持ち、論理的で合理的な診断・治療ができる「世界に通用する医師・医学者」の育成が可能になるものと考える。
 微生物学の教育は、第2学年を対象に「生体と微生物」1〜3として行われる。「生体と微生物」1(細菌学)では、細菌の形態、各細菌の病原性と発症機序等について、コア・カリキュラムに準じて自家製プリントを用いて学習する。併せて真菌についても学ぶ。さらに、実習では無菌操作を通して病原微生物を安全に取り扱えるようになるとともに、講義で学習した細菌の特徴を実際に実験により確かめ、その特性を利用して未知菌を同定する技術を身につける。「生体と微生物」2(ウイルス学)では、ウイルスの構造・増殖様式・ウイルス性疾患の診断と治療、予防等についての基本知識を習得するとともに、ウイルス感染からウイルス遺伝子発現、宿主応答に至るまでの過程を題材として、分子から個体レベルまでの事象を総合的に考察する力をつけるための講義・演習を行う。実習ではインフルエンザウイルスの感染実験を行う。培養細胞へのウイルス感染と増殖をつぶさに観察することで、ウイルス感染による宿主への影響を実感するとともに、感染性微生物の適切な取扱技術を習得する。「生体と微生物」3(寄生虫学)では、ヒトの内部寄生虫である原虫・蠕虫を中心に、それぞれの感染経路・症状・診断・治療について講義する。実習では、寄生虫症の診断に必要な検査材料から寄生虫を検出するための手技手法を学ぶ。可能な限り実物の寄生虫に接する機会を多くして、学生の興味を喚起させる。各実習後は、実習内容に関する演習問題とレポートを課題として提出する。
◯昨年度の自己点検・評価と課題
 学生が将来臨床医となった際に、感染症患者の診断・治療・予防について科学的根拠に基づいた的確な判断ができるように「微生物に関する基本知識を習得し、発症のメカニズムを理解する」という教育目標を設定しているが、昨年度もおおむね達成されたと考えている。引き続き、講義・実習の内容と手法について、常にブラッシュアップして改善する努力を継続していきたい。
 現在、教室では以下のテーマについて研究を進めている。
  • (1) HTLV-1関連疾患の病態および免疫異常の解明とその制御法・治療法の開発
  • (2) 蛋白合成阻害薬耐性黄色ブドウ球菌に関する研究
  • (3) 幼虫移行症(特にマンソン孤虫症)に関する実験的研究
  • (4) インフルエンザウイルス感染に対する宿主免疫応答の研究と新規ワクチン開発
  • (5) インフルエンザウイルスのゲノム変異導入効率を規定する分子機構の解析
  • (6) インフルエンザウイルス感染行動の解析
  • (7) 宿主細胞の分子シャペロンネットワークによるウイルス増殖制御機構の解析

 (1)については、特殊な遺伝子改変マウスを用いることで、HTLV-1関連脊髄症(HAM)モデルマウスの作製に世界で初めて成功した。現在、その病態機序の解明と新規治療標的分子(=感染細胞特異的に発現する宿主抗原)に対するモノクローナル抗体の作製、樹状細胞・制御性T細胞を用いた免疫療法の開発を行っている。また、HTLV-1の慢性炎症形成因子であるHBZ蛋白質と抗HBZ抗体を高感度で定量可能なELISA系を開発し、論文発表(Retrovirology,2016)と特許出願(特願2014−250359)を行った。今後もさらに研究を推進していく。 (2)については、黄色ブドウ球菌耐性菌を対象に超微形態的解析を行い、蛋白合成阻害薬耐性黄色ブドウ球菌臨床分離株の細胞壁が非耐性株より肥厚していることを明らかにした。また、次亜塩素酸ナトリウムが黄色ブドウ球菌の核様体に障害を惹起すること、黄色ブドウ球菌の染色体DNAを分解することを明らかにした。 (3)については、岡山県内に数多く生息するマンソン裂頭条虫の3倍体成虫が単為生殖する(子孫は全てクローンになる)ことに着目し、7年にわたる試行錯誤の結果、ついに実験室内でその複雑なライフサイクルを完成させ、遺伝的に均一なクローン条虫株を樹立することに世界で初めて成功した(論文投稿中)。 (4)については、インフルエンザウイルス感染マウスの脾臓細胞中に、中和抗体の効果がない亜型が異なるウイルスに対しても交差防御能を付与する細胞群を同定した。また、毎年のインフルエンザワクチンの効力に「はずれ」が生じない選定を可能にする、新規の「抗原性変異が入りにくい母体ウイルス株」の開発に成功した(論文投稿中)。 (5)については、遺伝子複製の忠実度が異なる各種ポリメラーゼ変異体を用いた解析を進めている。 (6)については、インフルエンザウイルスの感染行動、すなわちインフルエンザウイルスが宿主細胞に効率よく感染するために組織あるいは細胞表面を二次元的に動きまわるという、これまでに報告のない現象を解析し、論文投稿中である。 (7)については、細胞内転写因子の活性を人為的に制御可能な「プロテオチューナー法」を用いた解析を進めている。
◯昨年度の自己点検・評価と課題
 微生物学教室では、上述のように各教員が分野の異なったテーマについて独自の研究を行っているが、このように幅広いバックグラウンドを持つ研究者で構成される研究室は、相互のディスカッションにより全く視点の異なる考え方や意見・実験手法・解析方法をお互いの仕事に融通し取り入れることで、「相乗効果」を発揮しうる恵まれた環境であると考えている。今年度も、教室員が互いのテーマ以外についても幅広く勉強しながら、これまでに各教室員が行ってきた経験・考え方・各種実験手法等を他のスタッフの仕事に積極的に取り入れるなどして、引き続き成果を確実に論文発表しながら「相乗効果」を発揮していきたい。また、共同研究も学内各教室の先生方のご協力を賜りつつ積極的に推進していきたい。
  • (1) 学生教育について
     学生に実施したアンケートでは、講義・実習の内容についておおむね適切であるとの回答を得ている。また、近年の感染症発生状況の変化に伴い、講義内容のバランスを再考しつつある。昨年度からは、講義・実習を行いながら得られる学生の意見・感想をもとに、適宜教室内で議論を行う時間を設定している。教育内容の改訂は適宜行っており、次年度以降の教育に反映させている。
  • (2) 研究について
     教室内での情報交換を積極的に行い、実験・研究の効率を上げるとともに、学会発表・論文発表を通じて外部への成果発表を積極的に行うことで、教室のアクティビティーをさらに高めていきたい。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー