川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 肝胆膵内科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

肝胆膵内科学教室




教授日野 啓輔
研究業績へ 教育業績へ
講師原 裕一
研究業績へ 教育業績へ
講師仁科 惣治
研究業績へ 教育業績へ
講師富山 恭行
研究業績へ 教育業績へ
講師吉岡 奈穂子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教青木 啓純
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教時岡 峻三
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教西紋 禮士
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教北川 貴之
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教三宅 智雄
研究業績へ 教育業績へ

 当教室では肝胆膵疾患についての診断、病態解析ならびに治療に関する研究・教育を行っている。内科学のなかでも肝胆膵領域はウイルス性肝炎、肝癌、胆石症などに代表されるように患者数が多い。最近ではメタボリック症候群に代表される生活習慣病が増加しているが、この方面においても肝胆膵領域疾患の占める割合は大きい。また、薬剤と肝障害は切っても切れない関係にある。このように肝胆膵内科学は内科学全体においても極めて重要な位置を占めており、臨床医学を志すものにとって避けて通ることのできない領域である。教育に関しては基本を重視した講義、実習を心がけている。すなわち詰め込み型の記憶に頼る学習では応用力がつかないため、「なぜこうなるのか、なぜこの治療を行うのか」といった病態生理を中心として理解することに主眼をおいた教育を行う。また、肝胆膵領域疾患の治療では血管造影、局所的穿刺術あるいは内視鏡的治療などの観血的手技を行うことが多いため、これらの手技に対する適応、禁忌、安全性などについても専門的な教育を行う。こうした基本方針は卒前、卒後教育を通して一貫したものであり、とくに卒後教育のなかではチーム医療の一員として、チーム内外の医療従事者と十分なディスカッションができるような能動的な医師を目指した教育を行う。
ブロック講義
 肝臓は肝炎、肝硬変、肝腫瘍、代謝性肝疾患、自己免疫性肝疾患、薬剤性肝障害、肝炎ウイルス以外の感染性肝疾患等について、膵胆道系は炎症性疾患、腫瘍性疾患等についてブロックごとに成因、病態、診断、治療について講義を行う。新カリキュラムに従い従来からの放射線医学(画像診断)、消化器外科学の担当教員に加え、病理学、小児科学の担当教員にも参加してもらう。実習前の講義では机上の学問が中心となるため、学習意欲を維持するためには医学に興味が持てるか否かに左右される。当然のことながら暗記に頼る学習では労力の割に医学に対する興味を持つことが困難であるが、「どうしてこの症状が起きるのか」、「どうしてこの薬を治療に使うのか」といった病態が十分理解できれば自ずと医学に対する興味が湧いてくる。肝胆膵内科学では担当教員一人一人がこの点に心掛け、肝胆膵領域のみならず内科学の病態を十分理解してもらえるような講義を目指している。
臨床実習
 5年生1名に対して指導医1名が担当し、医療チームの一員として診療に参加することで診断へ至る課程、治療方針の決定、治療の実践について学習する。臨床医学の基礎を学習するということを念頭におき、「患者から学ぶ」ということを基本姿勢として実習に臨んでいただきたい。担当患者の診察、検査結果、問題点、治療方針についてまとめ、最後に症例発表を行う。さらに専門医による肝胆膵の画像診断、血液検査所見の読み方、内視鏡的治療等についてのセミナーを行う。大学での臨床実習では割り当てられた症例は既に診断が確定していることも多く、ひとつの疾患を中心に病態、治療を学ぶことが多くなるが、肝胆膵内科では診断に至る鑑別診断に重点を置き、既に確定している診断に至る過程についての考察のトレーニングにも力を入れている。
卒後教育
 卒後2年間の前期研修では担当症例について問診、理学的所見、検査計画、検査結果の解釈、画像診断の読み方等内科学の基本を徹底的に身につける。そのうえで検査、治療にチームの一員として参加する。
 肝・胆・膵内科後期研修プログラムの特色は、内科医としての基本である疾患に対する理論的考察力を磨くとともに実践的な検査、治療手技の習得を目指す点である。内科医としての基本能力を養うには単に内科各分野をローテーションして研修を行うだけでは不十分であり、専門分野にいながらにして「常に患者全体を診る」という姿勢で毎日診療に従事することが重要である。肝胆膵内科の症例カンファレンスでは単に肝胆膵領域の疾患について討論するだけでなく、高血圧や糖尿病、貧血など他領域の合併症を統合的に捉えて病態を解析し、治療方針を立てることを基本としており、研修医にもこの点を重点的に指導している。また、肝・胆・膵疾患の診断、治療には経皮的、経血管的、あるいは経内視鏡的アプローチによる様々な手技が要求され、観血的、侵襲的手技も含まれるが、熟練した指導医により実際的な指導を繰り返し行う。
○昨年度の自己点検・評価と課題
 ブロック講義については講義間での学生評価のばらつきがあり、教室内で講義方法についての均一化を図る必要があると思われた。また、講義資料については学生の十分な満足が得られておらず、今後はさらに改善していく必要があると思われる。
 臨床実習では指導医による個別指導ならびにこれまでの学習知識を整理するための講義については好評価を得ることができた。しかし、症例カンファレンスにせっかく出席しても討論の内容について十分に理解されていないと思われる。したがってカンファレンスでは実習学生担当医を設置し、討論の内容等について学生に対してリアルタイムに解説を行っていきたい。
 卒後研修に対しては担当症例が多くなると各症例に対する考察や説明が不足しがちになるので、カンファレンスなどの全体討議では十分な検討を心がけるようにする。
 当教室において研究を行う主目的はいわゆる“リサーチマインド”を育成し、論理的思考を日々の臨床に生かすことにある。したがって研究を行うにあたっての作業仮説、それを実証するための方法論、得られた結果に対する科学的考察を重視して研究を行う。臨床に根ざした研究を行うが、単なる現象論ではなく疾患、治療の分子機序を明らかにすることを目的とし、具体的には以下のような研究課題に取り組む。
  • 1.ミトコンドリアの品質管理と発癌
  • 2.肝発癌における酸化ストレス応答シグナルの解析
  • 3.肝癌進展におけるDPP4の役割
  • 4.膵癌進展における膵線維芽細胞の役割とその分子機構
○昨年度の自己点検・評価と課題
 昨年度は1名の大学院生が学位を取得し卒業した。研究の中心は大学院生であることから、引き続き大学院生を確保していきたい。競争的資金である文部科学省、日本学術振興会等の科学研究費補助金や厚生労働省の科学研究費補助金を獲得はしているが、より大型の研究資金獲得を目指していく。論文発表がやや基礎研究に偏り気味なので今後は臨床研究の論文も増やしていきたい。
 ここに掲げた教育、研究目標を実践するための人材確保に努める。昨年度は2名の後期研修医が入局してくれたが、今年度も引き続き後期研修医の獲得に努める。また研究補助スタッフの雇用等が可能になるように、今年度は更に競争的資金の獲得を目指す。一方で人材不足を補うためにも積極的に他教室、他施設との共同研究を行っていく予定である研究については当初はあまり間口を広げずオリジナリティーのある質の高い研究を目指す。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー