川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 消化管内科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

消化管内科学教室




教授塩谷 昭子
研究業績へ 教育業績へ
准教授松本 啓志
研究業績へ 教育業績へ
講師藤田 穣
研究業績へ 教育業績へ
講師石井 学
研究業績へ 教育業績へ
講師村尾 高久
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教大澤 元保
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教平井 伸典
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教葉 祥元
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教笹平 百世
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教近石 昌也
研究業績へ 教育業績へ

  • 1)学生教育
     臨床系ブロック入門および消化器系Iでは、消化管・腹膜疾患について講義を行う。消化管の病理、病態生理から始まり、疾患の概念、成因、臨床所見、検査所見、診断、治療について、病理、薬理、内科系、外科系の各担当講師の協調のもとに口腔から肛門までの全消化管と腹膜の疾患について系統講義を行う。臓器別総合講義では、消化器主要症状からの鑑別診断と主な消化管疾患の診断と治療を中心に講義を行う。
     大学院生に対して、消化器疾患の基礎研究および臨床研究の遂行およびデータの解析、発表、英文論文作成の指導を行う。臨床に還元できる研究課題に取り組み、基礎研究の成果を臨床で実証していく“bench-to-bedside”アプローチを基本とするトランスレーショナルリサーチを目指した研究の指導を行う。
  • 2)臨床実習
     5年生ではベッドサイドで一般的な胃腸疾患を担当(学生1名に対し指導医1名を割当)し、講師及び助教の指導下に臨床実習を行う。消化管X線検査、消化管内視鏡検査、腹部超音波検査は教室スタッフの指導の下に実際に目で診る肉眼形態病理の立場から疾病を理解させるように指導する。
  • 3)卒後教育
     卒後、初期研修では消化管疾患の診断について実践的な知識と実技を習得させ、適切な診断計画および治療選択ができるように修練する。その後は、シニアレジデントは消化器内科医としてまた内視鏡医として、消化器疾患、特に消化管疾患に対するさらに専門的かつ最新の知識と技術を習得する。そして、日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会、日本超音波医学会、日本カプセル内視鏡学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器がん検診学会の専門医あるいは認定医の資格を取得することを目標とする。
○昨年度の自己点検・評価と課題
 消化管疾患の診断と病態の把握には、X線、内視鏡、超音波などの画像所見が重要である。講義については、多数の画像を呈示し、視覚に訴えるような講義を心掛けた。LENONシステムを活用しながら学生の理解度を確認しながら講義を行った。6年生の臨床講義では、重要な疾患につき症例を呈示し、国試合格を目指し、ブロック講義の復習・整理と最近の新しい知見の補足を行った。臨床実習では、内視鏡センターでの消化管内視鏡検査の見学を中心に行っているが、外来実習やX線実習の充実を図った。また3週間のグループに対しては、後半2週間は病棟実習に重点を置き、問診や患者の診察の機会を増やすよう改善した。限られたスタッフ数と検査件数の著明な増加という現状の中で、できるだけ工夫しながら学生への説明・教育を行えた。卒後教育に関しては、シニアレジデントの数が比較的少ないために、内視鏡を中心とした診断および治療技術の習得は十分にできているが、多忙のためにジュニアレジデントへの教育が不十分となり、さらに改善する必要があると考えている。学生に対して内視鏡モデルを用いた実技実習を行っているが、初期研修医に対しては、内視鏡トレーニングのためのシミュレータの導入が必要である。
  • ① 胃粘膜の炎症とその病態に関する研究:胃炎の成因とその進展については、H.pylori感染、自己免疫、喫煙などの環境因子、更に宿主の要因を中心に検討を行っている。また、胃炎によって引き起こされる胃粘膜の形態的、機能的変化が消化性潰瘍や胃癌などの疾患の発生にどのように関わっているかを解明し、H.pylori除菌後の胃癌発生リスクを明らかにし、早期診断法と予防的治療法の確立することを目的として研究を行っている。
  • ② 腸疾患の臨床的研究:次世代シークエンスを用いた腸内細菌叢の研究に着手し、大腸癌・炎症性腸疾患やアレルギー疾患に関する病態の解明、リスクマーカーや治療法の確立に貢献できる臨床研究を行っている。画像診断については、カプセル内視鏡やCT Colonoscopyの診断能の評価について研究を行っている。
  • ③ 機能性胃腸疾患の病態解明に関する研究:消化管の収縮運動やリザーバーとしての機能、さらに粘膜血流について超音波を用いて評価し、臨床応用可能な消化管の機能的診断法の確立をめざしている。遺伝子発現や遺伝子多型の検討を行い、疾患重症度や治療有効性との関連性を検討している。
  • ④ 胃と大腸の腫瘍性病変に対する内視鏡的切除に関する研究:胃癌、胃腺腫、大腸腫瘍に対し、積極的に内視鏡的切除を行っているが、その適応の決定には深達度の正しい評価が重要である。超音波内視鏡所見、拡大内視鏡所見、切除標本の実体顕微鏡所見と、病理所見を対比し、深達度診断のための最も有用な指標を検討している。
  • ⑤ 逆流性食道炎の成因と治療に関する研究:逆流性食道炎の進展としてBarrett上皮が食道腺癌の発生母地として注目されているが、現在、米国の食道腺癌患者の網羅的遺伝子発現解析を行い、その結果を基に、日本人におけるBarrett発癌に関与する特定の遺伝子を明らかにするためさらに研究を進めている。
  • ⑥ 抗血栓薬による消化管出血および粘膜傷害に関する研究:抗血栓薬による消化管出血および消化管粘膜傷害の実態を調査し、同時に、併用薬剤の影響について検討し、さらに消化管出血のリスクマーカーを同定する目的で、網羅的なSNPs解析を行っている。
○昨年度の自己点検・評価と課題
 大学院生および医局員の研究指導に積極的に取り組み、研究発表を通じて、国内外の研究者と交流をもち、研究に意欲をもって取り組めるように指導し、英文論文作成の指導を行った。大阪府立成人病センター、国立がんセンター、広島大学、米国のMayoClinic,Michigan,Baylor大学など、国内外の施設と共同研究を進め、成果が得られた臨床研究および基礎研究については、その成果を国内外の学会で発表し、英文誌にまとめることができた。
  • 1)学生教育
     3年生の臨床講義の各セッションの講義を再点検し、重複や重要事項の欠落がないかを再点検し、次年度のシラバスに反映させる。またLENONシステムを活用し学生の講義に対する評価結果を参考に、学生が理解しやすく、また興味をもって勉学できるように、講義の内容および方法にさらに工夫を凝らすように努める。院生に対しては、学位取得後も、研究を継続できるような環境づくりおよび国内外の留学等の機会を推進する。院生の数の増加を図るように努める。
  • 2)臨床実習
     基礎医学実習に対しては、学生のモチベーションを高めるよう新たに工夫を凝らし取り組む。学生の意見・要望を取り入れ、国家試験の対策も含めた実習の充実をさらに図る。
  • 3)卒後教育
     医員の特性を生かし、その能力が最大限に発揮できるような働きやすい活気のある職場環境を提供し、意欲のある医員には、積極的に国内外の留学を促し、先進的な医療技術および消化器内科学に関する最新の診療体系を学ぶ機会を与えるようにし、教室の活性化を図り、地域医療のレベルアップに努める。レジデントの数の増加を図るように努める。女性医師に対しては、リカレント教育支援を行い、女性医師のキャリア継続のための支援を拡大する。
  • 4)研究
     国内外の関連施設との協力関係を密にし、多数の臨床例の集積を背景にした臨床研究を推進していきたい。臨床治験の導入、外部からの人材および研究資金の獲得に努力したい。臨床に直結した研究を目指し、すでに得られている研究成果の追試ではなく、臨床的に重要な新知見を導き出せるようなレベルの高い研究に取り組みたい。研究成果の報告は、学会発表で終わることなく、論文化するように指導し、協力するように努める。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー