川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 循環器内科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

循環器内科学教室




教授上村 史朗
研究業績へ 教育業績へ
准教授根石 陽二
研究業績へ 教育業績へ
講師久米 輝善
研究業績へ 教育業績へ
講師山田 亮太郎
研究業績へ 教育業績へ
講師古山 輝將
研究業績へ 教育業績へ
特任講師玉田 智子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教福原 健三
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教河村 愛
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教円山 綾乃
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教周藤 泰章
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教藤原 努
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教神坂 恭
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教笹平 彬貴
研究業績へ 教育業績へ

 循環器内科学は虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、不整脈などの基礎心疾患とこれらの疾患が最終的に陥る心不全の診断と治療を専門とする分野です。
 当教室は、伝統的に診断学の分野における教育、研究、診療を得意分野として活動してきました。時代とともに大きく変化している循環器内科領域を治療を含めて的確に網羅し、時代の要請に応じられる医師を教育すること、また独自性が高く臨床に直接還元できる研究を推進していくことが当教室の使命であると考えています。
  • (1) 卒前教育
    • 1)M3 循環器系機↓
       ユニット循環器系気判朶調鏃廊兇砲いて以下の内容を担当する。病態生理を重視し、なぜそうなるのか、なぜそう考えるのかを追及する学習を行う。
      • 循環器系
        • ① 問診と症状
        • ② 診察(視診・触診・聴診)と所見
        • ③ 心電図
        • ④ 心音・心機図
        • ⑤ 不整脈・不整脈の治療
        • ⑥ 胸部エックス線
        • ⑦ 心臓弁膜症
        • ⑧ 感染性心内膜炎
        • ⑨ ペースメーカー
        • ⑩ 失神
        • ⑪ 運動負荷法
        • ⑫ 冠動脈疾患
        • ⑬ 心膜心筋疾患
        • ⑭ 心不全
        • ⑮ 心臓カテーテル検査・治療
        • ⑯ 心エコー図
        • ⑰ 心臓腫瘤
        • ⑱ 薬物治療
      • 循環器系
        • ① 心臓核医学
        • ② 心臓MRI・CT
        • ③ 肺高血圧症
        • ④ 心筋疾患
        • ⑤ 肺動脈疾患
    • 2)M4 症候論
       症候論では心臓血管外科とともに「胸痛・動悸」を担当する。問診からどのような思考プロセスを経て確定診断に迫っていくかを、実際の症例を通じて学習する。
    • 3)M4 臨床実習入門
       臨床実習入門では、バイタルサイン、胸部の診察を担当する。
    • 4)M5 臨床実習
       指導医のもとで、実際の受け持ち患者において問診、診察の実技を実践する。さらに、検査所見、画像診断の判読や、心電図や心エコー図といった実技を行う。またケースカンファレンスでは受け持ち患者のプレゼンテーションを行い、質疑応答を通じて知識の整理を行う。臨床教育センターにおいてはシミュレーション教育も行っている。教授回診では、多人数同時聴診システムを用いて、代表的な疾患の聴診所見を参加者全員が共有することができる。
    • 5)M6 集中講義
       循環器内科学における主要疾患について、臨床実習の経験もおり込みながら、これまでに学習した知識を整理し、医師国家試験に備える。
  • (2) 卒後教育
     初期研修医は、指導医とともに5から10名程度の患者を受け持ち診療に当たる。問診、診察を行い、プロブレムリストをあげて、初期計画を立てる方法を学ぶ。心電図、心エコー図、血液検査所見、冠動脈造影等の読影を指導医とともに行えるようになる。また、症例のプレゼンテーションが適切に行えるようになることを目標とする。処置や手技として、心肺蘇生術、中心静脈穿刺、気管内挿管、右心カテーテル検査、冠動脈造影なども学習する。

○昨年度の自己点検・評価と課題
 すべての疾患について、丸暗記ではなく病態生理から理解させるよう心がけているが、かならずしも学生全員が理解できていないようである。検査項目の講義と疾患の講義を有機的につなぎ合わせて、繰り返し解説することによって、病態の理解を図るべく努力をしたい。特に、講義内容の一貫性、互換性に配慮して講師間での教育内容の共有をおこないたい。また、近年画像診断の重要性が増しており、言葉や文字だけではなく実際の画像(静止画像・動画像)や心音といった視覚や聴覚に訴えかけるマルチメデイアを活用した講義を心がけたい。将来的には、電子教科書の作成も視野に入れたい。
  • (1) 血管内イメージングによる不安定プラークの診断
     虚血性心疾患なかでも急性冠症候群や心臓突然死の原因となる冠動脈の不安定プラークの診断に関する血管内イメージング(血管内光干渉断層法、近赤外線スペクトロスコピー、血管内超音波など)を用いた領域が教室の重要な研究課題である。これらの画像診断法により、高リスクの冠動脈病変を急性冠症候群を発症する前に事前に診断すること、さらにイメージングを用いた治療成績を向上させる手法に関する研究を行っている。また、光干渉断層法を用いた生体吸収型冠動脈スキャフォールド留置法の検討を行う予定である。
  • (2) 急性冠症候群を予測する血清バイオマーカーの検索と臨床応用
     冠動脈硬化症は、高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病を基盤とした長い潜伏期間ののちに急速に発症し、我が国の死因の約3分の1を占める重要な領域である。従来から生活習慣病に対して精力的に一時予防的介入が行われてきましたが、心血管疾患発症率の上昇は食い止められているものの、未だ劇的な減少は得られてない。この原因には、急性冠症候群の発症を高い確率で予測できるバイオマーカーが確立していないことが主因と考えられる。当科では冠動脈疾患患者を対象として血液中のサイトカイン、ペプチドなどの生理活性物質を網羅的に検索して、急性冠症候群の発症に強く関連するバイオマーカーを同定する研究を行っている。
  • (3) 3次元心エコー図検査による心臓弁膜症の病態解明と治療への応用
     当大学が開発した3次元画像解析ソフトを用いて、僧帽弁閉鎖不全症の病態解明を行っている。また、大動脈弁狭窄症の新しい診断法と予後に及ぼす影響についても研究を行っている。また、これらの両弁膜症の長期予後におよぼす予測因子の検討を後述する、アジア多施設共同研究として行っている。
  • (4) 薬剤耐性とステント血栓症に関する研究
     抗血小板薬による血小板機能抑制効果とスンテント留置後のステント内血栓発症との関連を研究中である。
  • (5) 心房細動と心不全、脳卒中に関する研究
     心房細動例の心不全や脳卒中発症の原因を明らかにし、その予防法を確立するための研究を行っている。
  • (6) 心不全における利尿薬投与の実態とその予後に及ぼす影響に関する研究
     急性心不全患者に対する治療方針の確立を目指した後ろ向き研究を行っている。
  • (7) 多施設共同研究
     国内外の多施設共同研究に多数参加している。海外施設としてはHarvard University,Stanford University等との共同研究が進行中または計画中である。

○昨年度の自己点検・評価と課題
 これまでに、着実に研究結果を英文雑誌に発表してきたが、中には研究が中途で頓挫したものや、研究自体は最後まで遂行したものの英文論文化が実現できなかった研究があった。今後は、研究成果をタイムリーに論文化して、世界にむけて情報発信を続けていきたい。
 内科全般における十分な知識と経験を基盤とした研究マインドを持った臨床循環器内科医の養成を目標としています。当教室には臨床経験のみならず研究経験も豊富なスタッフがそろっており、次世代を担う若手の教育指導を通じて、診療のみならず、研究においても、全体のレベルアップと新しい研究分野の開拓を行っていきたい。さらに臨床研究を推進するうえでは循環器内科領域の症例数の増加が重要な課題である。地域の医療機関との連携強化と、ドクターヘリの有効的な活用を通じた診療活動の充実が主要な課題である。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー