川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 糖尿病・代謝・内分泌内科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

糖尿病・代謝・内分泌内科学教室




教授金藤 秀明
研究業績へ 教育業績へ
教授宗 友厚
研究業績へ 教育業績へ
准教授中西 修平
研究業績へ 教育業績へ
講師下田 将司
研究業績へ 教育業績へ
講師辰巳 文則
研究業績へ 教育業績へ
講師小原 健司
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教蛭川 英典
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教小畑 淳史
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教岡内 省三
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教菅 勇貴
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教真田 淳平
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教伏見 佳朗
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教西岡 もも代
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教細谷 真司
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教堀谷 愛美
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教溝口 明子
研究業績へ 教育業績へ

 当教室は内分泌代謝系に関連する内科疾患をとりあつかう。その臨床のフィールドは広く、糖尿病をはじめとする糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧症、高尿酸血症、動脈硬化、メタボリックシンドロームなどの代謝疾患、及び下垂体疾患、副腎疾患、甲状腺疾患などの内分泌疾患を対象としている。
 内分泌系は、生命にとって極めて基本的・根源的なホメオスターシスの維持、すなわちバランスをとる、という重要な役目を担っており、そのわずかな乱れも生体にとっては大きな障害となる。従って、フィードバック機構に代表される内分泌学の一般的事項を理解し、直感的に臨床データをダイナミックに解釈する能力を修得することはあらゆる分野の臨床医に必須のものである。このように、内分泌疾患は理論的背景が明瞭で、学問的に大変興味深いので、当医科大学の卒業生に内分泌疾患の臨床を習得してもらうことを通じて、様々な疾患に関する考察を深めてもらうことを目標としている。
 糖尿病は膵内分泌異常に起因すると同時に代謝系疾患の代表でもある。膵β細胞からのインスリン分泌低下あるいはインスリンの作用不足により生じる疾患で、高血糖が年余にわたり続くと、網膜症、腎症、神経障害などの細小血管障害あるいは心筋梗塞、脳梗塞、下肢動脈閉塞症などの大血管障害が引き起こされる。現代の日本では食生活の欧米化などにより、糖尿病、特に2型糖尿病が著明に増加している。当教室では、症例ごとに病態を正確に把握して、その病態に即した適切な治療法を選択することを重視している。糖尿病症例に関しては、頻回インスリン療法などによる厳格な血糖コントロールを行い、膵β細胞を糖毒性から保護すること、また糖尿病合併症の進展を回避することを目標としている。患者数の極めて多い疾患なので、当医科大学の卒業生に糖尿病の臨床を習得してもらうことを目標としている。このように患者数が大変な勢いで増加し続けており、血糖管理のみならず糖尿病に由来する合併症の拡がりを考えると、様々な領域において糖尿病診療の機会が著しく増えているのが現状である。一方、生活習慣病として本疾患に対する社会的な関心は高く、教育・啓発活動によって患者の意識も向上しつつある。従って糖尿病の非専門医であっても相当レベルの診療が求められる時代が今まさに到来したと言ってよい。
 さらに高血圧症、脂質異常症や肥満と云った動脈硬化症の誘因となるありふれた疾病の病因や病態形成には内分泌系や代謝系が深く関っている事が明らかとなっており、的確に病態を把握し、最適な治療を施すことにより心血管イベントの発症を未然に防ぐ必要性に迫られている。一方で、アルドステロン産生腺腫に代表される治る高血圧や高コレステロール血症に潜む甲状腺機能低下症を見逃さない臨床能力の修得も望まれる所である。
 このような認識の下に当医科大学卒業生の全てに相当なレベルの内分泌疾患、糖尿病その他の代謝性疾患の臨床を習得してもらうことを目標とする。また、患者さんの立場となって考える姿勢、また使命感を持って医療に取り組む姿勢を習得してもらう。こうした基本的な姿勢を確立させた上で、実地臨床医学を確立することを目指したい。
  • 系統講義:内分泌学では視床下部−下垂体−副腎・甲状腺・性腺系疾患、副甲状腺・カルシウム代謝疾患を、代謝学では糖尿病、脂質異常症、肥満を主たるテーマとして成因・病態・診断・治療について学習してもらう。また代謝性疾患における慢性合併症の病態・治療についても系統的な講義を行う。上記の講義は、総論の一部を第2学年臨床医学入門コースの臨床系ブロック入門2において、残りの部分と各論を第3学年の内分泌・栄養・代謝系ユニット講義において行う。第6学年集中講義においては、症例を提示し、診断の進め方、治療方針のたて方、治療の実際を示すとともに、最新の知見に関する説明などユニット講義の補足をする。
  • 臨床実習:担当医の指導下に割り当てられた患者をPOSに従って診察、問題点の整理、治療方針についてまとめ、最後に症例発表を行う。ベッドサイドティーチング(BST)などからクリニカルクラークシップの修得を可能な限りおこなわせる。また、内分泌代謝の考え方、甲状腺疾患、糖尿病及び合併症、脂質異常症、危険因子の集合体であるメタポリックシンドロームについて集中セミナーをおこなう。さらに、知識を広めて物事を深く考える訓練の意味も兼ね、最近のトピックスについての論文読破を試みてもらう。
○自己評価と反省
 内分泌・栄養・代謝系ユニット講義、集中講義については限られた講義時間で医師国家試験に求められる知識と実際の臨床の場で求められる知識を如何に修得させるかが最大の課題である。一方、臨床実習についてはカルテの書き方など初歩的な技術指導に時間を要することが問題であるが、病態をダイナミックに理解するという内分泌代謝の基本を少しでも修得するためにも、今後もBSTや診療参加型の臨床修練などに多くの時間をさくべく努力をしたい。
 内分泌・代謝領域の中でも特に糖尿病及びその合併症の成因・病態と薬物療法、二次性高血圧症の成因と病態、副腎皮質ステロイドの合成〜作用機構に関する基礎的・臨床的研究に取り組んでいる。
  • 1) 糖尿病における膵β細胞機能不全(膵β細胞ブドウ糖毒性)の機構解明とその予防に関する基礎的研究
  • 2) 膵インスリン分泌機構に関する基礎的研究
  • 3) トランスジェニックマウスを用いた糖尿病性血管合併症の成因と病態の解析
  • 4) 新規抗糖尿病薬(インクレチン関連製剤、SGLT2阻害剤など)の作用及び作用機序の解明
  • 5)内分泌性・本態性高血圧症の成因と病態の解明
  • 6)生活習慣病の成因・病態における内分泌ネットワークの役割
  • 7)副腎皮質ステロイドの合成・分泌・代謝・作用機構に関する基礎的・臨床的研究
○自己評価と反省
 糖尿病に関する基礎的な研究としては、2型糖トランスジェニックマウスを用いた実験を行っており、既に幾つかの成果をあげているほか、関与する遺伝子の同定を進めている。MIN6細胞や単離ラ氏島を用いてブドウ糖依存性インスリン分泌機構の解明も行っている。糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満における視床下部−下垂体−副腎系やレニン−アンジオテンシン−アルドステロン系の役割については、臨床生化学的あるいは分子遺伝学的な解析などを進めている。またトランスレーショナルな研究として、2型糖尿病の血糖コントロールと大血管障害発症との関連についての検討、インクレチン関連薬の効果に影響を及ぼす因子の検討、など幾つかの臨床研究も進行中である。とはいえ大学院生も含めてスタッフの人員に限りがあるため、計画通りに研究が進捗していないのが現状であり、スタッフの陣容をさらに整える必要がある。
 限られたスタッフで臨床的な作業をこなすだけでもかなりの労力を要する現状の中で、教育・研究のレベルアップをはかることは並大抵のことではない。そのような環境の中では幾つかの工夫が求められるが、以下の点について取り組んで行きたい。1)研究面では他施設にはない独自の特色ある研究を確立する、2)大学内外の他部門との共同研究の輪を広げて行く、3)スタッフの教育養成のため定期的な抄読会やリサーチセミナーを充実する。教育について改善すべき点は何か、結果をみながらのステップアップが必要である。教育の指針をまず明確に提示した上で、問題点を的確にフィードバックする方策について検討する。また、近隣の開業医の先生方との病診連携も行い、入院精査が望ましい症例は大学病院にて精査し、比較的稀な病態の症例などに関しては、その結果を学会、論文などにて積極的に報告していきたい。さらに、臨床面からみて重要と考えられる課題に関しては、臨床研究を進めていき学術的なメッセージを発信していきたい。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー