川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 小児科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

小児科学教室




教授尾内 一信
研究業績へ 教育業績へ
教授寺田 喜平
研究業績へ 教育業績へ
教授中野 貴司
研究業績へ 教育業績へ
准教授大野 直幹
研究業績へ 教育業績へ
特任准教授升野 光雄
研究業績へ 教育業績へ
講師荻田 聡子
研究業績へ 教育業績へ
講師宮田 一平
研究業績へ 教育業績へ
講師大石 智洋
研究業績へ 教育業績へ
講師寺西 英人
研究業績へ 教育業績へ
講師田中 孝明
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教近藤 英輔
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教齋藤 亜紀
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教加藤 敦
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教小野 佐保子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教河野 美奈
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教田中 悠平
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教若林 尚子
研究業績へ 教育業績へ

 小児科学は、小児を対象とする一般内科学である。小児は常に成長・発達しているという特長があり、又小児の罹患疾病も成人とは異なった症状を示すものである。
 小児科学は、①成長・発達(身体、精神、生理、心理)と栄養、②小児の健全育成 a.健康児の養護、健康診査、保健指導、生活指導 b.疾病予防、事故防止 c.社会小児科学(児童福祉、学校衛生)、③小児病学 a.診断学(病因論、症侯論、診察法) b.治療学(薬物療法、輸液、看護、栄養など)に分けられている。
 小児科は、新生児、乳児、幼児、学童及び思春期の小児の健康上の問題を、全人的に、かつ家族、地域社会の一員として把握することが必要であり、小児の疾患は一般の急性・慢性疾患、低出生体重児や新生児の固有疾患、先天性あるいは遺伝性の疾患、身体諸臓器の障害、心因性疾患、行動発達の異常など多岐にわたっている。
 教育の目標は、専門分野たとえば新生児、感染、神経、アレルギー、血液、循環器、先天代謝、内分泌、遺伝などSubspecialityをもった一般小児科専門医の養成である。小児科においても内科と同様専門分化が進み、一般小児科臨床医が育ちにくい現状であるので、統合小児科学を目ざした医者づくりをしたいと考え、新生児科、小児外科と協力して教育にあたっている。
 また、今後は小児の健全育成に関する教育の重要性が増大することが予想される。乳児から思春期にいたるまでの保健指導や事故防止、ワクチンなど予防医学に関する教育も、十分に行う。
  • 1)ユニット講義
     小児ユニット講義は4学年1学期において行っている。器官系のユニット講義は循環器、呼吸器、内分泌、腎・泌尿路、神経系など各系に分散して3〜4学年において小児の特殊性を加味した講義を行っている。
  • 2)臨床実習
     小児科の実習は、5学年において5〜6名の少人数グループによる臨床に即した講義(救急対応実習、小児の診療の仕方、心エコー実習、児童虐待の対応の仕方、点滴の取り方、血液疾患講義)を1週間と選択制クリニカルクラークシップを2週間行っている。主治医1人に学生1〜2人を割り当て、学生は主治医と行動を共にし、医療(診察、検査、処置など)を手伝う。患児の面接、診察を行いカンファレンスでプレゼンテーションを行う。外来実習は、クリニカルクラークシップの一環として指導医とともに外来診療に参加し、患児の面接、診察、初期計画などを指導医の下で行う。また、夜間の小児救急外来診療にも担当医の指導のもと参加する。2012年度からは、総合医療センター(旧:附属川崎病院)での臨床実習も曜日を定めてプログラムに組み入れた。
  • 3)グローバルヘルスの視点を持った医師の養成
     国際感覚を有し、高い理想と向上心を持った良き臨床医を目指す医学生の教育と医師の研修を支援・啓発する。目的は、川崎医科大学のレジデント海外研修制度と共通である。ただし小児科学教室の特色として、国際保健の経験は国内の地域医療に活かすことができるという考え方に基づき、途上国での卒後臨床研修プログラムを2013年4月に総合医療センター小児科において立ち上げた。初期研修医1年目あるいは2年目の希望者を対象として、途上国での保健医療や国際医療協力の経験があるスタッフ指導のもと、海外研修を行う。

○自己評価と反省
 最近小児特有の疾患である麻疹など急性伝染性疾患や細菌性疾患が減少したので、学生教育にスライド写真を利用せざるをえなくなった。臨床場面で病児や乳児に直接触れることが、学生にとってモチベーションを高めるので外来でのポリクリを大切にしている。
 小児には全人的医療が重要である。器質的疾患にのみ囚われることなく、心や家庭環境も含めた深い配慮が大切である。小児病学と同じくらいあるいはそれ以上に小児保健学、育児学、家族支援が要求されていることを身にしみて感じている。
 研究は大学院講座(小児病態学)に関連した研究が主であるが、それぞれ小児科学分科会に対応した種々の臨床研究も広範囲に行っている。
  • ① 生ワクチン接種後の細胞性免疫に関する研究
    ・Interferon-gamma release assayによる細胞性免疫の確立とその応用研究
  • ② 肺炎クラミジア感染の急性ないし持続感染に関する研究
    ・肺炎クラミジア感染の喘息の発症と増悪への関与について
    ・肺炎クラミジア感染の細胞内感染病態の解明
  • ③ 肺炎マイコプラズマ感染病態に関する研究
    ・マクロライド耐性マイコプラズマの疫学、治療法の解明
    ・マイコプラズマの喘息の発症と増悪へのメカニズムの解明
  • ④ ワクチン予防可能疾患に関する研究

    ・ロタウイルスワクチンの定期接種化に向けて、流行株の疫学解析と疾病負担の評価

    ・新規導入ワクチンの臨床治験と臨床研究
    ・ワクチンの安全性に関する研究
  • ⑤ インフルエンザに関する研究
    ・各種抗インフルエンザ薬の治療効果の評価に関する研究
    ・耐性インフルエンザウイルスに関する研究

    ・小児インフルエンザワクチンの効果:迅速診断を用いたTest negative case-control study

  • ⑥ 悪性腫瘍における骨髄移植及び末梢血幹細胞移植に関する研究
  • ⑦ 発熱性好中球減少症と全身性炎症性反応症候群の原因微生物検出に関する研究
  • ⑧ 行政との連携

    ・厚生労働省(不活化ポリオワクチンの導入【2012年9月】、麻しんに関する特定感染症予防指針の改定【2013年4月】、麻しん排除認定会議【2013年4月〜】、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会【2013年4月〜】、予防接種基本方針部会【2013年4月〜】、小児死亡事例に対する死亡時画像診断モデル事業(委託事業)【2015年2月〜】)、日本ポリオ根絶会議【2015年4月〜】

    ・文部科学省(学校保健安全法施行規則の一部改正【2012年4月】、学校において予防すべき感染症の解説【2013年3月】)

    ・岡山県保健福祉部(岡山県予防接種センター委託事業【2011年6月〜】)

  • ⑨ 液性及び細胞性免疫を基にしたワクチン接種後の免疫の研究
  • ⑩ 注射の痛みを軽減する方法に関する研究
  • ⑪ 先天異常の病因と病態に関する研究
    ・先天異常症候群のゲノム解析
    ・メビウス症候群の病因解明と病態解明
  • ⑫ 多施設共同研究による川崎病感受性遺伝子解析
  • ⑬ 模型を用いた腹部触診シミュレーション教育
  • ⑭ 妊娠可能年齢女性のてんかん薬剤における研究
  • ⑮ 地域における発達障がい共通問診票の作成

○自己評価と反省
 小児科領域は研究分野が多岐にわたるため、各領域の専門スタッフを養成する必要がある。ここ数年で各領域のスタッフは充実してきたが、更なる充実が期待される。更に国際的に活躍できる専門スタッフの養成をし、小児医療と研究の更なる充実を図っていきたい。
 日本においては、近年他の先進国と同様に少子化が問題となっている。今後安心して育児ができる社会環境整備として小児科医の果たす役割が期待されている。しかし、少子化とともに小児科医不足も問題視されているため、今後は徐々に小児医療の環境改善が予想される。この時期に当たって、それぞれの専門領域と国際感覚を持ちながら、全人的、包括的に小児を診察、診療できる臨床能力の高い小児科医を育成することはわれわれの役割でもあり喜びと考えている。21世紀を担う小児の発達と成長を見守る小児科医の育成に全力を挙げ、国際感覚を持つ臨床と研究にバランスの取れた優れた小児科医を1人でも多く育成したい。この方針に従い、医学生教育、研修医教育、小児科専門医教育と一貫した教育に力を注ぎたい。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー