川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 放射線診断学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

放射線診断学教室




教授玉田 勉
研究業績へ 教育業績へ
講師山本 亮
研究業績へ 教育業績へ
講師林田 稔
研究業績へ 教育業績へ
講師谷本 大吾
研究業績へ 教育業績へ
特任講師神吉 昭彦
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教檜垣 篤
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教仲井 雅浩
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教外園 英光
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教福永 健志
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教八十川 和哉
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教中村 博貴
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教前場 淑香
研究業績へ 教育業績へ

教育重点及び概要

放射線医学画像診断部門では単純エックス線診断に加えて、CT・MRIなどの断層画像診断を含めた総合画像診断を担っており、また画像診断装置を利用した低侵襲手技であるインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)による各種疾患の診断治療を行っている。また、他科との画像診断に関するカンファレンスや、他科からの画像診断・IVRコンサルテーションにも積極的に応じている。画像診断は従来のような横断像のみの観察による形態診断に加えて、3次元画像や多断面画像によるあらゆる方向からの人体内部構造の観察が可能となり、また特定の臓器や疾患を対象としそれらの病理・病態・機能・代謝の違いをMRやCTにより画像化・可視化することが可能となりつつある。これらの診断技術を駆使して、術前シミュレーションや分子イメージングなどの臨床診断へと応用範囲が広がっている。IVRでは各種悪性腫瘍に対する動脈塞栓術や動注化学療法、動脈瘤に対する動脈塞栓術、骨盤外傷・消化管出血などに対する緊急動脈塞栓などを行っている。
 教育においては、本学では臓器別あるいは系統別のいわゆるブロック講義が主流をなしているので、「放射線医学」としての講義は行われていない。画像診断ブロックの講義及び放射線科(画像診断)の臨床実習が主たる教育であり、その他、解剖・生体と放射線・腫瘍・消化器・呼吸器などのブロック講義の一部を担当する。

  • a) 画像診断ブロック講義
     このブロック講義は各種画像の原理、利点、欠点などの特徴を理解し、エックス線解剖と読影の基礎を講義する。特に、頭部・胸部・腹部疾患については、代表的な疾患の画像診断の進め方や診断計画の立て方を含めて講義する。またIVRの基礎と臨床についても講義する。
  • b) 臨床実習(放射線科・画像診断部門)
     この実習では単純エックス線像・造影エックス線像・CT・MRIなど、放射線診断の全般について、広い範囲にわたって典型的な画像を呈する症例を呈示し、鑑別診断や診断計画の立て方までカンファレンス形式で臨床実習を行い、血管系および非血管系のIVRにも参加し、画像診断・IVRの研鑽を積む。また症例カンファレンス、IVRカンファレンスや肝胆膵カンファレンスにも参加し臨床における画像診断・IVRの位置付けや重要性を理解させる。さらに画像診断やIVRに関連した国家試験の対策演習や悪性腫瘍の画像診断に対する医師としての考え方についても講義を行っている。
  • c) クリニカル・クラークシップ(放射線科・画像診断部門)
     6年生の4月に2〜3名程度を対象として、クリニカル・クラークシップを行っている。
     中枢神経、胸部、腹部、骨軟部の4領域を1週間ずつ集中的に、画像診断のトレーニングを実際の読影端末を使って行い、より実践的な読影環境で診断能力を高めるようにしている。さらにその中の重要な症例をまとめて毎週カンファレンスで発表し、プレゼンテーションの能力も向上させる。医師国家試験には画像診断の占める割合が増加しており、なおかつ診断のみでなくそれに関連した病態や治療法などが問われることが多いので、それらにも対応できる知識も習得できるようなトレーニングを行っている。
  • ○自己評価と反省
     画像診断ブロック講義、臨床実習のいずれにおいても、比較的満足のいく講義内容となっている。しかしながら、画像診断ブロックの絶対的講義時間の少なさを臨床実習で補っており、臨床実習では放射線科医の活動状況下での教育が十分になされていないのが現状である。それを補うために、臨床画像のCDを作成し、実習に供している。2012年から開始されたクリニカル・クラークシップで画像診断を選択した学生の満足度は高く、より臨床的・実践的な教育環境が必要と思われる。
研究分野及び主要研究テーマ

研究における基本方針としては、日常診療から生じた疑問点、問題点を明らかにするために、基礎的、臨床的研究テーマを設定し、研究成果が実際の臨床にフィードバックされることを実践する一方で、世界へ向けて新しく有益な情報を発信し、国際的貢献が可能な独創性のある研究も目指している。


主要研究テーマ
  • 1) 多時相ダイナミックCT、MRIによる局所肝血流の動態評価
  • 2) 肝臓パフュージョンイメージングによる肝動脈門脈血流の解析(肝血流因子の計測とカラーマッピング)
  • 3) BOLD-MRI法(血中酸素濃度を反映させた撮像法)による門脈血流量の定量化と肝内での局所的血流不均一性の評価
  • 4) 肝細胞に特異的に取り込まれる肝特異性MR造影剤を用いた肝機能評価、術前評価、肝線維化のステージング
  • 5) 31P MRSを用いた骨髄移植による肝再生療法後の肝再生状態のモニターリングや生体における肝臓内でのATP合成能の評価
  • 6) 胆嚢内の胆汁1H MRSによる胆汁の脂質コレステロール代謝と胆道疾患との関連性の評価
  • 7) 経動脈的塞栓術における新たな塞栓物質の開発
  • 8) CAD(コンピューター支援診断)やニューラルネットワークを応用した新たな体系的画像診断システムの確立
  • 9) 分子イメージングの臨床応用(標的細胞の低酸素シグナルや腫瘍マーカーに選択的に反応して、標的細胞のみを選択的に画像化する造影剤の開発と画像診断法の確立)
  • 10) 3.0T MRIを用いた高分解能機能・動態イメージング
  • 11) Time-SLIP併用cine-dynamic MRCPによる膵液・胆汁・リンパ液の動態イメージングの臨床応用
  • 12) Time-SLIPによる腎皮髄境界の明瞭化と腎機能評価への応用
  • 13) MRIを用いた青少年期スポーツ障害の予防および早期診断についての研究
  • 14) 選択的IRパルスを用いたMR動態イメージングによる脂肪の消化吸収の画像的評価
  • 15) 選択的IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる非侵襲的な膵外分泌機能評価
  • 16) マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌の生検前MRI診断の有用性に関する検討
  • 17) 膵癌の早期検出に有用な新たな画像診断法の開発
  • 18) MRIを用いたアンチエイジングイメージングに関する研究
  • 19) Arterial Spin Labelingを用いた非造影MRIの腫瘍診断への応用
  • 20) 選択的IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる早期慢性膵炎の診断

○自己評価と反省
 臨床研究のテーマに関しては、独創性に富んだ最先端のものが多いと考えているが、国内外との共同研究ならびに国際交流が十分とは言えない。また研究人員の問題や日常臨床の繁忙さにより、十分な臨床症例数を伴ったデータが得られていない。

将来の改善方策

教育面においては、教育スタッフの充実を図り、小グループによるきめの細かい指導を行うように心がける。また臨床実習では放射線科医としてのワークフローを実体験できるようなクリニカルクラークシップ的な実習の導入をする。また国家試験の対策も併せて行う。
 研究面においては、海外での学会発表を従来以上に積極的に行い、研究者間の国際交流をはかりたい。

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー