川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 放射線医学(治療)教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

放射線医学(治療)教室




教授平塚 純一
研究業績へ 教育業績へ
准教授余田 栄作
研究業績へ 教育業績へ
准教授林 貴史
研究業績へ 教育業績へ
講師釋舍 竜司
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教神谷 伸彦
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教河田 裕二郎
研究業績へ 教育業績へ

 放射線治療は悪性腫瘍治療の三本柱(手術、放射線治療、化学療法)の一つと位置付けられてきたが、本邦における認知度は低く、準根治療法や対症療法と見なされることが多かった。しかしここ数年、各種モダリティの進歩とそれに伴う治療成績の向上は目覚ましいものがあり、都市部の大病院を中心に放射線治療患者数が増加している。これには日本の超高齢社会という事情も反映されており、比較的低侵襲で機能温存の可能な放射線治療が高齢患者のがん治療における地歩を確保しつつあることを物語っている。新しいモダリティとしては、極小線源による高線量率密封小線源治療(Microselectron)や、Cyberknife、Linacを用いたRadiosurgeryがあり、これらの装置と治療計画ComputerとCT、MRIの連動により、ミリ単位の正確さで施行する組織内照射や腔内照射、定位放射線治療は従来得られなかった高い機能温存率と局所制御率を示している。さらに最近では、新アルゴリズムによるマルチリーフ・コリメータの精密制御で、計画標的容積内に思い通りの線量分布が照射できる強度変調放射線治療(IMRT)も実用化されており、根治療法としての重要性がさらに高まっている。
 一方Patient Careとしては、昨今の臨床で必須条件となったInformed Consent(IC)やQOLの問題がある。年間の放射線治療患者数が700人を超える県下有数の放射線治療施設としての本学では、治療成績のデータに基づいたICの実践と、各種調査方式によるQOL調査の分析結果に沿った日常診療の質の維持・向上を図っている。講義、実習を通して放射線治療の現状に触れていただきたい。さらに、電離放射線の性質(放射線物理学、放射線生物学、放射線衛生学)やそれに立脚した悪性腫瘍の放射線治療(外照射、腔内照射、組織内照射)、がん治療における放射線治療の位置付け、可能性と限界、他療法との併用などに関しても理解を深めてもらう予定である。
 学生講義では、放射線治療学総論、頭頸部腫瘍や乳癌、肺癌、食道癌、婦人科悪性腫瘍である子宮頸癌、卵巣癌の治療の実際、温熱療法と化学療法との併用療法、Informed Consent、QOL及び治療法決定における患者意思の尊重、終末期医療などにつき講義する。狭く放射線治療を教えるのではなく、広く癌治療という大きな領域の中での「放射線治療」の役割を教えている。4年次の臨床講義では、主要な悪性腫瘍の放射線治療、前立腺癌の組織内照射療の実際を見学してもらい、そしてIMRTの治療計画の実際をコンピュータを使って実習してもらう。

○自己評価と反省
 講義を通じて放射線生物学や物理学の基礎的項目と、がんの放射線治療や温熱療法、さらにはがん患者の身体的・精神的ケアなどの臨床的項目の両面につき解説し、ガイドラインが定めるがんの放射線治療関連の諸事項に関する教育を行っている。4年の臨床講義では、現在我々が最も注力している前立腺癌の組織内照射の実際を見学してもらうとともに、IMRTの治療計画の実際をコンピュータを使って実習してもらう。IMRT以上のように、与えられた講義・実習時間を最大限に利用して、当教室が関与するガイドラインの諸項目関連の教育を行っているが、時間数の関係からどうしても舌足らずになってしまうきらいがある。今後は時代の趨勢を押さえ、更に効率よくまとまった知識を学生諸君に伝えるように意を尽くしたいと考えている。
  • 1.1987年に開始して以来すでに2,000名以上に達した乳房温存療法患者の臨床データの分析
  • 2.Microselectron HDRによる前立腺癌の組織内照射療法
     1997年10月から開始し現在までに1,100例を越え、わが国で最多症例数の本治療法の改良と、治療成績の検討及び分析。
  • 3.悪性黒色腫、進行頭頚部癌に対する中性子捕捉療法
     癌特異的集積性を持つホウ素化合物を投与することで、癌細胞だけにホウ素を集積させ、同部に中性子を照射する。これにより、癌細胞のみを破壊することが出来る究極の放射線治療である。
     2016年度より「加速器中性子を用いた難治性頭頸部腫に対する中性子捕捉療法(企業主導第響蟷邯)を開始する。
 平成26年度より「加速器中性子を用いた難治性頭頸部腫に対する中性子捕捉療法(企業主導第義蟷邯魁乏始した。

○自己評価と反省
 1.に関しては、乳腺・甲状腺外科教室との共同研究も進み順調に症例が増えている。2.はわが国最多の症例数を誇り、患者負担の軽減と治療成績の改善を目指した検討が進められている。成果は各種関連学会で報告し、寄せられた期待に答える努力を重ねている。3.は基礎的な研究の成果を踏まえ、附属病院のIRBで認可された臨床研究に着手しており、成果が得られつつある。3年以内の先進医療申請を目指している。
 以上のごとく限られた人員の制約の中で、まずまずの成果が上がりつつあると考えている。
 2台のライナック及び周辺機器が導入され、当院でも本格的に高精度放射線治療が実施できる体制が整った。これまでも日々精度の高い放射線治療を目指してきたが、機械的な制約があり一部の治療は他院に依頼せざるを得ない環境にあった。現在は、FOCUSなどの治療計画コンピュータと最新ライナックの組み合わせが可能となり、3D conformal radiotherapyやIMRT(強度変調放射線治療)、SRT(定位手術的放射線治療)が日常臨床として実施されている。高度の医療には、緊張感と精緻な専門知識が要求されるので、これまで以上に医療安全面に留意し、医師間、医師−コメディカルスタッフ間の連携を密にして、安全で最新の医療が提供できるよう努力したい。
 また、2016年12月に開院予定の川崎医科大学総合医療センター・放射線治療部と有機的交流を図り、より質の高い放射線治療を目指したいと考えている。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー