川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 放射線医学(核医学)教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

放射線医学(核医学)教室




教授曽根 照喜
研究業績へ 教育業績へ
准教授犬伏 正幸
研究業績へ 教育業績へ
講師永井 清久
研究業績へ 教育業績へ
特任講師岡本 祥三
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教竹内 省吾
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教小野 由美香
研究業績へ 教育業績へ

 近年、画像診断法の進歩は著しく、疾患の診断、病態の把握、治療効果の判定に威力を発揮している。特に核医学診断は、他の画像診断法が主に形態の変化をみるのに対して、細胞、組織、臓器の機能や血流・代謝を画像として知ることができるユニークな診断法である。さらに、定量化や負荷試験が可能であり、生体内で生じている生化学的過程や生理学的状態を描出できる特徴をもっている。したがって、核医学検査では疾患の早期発見や予防、予後の判定に重要な情報が得られやすく、予防医学や治療学への応用が期待されている。また、放射性同位元素(RI)は一部の良性疾患や悪性腫瘍に対する治療にも応用されており、放射性同位元素を含む治療薬を人体に投与することによって良好な治療効果が得られている。
 教育では、RIを使った検査と治療の学習とともに、医師としてRIの安全取扱や人体に対する影響などを理解することの必要性についても触れる。核医学検査では、各種検査法の原理と特徴を理解させるとともに、実際に得られる核医学画像を供覧し、生体内で生じている現象を推測し思考させることに重点を置く。  以下に、教育の概要を示す。
  • 1)ユニット講義
     「画像診断」(第4学年)のユニットでは、核医学検査及びRI内用療法の手法や特徴を理解させる。同時に、形態的診断に優れるX線CT、MRIや超音波検査などと組み合わせた総合画像診断の体系化について理解を深める。
     「呼吸器系」、「内分泌・栄養・代謝系」、「腫瘍」のユニットでは、各領域についての核医学に関する画像診断、代謝・機能試験、RI内用療法などを教育し、その病態生理学的意義に重点を置いた講義が行われる。
  • 2)臨床実習
     臨床実習では核医学診療の現場に触れるとともに、多くのSPECT、PETのシンチグラムを読影させ、診断だけでなく予後、治療や病因の解析という一連の思考過程を体得させる。

○自己評価・評価と課題
 全国の医科大学や医学部のうち、核医学教室を設置するものは多くない。本学では創設以来、核医学教室が設置されており、核医学専任の教員や診療放射線技師が学生教育、研究や診療に従事している。そのため、学生教育についてはきめ細かいカリキュラムの編成が可能で、臨床医学と密接に関連した講義や実習が核医学専門医により行われている。学生諸君の核医学に対する知識レベルや臨床実習は、全国的にも高いレベルにあるものと自負している。
 反省点は、核医学は幅広い臨床各科の分野で使用され、多くの有用な情報を提供しているにも拘らず、学生諸君は画像診断法としてはCTやMRIほど身近なものとは感じず、特殊なものと考えているようである。そのため、画像診断法における核医学の有用性や利用を体系的に充分理解させる必要がある。
  • 1)老化骨科学
     加齢に伴う骨量の減少は骨粗鬆症の発症に大いに関与している。したがって、この骨量減少の解明は骨粗鬆症に基づく骨折の予防に寄与する。当教室はRIを使った非侵襲的な骨量測定法の開発を国内で最初に手掛け、その後、X線を利用した方法に発展した後も、研究を発展的に継続している。現在は、健常者、骨粗鬆症患者及びモデル動物の骨量を測定するとともに、骨構造の変化を評価し、骨粗鬆症の早期発見、診断、治療に寄与するような検査法の開発を目指して研究を進めている。
  • 2)予防核医学
     疾患の発症には、形態的変化が生じる以前に、血流や代謝の変化が生じていると予想される。血流や代謝状態を視覚化できる核医学検査の特徴を利用して、疾患の早期発見や予防への応用を試みる。
  • 3)分子病態イメージング研究
     分子プローブを用いて悪性腫瘍、循環器、骨関節などの様々な疾患の病態評価法を開発・確立し、臨床における有用性の検証を目指す。平成24年度の後半より分子イメージング研究の専門家を新たに加え、悪性腫瘍や循環器の遺伝子治療や再生医療など幅広い領域で研究の実施に向けての基盤作りを開始している。
  • 4)総合画像診断
     血流や代謝を表す核医学画像とCTやMRIなどの形態画像を融合させた総合画像診断の体系化に向けて、基礎的及び臨床的検討を進める。

○自己評価・評価と課題
 当教室の研究は、毎年国内外の学会や雑誌にその成果を発表している。特に、骨粗鬆症や骨塩定量に関する研究は、国際的にも高い評価を得ている。さらに、現在は新しい骨強度の評価法を用いた三次元骨微細構造の定量的研究を行っており、骨粗鬆症の病態の把握や悪性腫瘍による骨転移進展機序の解明に全力を挙げて取り組んでいる。
 2015年度には第35回日本骨形態計測学会を主催し、骨粗鬆症に関する市民公開講座も含めて多数の参加者が得られた。
 分子病態イメージングの研究は、現在、基盤作りをしているところであるが、中央研究センターでの研究用機器の整備など大学全体の事業計画にも関連しており、課題となっている。
 また、核医学を専門とするレジデントが不足しており、今後の教育と研究を進めていくにあたり、人材育成も重要な課題と認識している。
 教育については、核医学の診断で最も重要なポイントである集積機序について、生化学、生理学を含めた基礎的な面からも解説し、学生の理解を深めるように講義する。また、各講義・実習には、理解の程度を確認するために、的確な学生評価を行い、反省材料とする。
 動物や培養細胞を使った基礎研究については、現在進めている川崎医療福祉大学や放射線医学総合研究所との共同研究を継続する。小動物のインビボ分子イメージングシステムを作るべく学内での働きかけを行う。
 臨床研究については、再現性の高い手法の確立と、共通のテーマを持った学内外の種々の分野の研究者との協同研究が必須である。統一のプロトコールを用いた臨床研究を多施設で行い、充分に管理された高い研究の質が保てるようにデザインする。
 核医学専門医の人材育成に関しては、レジデントに対する臨床教育を強化するとともに、専門医試験の受験対策など実践的な面でのサポートも行う。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー