川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 泌尿器科学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

泌尿器科学教室




教授永井 敦
研究業績へ 教育業績へ
准教授宮地 禎幸
研究業績へ 教育業績へ
准教授上原 慎也
研究業績へ 教育業績へ
講師藤井 智浩
研究業績へ 教育業績へ
講師原 綾英
研究業績へ 教育業績へ
講師堀川 雄平
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教海部 三香子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教藤田 雅一郎
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教薬師寺 宏
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教髙崎 宏靖
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教西下 憲文
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教中塚 騰太
研究業績へ 教育業績へ

 泌尿器科学は他科の領域と広範な接点を持ち、内科的領域と外科的領域をバランスよく実施する学問です。主として、副腎・腎・尿路などの後腹膜臓器ならびに男性生殖器を取り扱います。
 尿路感染症は、ヒトの感染症の中でもっとも頻度が高く、日常的に遭遇します。腫瘍学においては外科的治療ばかりではなく、化学療法、免疫療法、放射線療法などの集学的治療にも精通できます。内分泌学では、間脳・下垂体・精巣系や尿路結石と上皮小体機能亢進症、前立腺癌とホルモン療法、男性不妊症、性機能障害などの関連があります。小児では、小児泌尿器科の分野が確立しており、神経疾患と神経因性膀胱の関連も重要です。また、泌尿器内視鏡学は、すべての内視鏡のルーツである膀胱鏡から始まり、低侵襲治療としての腹腔鏡下手術など急速な発展を遂げました。また近年はロボット補助下泌尿器腹腔鏡手術が普及し、前立腺癌に対する前立腺全摘除術や腎癌に対する腎部分切除術などが盛んに行われています。さらに、女性泌尿器科の分野でも、膀胱脱や女性尿失禁に対する低侵襲手術が盛んに行われています。また、開業医を対象とするオフィスウロロジーという分野も開拓されています。
 このように、泌尿器科における最近の診断・治療技術の進歩はめざましいものがあります。教育面では、泌尿器科の幅広い知識と技術を習得することを目標としています。
  • 1)低侵襲内視鏡手術に関する研究
  • 2)精巣機能障害・男性不妊症・性機能障害に関する研究
  • 3)セミノーマ細胞株を用いた癌細胞成長抑制因子の研究
  • 4)神経因性膀胱・前立腺肥大症等排尿障害治療に関する研究
  • 5)前立腺癌放射線治療に関する治療効率向上ならびにQOLの研究
○自己評価と反省
 教室の臨床的部門での体制作りが予定通り進行し、スタッフの確保もできました。私が着任後に入局した医局員が泌尿器科専門医を取得するまでになりました。さらに、専門医教育はもちろんの事、専門医取得後には基礎的分野に関する研究も視野に入れなければなりません。大学院生も現在4名が在学しています。現在、臨床研究以外にも、小動物を用いた基礎的研究にも注力しています。男性不妊ラットモデル、排尿障害ラットモデルを使用した研究が充実してまいりました。研究に必要な公的資金の獲得が滞りがちであることが反省材料であり、今後の目標の一つとしたいと考えます。
 引き続き、泌尿器科学教室のスタッフの充実を図ります。私の退任までにさらに教室の拡充を図ります。3年以内に川崎医科大学総合医療センターのスタッフの拡充も図ります。女性泌尿器科医も現在2名在籍していますが、5年以内にさらに2名の女性新入局者を確保します。病院の中・長期的目標として掲げている腎移植についても、専門医を養成すべくその準備にかかります。5年以内にそのスタッフを配備したいと考えます。また、昨年度の導入を目指していた手術支援ロボット「ダヴィンチ」は、今年度中に導入の予定であり、来年度にはロボット補助下腹腔鏡下前立腺摘除術を、附属病院ならびに総合医療センター合わせて年間50例以上施行できるよう目標とします。ダヴィンチにより、医学生に対する低侵襲手術の魅力を伝えます。このような技術に接することで、外科系教室への入局者が増えることを願っています。
 これらの目標を掲げることにより、スタッフのモチベーションを高め、本学学生においてはより熱い情熱をもって講義、実習に前向きに取り組んでもらえるものと考えます。このようにして卒業した優秀な学生は、患者のため、医大のため、生き生きと活躍することになります。いわゆる良い循環が生まれます。知識や技術の詰め込みではなく、自ら習得し、習熟する姿勢が重要です。そのような環境作りをこれからも継続して目指していきたいと思います。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー