川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 病理学1教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

病理学1教室




教授定平 吉都
研究業績へ 教育業績へ
准教授秋山 隆
研究業績へ 教育業績へ
准教授物部 泰昌
研究業績へ 教育業績へ
講師伊禮 功
研究業績へ 教育業績へ
講師西村 広健
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教三上 友香
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教松野 岳志
研究業績へ 教育業績へ

 病理学は、はじめて医学生が系続的に疾患に取り組む科目である。第2学年の「病因と病態」講義と実習、第3・4学年の臨床医学授業(ブロック議義)での病理学構義と実習、第4・5学年での臨床実習后及び第6学年の集中講義、臨床実習困あり、これらの講義と実習により、学生は様々な疾患の概念と病態を学んでゆく。
 「病因と病態」講義では、疾患を理解するために必要な基本的用語を学んだ後、細胞傷害、炎症、循環障害、腫瘍、変性、代謝障害、感染症など様々な疾患領域について、それらの概念、病態、形態変化などの基礎的事項を学ぶ。学生の理解を深めるために、各領域の代表的な疾患の病理組織像について、バーチャルスライドを使用した顕微鏡実習を行っている。臨床医学授業(ブロック講義)の病理学講義と実習では、臨床科の講義と並行し、臓器系統別に主要な疾患の病態と病理組織像を学ぶ。講義において取りあげる疾患は医学教育モデルコアカリキュラムに準拠したものとし、講義内容をまとめた個別資料の配布など、学生の理解を容易にするよう努力している。
 2学年〜4学年のバーチャルスライドを用いた顕微鏡実習では、学生が各教官の授業内容にそって予習・復習できるように、病理組織標本の顕微鏡画像とその解説を内容とする病理学実習CD-ROMを作成し、前もって学生に配布している。
 国家試験対策として、第6学年の臓器別総合講義や補習講義では、典型症例を中心として、病態と肉眼所見、病理所見を再度まとまった形で提示している。また、臨床必修事項演習にも参加している。
 第4・5学年の臨床実習では、病院病理部の業務である、病理組織診断、術中迅速病理組織診断、細胞診や病理解剖の見学をとおして、また、あらかじめ選んでおいた症例について、検体の肉眼観察・切り出し・標本作製や病理組織診断に参加することによって、臨床医学における病院病理の役割と重要性を認識できるよう配慮している。これに加えて、肺がん・消化器がんなど重要な疾患の組織標本や細胞診標本についての鏡検とレクチャーも行っている。学生が参加する毎朝の外科病理カンファレンスやレクチャーでは、2015年に更新された大画面の顕微鏡画像モニターが有効に利用されている。

○昨年度の自己自己点検・評価と課題
 病理学の講義はすべてコンピュータと液晶プロジェクターの投影によるものとし、ソフトウェアとしてパワーポイントを利用している。講義の内容は個別資料として学生に印刷配布しているが、臓器の肉眼写真や組織写真などは白黒印刷では理解しづらいものがあり、個別資料へのカラー写真の導入を検討してきた。2009年からは個別資料のカラー版PDFファイルを学生教育用サーバにアップロードするようにしている。さらに2012年からは教材教具センターの協力により、カラー印刷された個別資料を配布している。カラー印刷された個別資料は学生に大変好評であり、全ての病理学講義に導入している。パワーポイントを利用した講義では、教員の口述が速くなりすぎる傾向があり、内容が形骸化するおそれもあるので、各教員の講義について、学生の授業評価アンケートの意見を取り入れた検討と改善が必要と考えられる。病理学実習においては、バーチャルスライドにより病理組織標本を観察し、そのスケッチをレポートすることを義務づけているが、学生から標本内容の説明が不十分であり、標本枚数が多すぎるという指摘があった。実習及びその評価の方法に関しては、バーチャルスライド教育の利点・欠点を考慮しながら、さらに工夫・改善をしていく必要がある。病院病理部での4年生後期〜5年生の実習は、2014年より週3日から5日に延長された。これに伴い、病理学2教室の協力を得て現代医学教育博物館における肉眼病理標本の観察など、実習をさらに充実させる工夫を行っているが、学生の意見も取り入れて行きたい。
 昨年度より新たに始まった「医学研究への扉」にも参加する予定である。
 研究テーマの一つは、ヒト疾患におけるスフィンゴシン-1-リン酸レセプターの果たす役割についてであり、科学研究費や学内プロジェクト研究費の援助により、悪性リンパ腫、血管肉腫などの疾患について、さまざまな手法を用いた検討を行ってきた。さらに、一昨年度より大学院生の研究テーマとして「造血器疾患におけるマクロファージの役割」に関する研究も行っている。
○昨年度の自己点検・評価と課題
 大学院生による「ヒト疾患におけるスフィンゴシン-1-リン酸レセプター1(S1PR1)の役割」についての研究は、以下のような結果がでている。①び漫性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)においては、睾丸原発のDLBCLにS1PR1が高頻度に発現しており、予後不良因子となることを原著論文として報告した。②血管肉腫においては、S1PR1が細胞遊走に重要であり、S1PR1の機能的アンタゴニストによって血管肉腫の細胞遊走が阻害されるという興味深い発見があり、これも原著論文として報告した。また、骨髄異形成症候群などの血液疾患におけるCD168陽性・VCAM-1陽性マクロファージの数の増減や分布について、免疫二重染色を用いて検討している。今後さらに症例数を増して、当該研究の臨床病理学的意義を見出したい。スタッフにおける研究は未だ停滞しており、今後は、教育や病院病理部業務とのバランスを考えたうえで、教室スタッフ各自が研究のアイデアを出し、それを遂行できるような体制づくりを行う必要がある。
  • a) 「病因と病態」では、引き続き、カラー印刷資料やバーチャルスライドなど、カラー画像を中心とした教育の導入によって、疾患の基本的概念と病態、代表的な患者像、肉眼像、組織像をイメージとしてうえつけるものとする。また、カラー画像を試験に取り入れていく。
  • b) 講義や実習に対する学生の評価、意見を取り入れる必要があるが、学生からの回答数が少ないのが難点である。今後、さらに授業評価アンケートや包括的双方向性教育システム(レノンシステム)の活用によって学生からの評価・意見を教育に反映させる。「病因と病態」の実習については、正常組織についても説明を加える。
  • c)国家試験に「病理画像」が多数出題されていることから、国家試験への対策を講義内容にも反映させる必要がある。臨床実習では、教育・評価の一環として、診断病理についての演習を問題形式にしておこなっているが、国家試験の必修問題や病理画像を含む臨床問題への対策を含め、内容を更に充実させていく。臨床問題への対策として、Case Files Pathology(Eugene C.T.編集)を翻訳し、また、採用された症例の病理標本を部内で作製して、臨床病理相関を付けるための教本として使用しているが、引き続き病理標本を更に充実させる。
  • d) 臨床実習をとおして、病理学の魅力と意義を学生に理解してもらい、将来の病理学を担う人材の確保に努力する。
  • e) 「医学研究への扉」にできるだけ多くのスタッフが参加できるように努力する。
  • f) 研究に関しては、大学院生のテーマを主体に行う。また、スタッフの抄読会への積極的な参加を促す。
  • g) 症例検討などに関しては臨床科との共同研究を積極的に行い、論文化を目指す。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー