川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 病理学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

病理学教室




教授森谷 卓也
研究業績へ 教育業績へ
准教授秋山 隆
研究業績へ 教育業績へ
准教授鹿股 直樹
研究業績へ 教育業績へ
准教授物部 泰昌
研究業績へ 教育業績へ
講師伊禮 功
研究業績へ 教育業績へ
講師西村 広健
研究業績へ 教育業績へ
特任講師藤原 英世
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教松野 岳志
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教三上 友香
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教稲吉 貴絵
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教佐貫 史明
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教藤本 康人
研究業績へ 教育業績へ

教育重点及び概要

病理学は、はじめて医学生が系続的に疾患に取り組む科目である。第2学年の「病因と病態」講義と実習、第3・4学年の臨床医学授業(ブロック議義)での病理学講義と実習、第4・5学年での臨床実習Ⅳ、Ⅴ、及び第6学年の講義、臨床実習Ⅵがあり、これらの講義と実習により、学生は様々な疾患の概念と病態を学んでゆく。
 「病因と病態」講義では、疾患を理解するために必要な基本的用語を学んだ後、細胞傷害、炎症、循環障害、腫瘍、変性、代謝障害、感染症など様々な疾患領域について、それらの概念、病態、形態変化などの基礎的事項を学ぶ。学生の理解を深めるために、各領域の代表的な疾患の病理組織像について、バーチャルスライドを使用した顕微鏡実習を行っている。臨床医学授業(ブロック講義)の病理学講義と実習では、臨床科の講義と並行し、臓器系統別に主要な疾患の病態と病理組織像を学ぶ。講義において取りあげる疾患は医学教育モデルコアカリキュラムに準拠したものとし、講義内容をまとめた個別資料の配布など、学生の理解を容易にするよう努力している。
 2学年〜4学年のバーチャルスライドを用いた顕微鏡実習では、学生が各教官の授業内容にそって予習・復習できるように、病理組織標本の顕微鏡画像とその解説を内容とする病理学実習CD-ROMを作成し、前もって学生に配布している。
 国家試験対策として、第6学年の臓器別総合講義や補習講義では、典型症例を中心として、病態と肉眼所見、病理所見を再度まとまった形で提示している。
 第4・5学年の臨床実習では、病院病理部の業務である、病理組織診断、術中迅速病理組織診断、細胞診や病理解剖の見学をとおして、また、あらかじめ選んでおいた症例について、検体の肉眼観察・切り出し・標本作製や病理組織診断に参加することによって、臨床医学における病院病理の役割と重要性を認識できるよう配慮している。これに加えて、肺がん・消化器がんなど重要な疾患の組織標本や細胞診標本についての鏡検とレクチャーも行っている。学生が参加する毎朝の外科病理カンファレンスやレクチャーでは、2015年に更新された大画面の顕微鏡画像モニターが有効に利用されている。
 当教室のもう一つの特徴は、現代医学教育博物館(メデイカル・ミュージアム: MM) との深い関わりである。MMは、歴史的なものではなく現在の医学レベルの展示を行っていることで国内外に類をみない施設であり、その展示物のほとんど全てが自作となっている。特に3Fの展示物は病理CPCと、多数のマクロ臓器標本のストックであり、以前より病理学教室が深く関わっている。これも、1学年における見学演習、4-5学年の病院病理部実習における利用を含め、教育の目的で積極的に利用している。
○昨年度の自己点検・評価と課題
 従来、病理学1、病理学2の二講座制でそれぞれが協力して活動していたが、教室員数のバランスが十分に取れていない時期があり、教室で分担するよりも、教員個々の努力に任された形で運営してきた。2018年4月より両教室が統合され、新たに「病理学」として再出発することになったため、教室員全員で一致団結して教育活動に専心できる体制を確立してゆきたい。

研究分野及び主要研究テーマ
  • ・ヒト疾患におけるスフィンゴシン-1-リン酸レセプターの果たす役割について
  • ・造血器疾患におけるマクロファージの役割
  • ・乳がんの増殖能を効率的に計測するための病理学的検討
  • ・乳がん発生過程の病理組織学的特徴に関する研
  • ・乳がんの免疫寛容因子についての免疫組織学的検討
  • ・人工知能による、乳腺疾患に対する病理補助診断の検討
  • ・乳癌の再発・転移巣で出現する付加的遺伝子変異の解明
  • ・上皮性卵巣癌の妊手性温存治療の対象拡大のための非ランダム化検証的試験:病理中央診断
  • ・悪性胸水を有する転移性乳癌患者に対するエリブリンの有効性に関するトランスレーショナル研究
  • ・再発乳癌組織の特徴に関する病理組織学的検討
  • ・学外の競争的資金獲得状況(平成29年度)
    • 1)科学研究費補助事業 基盤研究C: 乳癌発生過程の多様性に関する病理学的アプローチ(平成28-30年度、課題番号 16K08701、研究代表者)
    • 2)科学研究費補助事業 基盤研究C: 乳癌の再発・転移巣で出現する付加的遺伝子変異の解明(平成29-31年度、課題番号 17K08750、研究代表者)
    • 3)日本医療研究開発機構 (AMED) 上皮性卵巣癌の妊孕性温存治療の対象拡大のための非ランダム化検証的試験(16am0101001s0203) 研究開発分担者
○自己評価と反省
 「ヒト疾患におけるスフィンゴシン-1-リン酸レセプター1(S1PR1)の役割」については一定の研究成果が得られ、学会および論文発表がなされた。乳腺関連については資金獲得とともに研究が進捗しているが、論文化できていないものがあり、早期に作成・投稿を目指す。 研究面については、研究班の分担研究と、血液内科、検査診断学、乳腺甲状腺外科、産婦人科や泌尿器科、現代医学教育博物館、学外研究機関との協力関係を得て、順調に実施されている。後期研修医が5名、3名の客員研究生も継続し登録されているので、引き続き教室の拡充を諮るよう努力したい。また、大学院生の確保にも努めたい。

将来の改善方策

.

  • a)「病因と病態」では、引き続き、カラー印刷資料やバーチャルスライドなど、カラー画像を中心とした教育の導入によって、疾患の基本的概念と病態、代表的な患者像、肉眼像、組織像をイメージとしてうえつけるものとする。また、カラー画像を試験に取り入れていく。
  • b)講義や実習に対する学生の評価、意見を取り入れる必要があるが、学生からの回答数が少ないのが難点である。今後、さらに授業評価アンケートや包括的双方向性教育システム(レノンシステム)の活用によって学生からの評価・意見を教育に反映させる。「病因と病態」の実習については、正常組織についても説明を加える。
  • c)国家試験に「病理画像」が多数出題されていることから、国家試験への対策を講義内容にも反映させる必要がある。臨床実習では、教育・評価の一環として、診断病理についての演習を問題形式にしておこなっているが、国家試験の必修問題や病理画像を含む臨床問題への対策を含め、内容を更に充実させていく。臨床問題への対策として、Case Files Pathology (Eugene C.T.編集〉を翻訳し、また、採用された症例の病理標本を部内で作製して、臨床病理相関を付けるための教本として使用しているが、引き続き病理標本を更に充実させる。
  • d)臨床実習をとおして、病理学の魅力と意義を学生に理解してもらい、将来の病理学を担う人材の確保に努力する。
  • e)「医学研究への扉」にできるだけ多くのスタッフが参加できるように努カする。
  • f)研究に関しては、大学院生を確保する。また、スタッフの抄読会への積極的な参加を促す。
  • g)症例検討などに関しては臨床科との共同研究を積極的に行い、論文化を目指す。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー