川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 臨床腫瘍学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

臨床腫瘍学教室




教授山口 佳之
研究業績へ 教育業績へ
准教授永坂 岳司
研究業績へ 教育業績へ
講師山村 真弘
研究業績へ 教育業績へ
講師岡脇 誠
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教堅田 洋佑
研究業績へ 教育業績へ

 がんは国民病であり、現在、日本人の死因の第1位を占め、年間およそ36万人ががんで死亡している。国民の2人に1人が一生のうちなんらかのがんに罹患し、3人に1人が命を奪われている状況である。このように重要ながんという疾患に対する対策として、国は2007年4月にがん対策基本法を制定し、がん診療の基盤整備に着手した。5年目を迎えた2012年4月には、さらなる改訂がなされ今日に至っている。その骨子はがんの予防及び早期発見の推進、がん医療の均てん化の促進等、研究の推進等である。臨床腫瘍学はこのような背景をもとに新設された講座であり、その役割は、質の高いがん診療の実践とすぐれた臨床腫瘍医の育成及びがん病態の解明に基づく新規がん治療の開発研究にある。総論的には、進行がん患者の抱える種々の問題に対し、従来行われてきた各診療科毎の縦割りの対応と異なり、総合的、かつ、横断的に対処し、病態の把握・解明と治療を研鑽する新しい学問体系であり、具体的には、がんの標準治療を理解し、がんの標準化学療法、緩和ケア、先進治療開発及びセカンドオピニオンを実践することを主要業務とする。がん患者ひとりひとりの生涯をトータルとして心優しく診ることのできる医師をともに目指す。
  • 1)ユニット講義
     臨床腫瘍学講義として、他講座との有機的な連携のもと、腫瘍ユニットを担当する。がんの疫学にはじまり、がんの分子生物学、分子免疫腫瘍学、がんの病態学、そして腫瘍随伴症候群やオンコロジックエマージェンシーを学ぶ。治療学として、抗がん剤の臨床薬理や各種がんの標準化学療法と副作用対策、及び緩和医療を学ぶ。さらに新規治療開発に必要な臨床試験の概念と効果判定及び腫瘍統計学を学ぶ。内容として、臨床腫瘍学の基本から最新のトピックスを網羅する。症候論では、症例から学ぶチュートリアル形式を採用する。
  • 2)臨床実習
     OSCEで学んだスキルを実践する。すなわち、問診にはじまり、身体所見の取り方を実習する。クリニカル・クラークシップを実践し、参加型の研修によって、病態の理解と必要な検査、結果の解釈と次なる対策、それらの説明と上級医との議論を通じて、疾患の理解を深める。加えて、カルテの書き方とプレゼンテーションの実際を経験し、インフォームドコンセントの現場を見学する。指導医のもと、マン・ツー・マンの実習を採用する。症例のムラによる足りない部分はレポート提出を求め、理解不足を補う。また、『国師に出るシリーズ』として画像診断・抗がん剤・分子標的治療薬・緩和ケアについての双方向性短講義を設け、重要な知識を確定する。
  • 3)卒後研修
     卒後2年間は当大学の卒後臨床研修プログラムに沿って研修する。指導医のもと主治医として研修し、入院患者を対象に、問診、身体所見、検査の構築、画像の読影と解釈、カルテや公的文書の書き方、プレゼンテーション、インフォームドコンセントを習得する。同時に、症例報告や症例検討報告及び論文執筆を研修する。その後はシニアレジデントまたは大学院として臨床腫瘍学の臨床及び研究に従事し、がんの標準治療、化学療法、緩和ケア、先進治療開発、セカンドオピニオンに必要な知識と技術を習得し、業績を重ねる。そして、日本内科学会あるいは外科学会の認定医・専門医、日本がん治療認定医機構の認定医、日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医及び日本緩和医療学会の専門医を取得することを目標とする。

○自己評価と反省
 講座開設以来9年が経過した。医師国家試験問題において、年々、がんについての問題が頻度を増している。手術の術式選択、放射線の適応、抗がん剤の標準治療と副作用、分子標的治療の理論と効果及び副作用対策、同時に始まる早期からの緩和ケア等々。特に、臨床問題がより現場的に変革されていく中、臨床実習は極めて重要な意味を持つと考える。すなわち、臨床腫瘍学は国家試験的にも重要分野であるといえる。臨床実習を通じて、座学だけでは身に着かない知識を、是非、自分のものにしてほしい。
 また、国策としてがん診療に重点が置かれる中、がん専門医の育成を視野に入れた講義構成が求められており、充実したカリキュラムの作成にも傾注している。病態の考え方を中心に、その理解に基づく治療があり寄り添いがある、腫瘍学の学びに基づいて、医療を、人体を、ヒトを、理解できる心ある医師を育てたい、その中でともに学びたい、と考えている。
  • 1)がん病態の解明
     がん細胞は、生体において免疫担当細胞を中心とする宿主細胞とがん組織を形成し、細胞性及び液性の相互間応答の上に増殖、進展、転移し、複雑ながん病態を形成している。がん病態を細胞・分子・遺伝子レベルで解明することは、新たながん治療を開発するうえで重要である。具体的には、)固形がんやがん性胸腹水病態における局所、所属リンパ節及び全身性免疫応答の解析、)がんに対する化学・放射線療法に伴う血管新生及び宿主免疫応答の解析及び)緩和ケアにおける宿主免疫応答の解析であり、新生血管前駆細胞の解析及び抗腫瘍免疫応答とそれに対抗する免疫抑制応答の解析を骨子とする。
  • 2)新規治療開発研究
     新規治療開発研究として、)新規併用がん化学療法の開発と)先進的がん免疫療法の開発及び)新規緩和ケアの開発をあげる。)として、がん化学療法の進歩はめざましい。より有効な新規併用がん化学療法の開発には臨床試験が不可欠であると同時に、併用の理論的根拠となる基礎研究も重要である。新規抗がん剤の併用研究において、特に、化学療法と新生血管前駆細胞及び血管新生阻害の重要性について臨床研究を展開する。)においては、現在、世界的に注目されている免疫チェックポイント阻害剤を中心に、活性化自己リンパ球を用いたがん治療及びがんワクチンの開発と効果増強を最重要研究と位置づけ、腫瘍微小環境や変異を中心とした腫瘍要因に基づく個別化医療の開発と先進医療への展開を目指す。)においては、オピオイド使用における病態別選択やタイトレーションに新規手法を導入する臨床研究や、副作用の予測と対策において分子生物学的手法の導入が可能か否か、解析する。

○自己評価と反省
 常に臨床に軸足を置き、研究成果はただちに患者さんに還元できるものでなくてはならないと考えている。同時に、川崎医科大学から世界に発信できる成果の樹立を目標としている。
 研究の基盤は整備された。子細な分子遺伝子学的な解析を含め、当科ですべてのことが達成可能である。化学療法、先進的がん免疫療法の開発及び緩和ケア、これらを三本柱とし、臨床の現場で問題となっている種々の点に焦点をあて、独自の視点から分子免疫学的に臨床研究を展開すれば、おのずと世界に発信できる川崎オリジナルな臨床研究が成就できよう。当然のことながら、世界の秒進分歩の進歩に常に目を配り、勉強することを怠ってはならない。診療を重ねる中でともに学び、すぐれた医師及び臨床腫瘍医を育成すると同時に、新規治療開発に傾注する。種々の内科疾患や腫瘍の研究が進むと、バイオサイエンスのもとに多くの事象が収束することがわかる。諸君、いかなる進路・専門性を目指すにあたり、数年間でも当科で腫瘍の基礎及び臨床に没頭してみていただきたい。必ずや立派な臨床医/研究者につながる時間を共有できると自負している。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー