川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 健康管理学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

健康管理学教室




教授高尾 俊弘
研究業績へ 教育業績へ
教授鎌田 智有
研究業績へ 教育業績へ
准教授藤本 壮八
研究業績へ 教育業績へ
講師山中 義之
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教角 直樹
研究業績へ 教育業績へ

教育重点及び概要

.

1) 教育重点

超高齢社会の到来とともに、がん、脳卒中、心筋梗塞などいわゆる生活習慣病が大きな問題となり、その予防及び早期発見が重要な課題となっている。また最近、がん検診の精度、有効性などについて論議されているところであるが、これらの人を病気に至らしめないための対策が急務である。そのための生活習慣病やがんの診断には臨床領域における幅広い知識が必要なのは言うまでもない。
 一方、大学附属病院をはじめとした大病院において診療科目は臓器別となり、患者さんからみるとどの科を受診すればよいか大変難しくなっている。昨今の総合診療専門医の新設の動きはこれを踏まえたものと言える。他方、現在の医師の傾向としては専門医志向であり、専門外の診療は興味がないか、しようと思っても知識がないのでできないのが現状である。
 健診や人間ドックはほぼ全ての科の基礎的診断知識・技術が必要であることから、全人的医療を志す医師にとって診断技術を磨く絶好の場所である。しかも通常の外来なら、2週間〜1か月後に再診ということになり、人間関係を徐々に形成することもできるが、健診や人間ドックでは普通年1回の受診なので、1回(初診)の診察で十分なコミュニケーションをとる技術も必要である。それゆえ、健診センターでは総合診療で最も大切な医療面接の技術を集中的に学ぶことができる。
 さらに健康管理学教室では予防医学に重点を置いている。そのためには臨床医学の知識の他に疫学、臨床統計、行動変容などを学習する必要がある。特に生活習慣病は日々の偏った生活習慣の重なりにより生じるが、生活習慣を改めるには行動科学的な手法を用いた生活指導をしなければならない。生活指導は医師だけでできるわけではなく、保健師、運動指導士等と共に行うため、メディカルスタッフとのチーム医療も学習することになる。これらのことが教育重点となる。

2) 教育概要

健康管理学教室では学生教育として、1年生の医の原則機2年生の医学研究の扉、3年生の消化器系機4年生の腫瘍、地域医療、予防医学、6年生の臓器別総合講義2(医療と社会)を担当している。具体的には、終末期医療と死について、ヘリコバクター・ピロリ感染症・慢性胃炎、消化性潰瘍、腫瘍の疫学と予防、保健活動と健康増進、公衆衛生と予防の概念、医の倫理と患者の人権、医師法・刑法・民法、終末期医療と死の概念、医療の質と安全の確保、高齢者保健、介護保険、診療情報と各種証明、社会環境の変動・人口静態統計・人口動態統計、母子保健の現状、母子保健法、母体保護法、児童福祉、地域保健、学校保健などである。

○自己評価と反省
 大教室における講義という形式をとることが多いため、一方向性の学習になりがちである。また、限られた講義時間のため、基礎的知識を講義することに時間をとられ、臨床との横断的知識や行動変容に関する内容については教授する時間がほとんどない。これに関しては教育方法を見直し、なるべく双方向性の教育を目指すと共にコ・メディカルの協力を得て幅広く学習の機会を作りたい。

研究分野及び主要研究テーマ

.

  •  現在行っている研究テーマ
  • 1) 岡山県対策型胃がん検診におけるヘリコバクター・ピロリ感染胃炎と胃がんに関する研究
  • 2) 倉敷市の特定健診データの解析による血圧・血糖・脂質異常の地域差の研究
  • 3) 胃酸分泌抑制薬が胃粘膜に及ぼす影響に関する後ろ向き観察研究
  • 4) 過去5年間における人間ドック発見がんの特徴〜高齢者がんの特徴とそのQOLに関する研究
  • 5) 過去10年間の健診データを基にした生活習慣とメタボリックデータに関する研究
  • 6) メタボリックシンドロームと特定保健指導の効果に関する研究
  •  今後行う予定の研究テーマ
  • 1) 対策型胃がん検診精度の再考〜対象年齢・検査間隔について
  • 2) 胃がん検診で発見されるA型胃炎の頻度とその診断基準について
  • 3) 任意型大腸がん検診における大腸CT検査の有用性と問題点
  • 4) 運動プログラムが睡眠、ストレスと健診データに及ぼす前向き研究
  • 5) 生活習慣とメンタルヘルスについて

○自己評価と反省
 診療に大部分の時間をとられ、研究に費やす時間がほとんどないのが現状である。その中でも少しずつ研究テーマに取り組んでいきたい。昨年度は国内学会・国際学会にも発表することができた。今後はさらに論文発表を増やすよう努力したい。また、近年の研究は一つの教室だけでできるものではないので、関連各教室と共同研究も視野に入れていきたい。

将来の改善方策

.

 教育、研究ともに発展させるには人材が必要である。そのためには、活動を認知してもらうことが第一である。今年は初めてキャリナビに参加したが、次年度からもう少しインパクトのある教室紹介をしたい。
 教育面では先にも述べたように一方向性の学習から双方向性の学習を目指す。そのためにもスタッフを充実させる努力をしなければならない。また、研修医が臨床科の1つとしてローテートできるような魅力的なプログラムを構築する必要がある。本学の卒業生は将来開業医になるケースも多いため、学校保健や予防接種の知識も習得できるようなプログラムを作成する。また、健診医や人間ドック医をめざす者は多くの臨床経験を積まなければならないので、当教室研修医はできるだけ多くの専門各科をローテーションする必要があり、各科との協力体制を整えていく。そのうえで人間ドック健診専門医・指導医を目指せる研修プログラムを用意する。
 研究面では今までに蓄積されたデータを生かし、生活習慣病やストレスマネジメントに関連する研究を伸ばしてきたが、運動プログラムや生活習慣改善プログラムを用いた前向きの介入研究を行っていく予定である。また、メディカルスタッフの人たちも積極的に学会発表や論文作成ができるような環境を作っていきたい。

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー