川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 麻酔・集中治療医学2教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

麻酔・集中治療医学2教室




教授戸田 雄一郎
研究業績へ 教育業績へ
講師西江 宏行
研究業績へ 教育業績へ
講師谷野 雅昭
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教作田 由香
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教城戸 悦子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教岡 裕子
研究業績へ 教育業績へ
 麻酔・集中治療医学1・2教室は、手術前の全身評価、手術中の麻酔、手術後の患者管理からなる周術期医学と内科を含めた全科の重症患者の管理をおこなう集中治療医学や「痛み」を全般的に扱うペインクリニックを専門分野とし、学生教育、研究と共に川崎医科大学附属病院の診療を担当しています。
 学生は麻酔・集中治療医学での講義と実習で、解剖学、生理学、生化学、薬理学の基礎的知識とその臨床応用からなる全身管理学を学びます。輸血、麻酔薬、麻酔補助薬の薬物動態学、薬力学、疼痛管理法、呼吸循環生理学、生化学の基礎的知識は第4学年の周術期管理・医療工学ブロック講義で学びます。臨床実習においては、手術中の患者管理を中心に、手術を受ける患者の術前評価から、病棟での術後患者の管理まで患者のベッドサイドで麻酔管理、術後管理の実際を学びます。とくに疼痛管理、輸液と体液管理、輸血、人工呼吸と血液ガス分析、循環評価、循環の薬物あるいは機械的補助が重要です。また模擬体を使って気管挿管をはじめとする気道確保法及び静脈穿刺などの診療技術を修得します。
 ICUにおいても、患者ケアとともに、人工呼吸と循環補助、モニターについて詳しく学ぶとともに急性呼吸窮迫症候群と敗血症についての最新の知識を整理することに重点をおきます。
 ペインクリニックにおいては、痛みを主訴に受診する患者の診察の仕方を学び、診断を考えます。そして、神経ブロック、薬物療法、認知行動療法などを用いた治療を学びます。さらに、緩和医療、術後痛サービス、無痛分娩の知識も得られます。
 その他、当教室では、医用工学科の講義と実習の一部を担当しております。
○自己評価と反省
 麻酔・集中治療医学が広範囲であるため、われわれとしては全体の枠を超えない範囲で、学生が効率よく知識を修得できるように一層努力する必要があります。具体的には第4学年の講義については、コアカリキュラムに基づいた形にさらに近づけることを考えております。第5学年実習については、基本的な医療技術を確実に身につけるとともに、Problem-based learning and discussionにより応用力の養成に力を入れ、診療に加わった症例をもとにしたプレゼンテーションの指導も充実させたいと考えています。
 麻酔・集中治療医学の研究分野は、広範囲であります。2016〜2018年度の教室のテーマとしては、術前合併症と麻酔アウトカム、モニターおよび投薬デバイスの開発、疼痛機序の解明とその治療、および麻酔関連薬の体内動態の研究を考えています。
○自己評価と反省
 臨床研究についてみると患者の同意、研究規模の問題等から、1施設のみによってインパクトの大きな成果を出す事は困難です。このため当教室としても多施設共同研究に参加しています。実験的研究については、動物における疼痛発症メカニズムと遺伝子治療による疼痛軽減の研究を行っていますが、2015年度は国内外での発表に留まりましたので、その結果を2017年度までに論文として発表したいと思っています。また今取り組んでいる、新しい投薬デバイスとモニターの開発を更に進め、試作機として臨床応用できる所まで持って行きたいと考えています。麻酔関連薬の体内動態に関する研究も2016年度中にスタートしたいと考えています。
 麻酔・集中治療医学教室の担当する範囲が大きいこと、診療に多大の労力と時間を要することから人材の確保が急務です。講義をよりコンパクトに行い、ベッドサイドでの臨床実習を充実させるとともに、problem-based learning and discussionとEBM教育に力を入れることで学生の問題解決能力を養成したいと考えます。研究については、チームを作ることにより、効率化をはかるとともに互いに啓発、切磋琢磨して研究を進める体制を作りたいと思います。疼痛研究に関しては、実験レベルから、臨床応用に持って行くような視点からの検討を加えます。ペインクリニックにおいては、慢性痛治療とともに術後患者さんを中心とした急性痛治療を充実させることで、周術期医療の質を高めることを目指します。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー