川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > リウマチ・膠原病学教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

リウマチ・膠原病学教室




教授守田 吉孝
研究業績へ 教育業績へ
准教授向井 知之
研究業績へ 教育業績へ
講師笹江 友美
研究業績へ 教育業績へ
講師平野 紘康
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教黒﨑 奈美
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教印南 恭子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教赤木 貴彦
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教澤近 弘
研究業績へ 教育業績へ
 当教室では、関節リウマチを代表とする膠原病とその類縁疾患について、病因・病態から診断・治療法に至るまで、最新知識の修得を教育目標としている。対象は自己免疫現象により多臓器に病変が及ぶ疾患群である。診療現場ではステロイド薬、免疫抑制薬あるいは生物学的製剤を用いた治療により、日和見感染症はもとより、治療薬特有の副作用に直面することもある。すなわち、内科学全般の幅広い知識と診療能力が必要であり、そのしっかりとした土台の上に、膠原病や自己免疫疾患の知識修得が可能となる。リウマチ学や臨床免疫学の理解は勿論のこと、全身を診ることができる総合的な診療能力、様々な免疫抑制薬・免疫調整薬の使用法全般を学ぶ。
  • 1)関節リウマチ
     関節リウマチの滑膜病変部での病態解析が進み、現在、リウマチの治療法は大きく変革した。免疫抑制薬のみならず、サイトカインや細胞表面蛋白など特定分子を標的とした生物学的製剤が治療の中心的役割を有し、病状をドラマティックに改善する。治療を通じて、臨床免疫学の醍醐味を学ぶことができる。同時に、関節リウマチは代表的な運動器疾患であることから、関節・運動器の基本的診察法を学習可能である。
  • 2)その他の膠原病
     膠原病(自己免疫疾患)が疑われるのはどういった症状かを学び、検査異常を理解する。その上で、膠原病の診断法・疾患分類について学ぶ。治療の基本であるステロイド薬や免疫抑制薬の効果と副作用を理解し、個々の症例での適切な使用方法を学習する。
  • 3)臨床実習
     臨床実習はクリニカルクラークシップで行う。リウマチ性疾患・膠原病患者は難病意識を抱きやすく、不安感も強い。このような患者の診療をどのように行うか、外来・病棟研修においては、膠原病の診察法や鑑別診断のアプローチは勿論のこと、良好なコミュニケーションを築く医療面接法も学習する。

○昨年度の自己点検・評価と課題
 教室の設立以来、医学教育に重きをおいている。毎日夕方から全病棟患者の診断・治療方針について相談するミーティングを行っている。患者さんに安全でタイムリーな医療を提供するためでもあり、教室員・研修医・医学生にとって、医学教育と臨床力アップの場となっている。第5学年3週間の臨床実習あるいは第6学年1ヵ月の選択制クリニカルクラークシップは学生から高い評価を得ている。第5学年1週間の短期の臨床実習をどのように充実を図るかが課題である。
 基礎研究を経験することで、臨床現場での思考法は大きくかわる。仮説の設定とその検証、結果の分析と考察といった一連の作業は、まさに臨床で必要とされる思考過程と同一である。リウマチ性疾患・膠原病の診療現場で生じた疑問・課題から研究テーマを設定し、臨床への還元に資するような基礎的な検討を行うことを基本方針としている。具体的には以下のテーマに取り組んでいる。
  • 1)炎症性骨破壊におけるアンジオテンシン兇量魍笋硫鯡
     アンジオテンシン兇論限里侶谿気篋挧Τ葦嬶未猟汗瓩亡悗錣襪里澆覆蕕此骨代謝へも作用していることが近年注目されている。関節リウマチを代表とする全身性炎症に伴う骨破壊あるいは骨量減少に与えるアンジオテンシン兇量魍笋鰐世蕕でなく、教室独自にダブルミュータントマウスあるいはトリプルミュータントマウスを作製し、マイクロCTによる画像的解析及び分子レベルでの解析を行っている。
  • 2)2光子励起顕微鏡を用いた骨組織のinvivoimaging
     破骨細胞は単球系細胞から分化し、骨を吸収する細胞である。チロシンキナーゼに結合するアダプター蛋白であるSH3BP2(SH3-domain binding protein 2)は破骨細胞分化を調整することが報告されている。SH3BP2を遺伝子改変したマウスと破骨細胞を蛍光標識した遺伝子改変マウスを用い、生きたマウスにおける破骨細胞の挙動を解析する。
  • 3)脳卒中重症度に全身性炎症が与える影響の解析
     活動性の高い関節リウマチ患者では、脳卒中などの血管イベントが統計学的に増加しており、また重症度も高い。教室では関節炎モデル動物を用いて、全身性炎症による血管壁の酸化ストレス増加、内皮機能障害を報告してきた。現在、血管障害を惹起している炎症性メディエーターの同定、そして全身性炎症が脳梗塞モデル動物の重症度に与える影響を検討し、治療法の開発へと研究を進めている。
  • 4)SLEモデルマウスにおけるアダプター蛋白SH3BP2の役割の解明
     SH3BP2は免疫担当細胞に広く発現し、SykやPLCγなど細胞内シグナル伝達の調節にも関与することが報告されている。教室ではダブルミュータントマウスを作製し、SLEによる自己抗体の産生、病態形成におけるSH3BP2の役割を解析し、この分子をターゲットとした自己免疫疾患の治療法の可能性を探究している。
  • 5)マイオスタチン変異マウスの骨・筋解析
     マイオスタチンは筋量を調整するサイトカインであり、その機能低下は筋量を著明に増大させる。最近、マイオスタチンが破骨細胞に直接作用し、骨量も調整することが報告された。ダブルミュータントマウスを独自に作製し、マイオスタチンが炎症性の骨破壊や筋量低下に及ぼす影響を解析し、新たな治療薬の創出に取り組んでいる。
  • 6)破骨細胞分化・骨代謝におけるタンキレースの役割の解明
     タンキレースは蛋白の翻訳後修飾であるポリ(ADP-リボシル)化に関与する酵素蛋白であり、その阻害剤は癌治療領域でも注目されている。タンキレースは破骨細胞分化に関与している可能性が近年報告されており、教室ではタンキレース阻害剤の骨代謝に与える影響をin vitro及びin vivoにて詳細に解析している。

○昨年度の自己点検・評価と課題
 米国ミズーリ大学カンザスシティ校、ミシガン大学、大阪大学と共同研究を行っている。また学内においても、放射線医学(核医学)、腎臓・高血圧内科学、神経内科学、生理学2、分子生物学、免疫学との共同研究を継続している。骨代謝や関節炎に関連する様々な遺伝子改変動物を本学の医用生物研究ユニットに受け入れており、解析に用いるべくダブルミュータントマウス、トリプルミュータントマウスを独自に作成している。既に興味深い新知見を多く見出しており、国際的に通用する研究成果として報告できるよう努力を続けたい。
 2010年に当教室が新設されてから、教室員は年々増え、診療及び学生・初期研修医に対する教育体制も次第に充実してきている。今後も学生の意見やアンケート結果をもとに改善を重ね、クリニカルクラープシップの一層の充実を図りたい。研究成果を国内外の学会にて発表するとともに、論文としてまとめる。臨床・研究の両面において、人材の育成を強化していきたい。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー