川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 麻酔・集中治療医学3教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

麻酔・集中治療医学3教室




教授片山 浩
研究業績へ 教育業績へ
特任教授松三 昌樹
研究業績へ 教育業績へ
准教授大橋 一郎
研究業績へ 教育業績へ
講師日根野谷 一
研究業績へ 教育業績へ
講師落合 陽子
研究業績へ 教育業績へ
講師池田 智子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教那須 敬
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教吉田 悠紀子
研究業績へ 教育業績へ
臨床助教道田 将章
研究業績へ 教育業績へ
教育重点及び概要

麻酔・集中治療医学3教室は、麻酔を中心とした全身管理を教育することを教室の大目標として掲げています。学生教育から始まり、初期研修医及び後期研修医にも一貫した目標です。ポリクリ及びシステム講義は医大麻酔集中治療医学1及び2教室と共同して行いますが、川崎医科大学総合医療センター内でも独自の教育を実施することができます。特に岡山市の中心部に位置する地理的特徴から、多様な救急患者を目にすることができ、初期研修には最適な環境と自負しています。ポリクリも時間枠拡大に伴い岡山で独自のポリクリを開始する準備が整いつつあり、近い将来岡山市における麻酔・集中治療のstudent doctor実習を実施することができます。
 麻酔学は基礎と臨床の交差点に位置します。薬理学、生理学を常に臨床で実体験できるのは麻酔という学問の最も興味深いところです。また、麻酔科は外科系と内科系の交差点に立っているとも考えられます。麻酔科ほど幅広い科と臨床で接する科はないと言っても過言ではありません。手術室における内科とも表現されています。麻酔自体は生と死の交差点を俯瞰しているとも表現されます。『仮死状態』を作り出し、生への帰還をもたらしています。一般的に集中治療で扱う重症患者さんは生から死への一方通行に陥りがちですが、麻酔という学問により臨床では仮死から生への逆戻りを可能にしています。したがって、麻酔から集中治療へは一つの自然な流れと理解することができます。麻酔学と集中治療医学を学び習得することは、伝統的に臓器別の体制が確立している川崎医科大学においては特異的な、臓器横断的に患者をとらえることができるという大きなメリットがあります。当然人間は循環器、呼吸器その他、肝・腎、血液凝固系など様々な臓器連関を有しています。まずは術後患者の変化を理解し、患者の持つ正常状態保持能力を理解することで、もっと複雑な臓器不全患者、敗血症性ショック患者などの対応が可能になります。このような重症病態の患者を管理することはより軽症な患者の対応に奥行きを増すことができ、様々な分野に応用をすることができます。
○自己評価と反省
 私たちは学生教育及び研修医教育を重要視しながら、最大の目標は臨床の患者に最善の医療を届けることであると確信しています。若い臨床医を育てることが常に岡山市中心部の総合病院としての機能を高める大きな力になるわけですから、現在の方向性に関してぶれることなく進んでいくつもりです。

研究分野及び主要研究テーマ

.

1. 臨床研究
  •  1) 術前状態の評価と予後予測
  •  患者の術前評価は周術期管理の基礎になります。そしてその評価に従って麻酔管理計画を立て実施したのち一定の結果を得ます。正しい評価はより正確な患者予後予測になるという前提のもと、各臓器の予後予測をします。特に最近は術前の認知機能評価と、術後せん妄発生の関連を調査しています。
  •  2) 重症病態における腎機能評価と治療
  •  集中治療室に収容される重症病態患者では、急性腎障害(AKI)の発生頻度が高いことが知られています。AKIにいったん陥ると、検査上正常範囲に復した後も生命予後が悪化することも知られています。現在は腎機能が悪化した後の評価として血清クレアチニンを測定していますが、可能であれば腎機能障害が確定する前の状態を確認することが望まれます。現在考えられている腎髄質機能の悪化因子は組織低酸素であると推測されており、これを経時的に計測モニタリングすることにより、極早期の腎機能障害を検出することを試みています。
2. 基礎研究
  全身麻酔薬による臓器保護作用発現に関与するマイクロRNAの同定
  • 近年全身麻酔薬による薬理学的プレコンディショニング効果が報告され、臓器保護作用が認知されつつあります。しかし、そのメカニズムについては不明な点が多いのが現状です。一方、これまではその存在意義が不明であったマイクロRNA(miRNA)が、標的遺伝子の翻訳を制御することにより多彩な生理反応、病態生理に寄与していることが明らかにされつつあります。我々はこのmiRNAに着目して、麻酔薬がもたらす臓器保護作用に関与するmiRNAを同定、さらに同定したmiRNAのターゲット遺伝子を明らかにして、新たな側面から全身麻酔薬による臓器保護作用のメカニズムを解明する予定です。
○自己評価と反省
 大学の最大の使命は博士号の創出と未来につながる研究の遂行であるとの開設以来の信念をそのままに、研究の比重を基礎研究から臨床研究に移しているところです。総合医療センターに居ながらにしてできる研究が、ここで働く医局員にとっても最も効率の良いものであるため、麻酔及び集中治療の分野から臨床研究を遂行していく予定です。
今年度の方策

今年度は後期研修医を大学院生として迎える計画を立てています。大学病院は学問を修めることが一つの柱です。また、博士号を生み出すことができるのがその大きな強みです。新たに創設された社会人大学院生の枠を利用して、専門医を目指した臨床教育は今までのまま、その臨床に生じた疑問を解決するために大学院を利用して、能動的な疑問解決の方策を身に着けていただく予定です。また、これらに続く後期研修医を広く募集し、次世代の全身管理と学問のできる若手医師を育成いたします。

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー