川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 総合内科学4教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

総合内科学4教室




教授瀧川 奈義夫
研究業績へ 教育業績へ
特任教授杉原 尚
研究業績へ 教育業績へ
准教授山根 弘路
研究業績へ 教育業績へ
准教授中西 秀和
研究業績へ 教育業績へ
特任准教授小原 弘之
研究業績へ 教育業績へ
講師越智 宣昭
研究業績へ 教育業績へ

教育重点及び概要

学部教育及び卒後教育が行われている多くの施設では、内科学が専門別あるいは臓器別に診療されることが多く、実践的な内科学を系統的に学ぶ機会が乏しいとされています。総合医療センターは大学附属病院としての規模はやや小さいですが、私たちの教室では総合内科専門医、かつ呼吸器・腫瘍・緩和・血液専門医が包括的な教育を担当しています。当教室は平成23年4月に設立され、とくに呼吸器・悪性腫瘍に対して、総合内科医として全人的医療をするとともに、がん薬物療法の専門医として診断と治療を行ってきました。平成28年12月には緩和ケア病棟が新設され、平成29年4月からは血液分野の准教授を迎え守備範囲も広がりました。直面する臨床の疑問点を基礎研究で解決し、基礎研究の成果を臨床研究へ反映することを、私たちの使命と考えています。
○自己評価と反省
 初期研修医には学会での症例発表を推奨しています。平成28年度には第55回日本呼吸器学会中国・四国地方会において「心タンポナーデで発症し対症療法のみで長期生存中の悪性心膜中皮腫」(優秀賞受賞演題)、第55回日本肺癌学会中国・四国支部会において「trimodality治療4年後に単発脳転移で再発したパンコースト腫瘍」、第114回日本内科学会中国地方会において「FOLFIRINOX療法により完全寛解に到った多発肝転移を伴う膵頭部がんの1例」、第56回日本呼吸器学会中国・四国地方会において「ニボルマブが著効したEGFR遺伝子変異陽性肺扁平上皮癌」、第25回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会において「メトトレキサート関連リンパ腫様肉芽腫症に合併した間質性肺炎」を発表してもらいました。1人は発表演題を英語論文(Clin Nucl Med.41:890-891,2016)にしています。このように、初期研修医にphysician scientistとして歩める機会を与えられたことを嬉しく思っております。
 昨年の当院は1年目の初期研修医が13人で、全員がすでに当科をローテイトしています。いずれも短期間ではありますが、scientistとしての考え方を身につけてもらっており、数人は2年目も選択で来てくれています。通常は医学生が2〜3人(6年生のクリクラと重なるときは6人)、初期研修医が1〜3人であり、人数が増えても皆が積極的に学べるような体制を構築していきたいと思います。

研究分野及び主要研究テーマ
  • (1) 臨床研究
     昨年度の臨床研究として原著論文は、「発熱性好中球減少時のCISNEとMASCCスコアによる重症化予測」、「A phase II study of topotecan and cisplatin with sequential thoracic radiotherapy in elderly patients with small-cell lung cancer」、「Development of a skin rash within the first week and the therapeutic effect in afatinib monotherapy for EGFR-mutant non-small cell lung cancer」、「Phase II study of the EGFR-TKI rechallenge with afatinib in patients with advanced NSCLC harboring sensitive EGFR mutation without T790M」、「Endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration of hilar and mediastinal lymph nodes detected on 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography」、「Safety and discomfort during bronchoscopy performed under sedation with fentanyl and midazolam: a prospective study」などです。学内及び学外との共同研究も通して、この領域の更なる発展を目指しています。
  • (2) 基礎研究
     過去1年間では、 1)肺癌細胞株とマウスモデルを使用したEGFR、ALKシグナルの解析、2)悪性中皮腫における細胞シグナル伝達と免疫機構の解析、 3)小細胞肺癌における免疫checkpointに関する研究などを行ってきました。その成果として平成28年度の原著論文は「Synergistic effect of pacritinib with erlotinib on JAK2-mediated resistance in epidermal growth factor receptor mutation-positive non-small cell lung cancer」と「Effect of vandetanib on lung tumorigenesis in transgenic mice carrying an activating egfr gene mutation」です。
     平成28年度文部科学省研究費として「非小細胞肺癌におけるトポイソメラーゼ義乏穏淙四僂砲茲襯魅レオチド逆転写酵素阻害剤のドラッグリポジショニングの可能性(代表)」、「EGFR-TKI耐性肺癌における特異的シグナルの同定と克服(代表)」を、平成28年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)として「抗 HIV-1核酸系逆転写酵素阻害薬アバカビルの成人T細胞白血病への適応拡大に関する臨床研究(分担)」を獲得しています。

○自己評価と反省
 共同研究を含めた研究では、学会発表及び論文発表も順調に行うことができました。旧病院で可能な基礎研究はin vitroだけでしたが、総合医療センターの研究ユニットでは動物実験も可能な施設となりましたので、in vivo実験もすすめていきたいと思います。

今年度の方策

大学病院としての指導医の充実、教育に対する意識の高さという側面と、市中病院としてのスタッフ同士の顔が見える関係、多数の症例経験ができるという側面の両者が評価され、卒後臨床研修評価認定(JCEP)に合格していましたが、今年11月にはJCEPの再受審があります。当院がより良い臨床研修施設となるために、それに向けて教育環境を整備していきます。当科としては、医学生および初期研修医には呼吸器・腫瘍部門に加え、血液・緩和部門の教育と研修をさらに充実すべく、2人の准教授とともに総合内科学の基本的な枠組みの中で、各分野を実践できるような体制を今年度中に整えます。
 研究の指導として、原著論文あるいは総説を教材に抄読会を週1回行い、そのテーマの内容の議論と批判ができるようにします。基礎研究では、実験補助員とともに科学研究費助成事業、AMED、プロジェクト研究の結果を残します。呼吸器・腫瘍・緩和・血液領域においてバランスのとれた基礎研究を行い、少なくとも1編の原著論文を投稿したいと思います。2年目の医学研究科大学院生には、これまでの研究内容をまとめて秋の中間発表を行ってもらいます。1年目のがんプロ大学院生には、基本的な実験手技を確実なものとし仮説から自分で実験を組み立てられるように指導します。

 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー