川崎医科大学ロゴ
HOME > 教室紹介 > 眼科学2教室
一般教養
基礎医学
応用医学
臨床医学
特任教員(学長付・医学部)
研究センター
臨床教育研修センター

眼科学2教室




教授長谷部 聡
研究業績へ 教育業績へ
講師古瀨 尚
研究業績へ 教育業績へ
講師小橋 理栄
研究業績へ 教育業績へ

教育重点及び概要

眼科は2つの教室に分かれていますが、眼科学1教室は川崎医科大学附属病院、眼科学2教室は、岡山市中山下にある川崎医科大学総合医療センターでの眼科診療を担当しており、いずれも視覚に関連する視器・附属器および神経の構造解剖、生理、病理を系統的に講義します。眼科学2教室では特に、斜視、弱視、眼球運動、神経眼科、屈折・調節の異常などの眼機能学に重点を置いた眼科学の講義や実習を行うことで、眼科学の総合的学習を進める上で役割を果たしたいと考えています。

研究分野及び主要研究テーマ

主な研究テーマは視機能の検査法の開発、斜視手術法の改良、学童期の近視進行抑制法の開発です。現在国内の大学では、これらの眼機能学を主な研究テーマとする眼科教室は限られています。しかし米国をはじめ海外では、眼科医ばかりでなく大学で専門教育を受けたオプトメトリスト達によって、研究活動が盛んになっています。社会的な高いニーズにかかわらず、国内では専門家が不足しています。この研究領域に焦点を絞った研究活動を行うことで、学問上の貢献を果たすと共に、確固としたスペシャルティーを持った眼科臨床医を育ていきたいと考えています。この研究領域は、川崎医療福祉大学感覚矯正学科(視能矯正専攻)と重なっており、豊富な症例を持つ総合医療センター眼科外来を研究フィールドと位置づけ、共同研究を推進していきたいと考えています。

  • (1) アジャスタブル斜視手術の改良
     斜視の有病率は人口の2〜3%といわれ、患者は両眼視機能の異常と整容的問題の二つのハンディキャップを背負っています。斜視手術は、外眼筋の眼球への付着部を一定距離移動させることにより、原因となる視線のずれ(眼位)を矯正し、ハンディキャップを解消することができます。しかし眼位は、外眼筋の長さや収縮力だけでなく、眼筋周囲組織の粘弾性、眼窩プリーの位置、眼軸長など、複数の生体パラメータのバランスの上に定まっており、さらに脳神経に直結しているため、同一術式で手術をしても、矯正効果は症例ごとに異なるものになります。斜視手術は手技こそ単純に見えますが、筋間膜や制動靱帯の処理、筋や強膜への通糸、筋周囲組織への侵襲など、機械のように同一手術を繰り返すことは易しくありません。このため、これまで報告された斜視手術の成功率は必ずしも高いものではなく、しばしば再手術が必要になりました。
     アジャスタブル斜視手術は、約50年前のJampolskyの報告以来、さまざまな変法が考案されていますが、こうした矯正効果に係わる患者側、術者側の不確定要素を、術後に行う糸の調節により一挙に解決しようとする術式です。特に定量困難な難治、再手術、神経麻痺症例においては威力を発揮すると考えられています。眼科学2教室では、アジャスタブル手術を、小切開手術など低侵襲の手術手技と組み合わせることで、より効果的な治療を行っています。
  • (2) 科学的根拠(EMB)に基づく学童の近視進行予防治療の確立
    学童期に近視進行や眼軸長の過伸展を抑制することは、高度近視に伴う眼合併症のリスク軽減に寄与し、社会的にも医療経済的にも大きな意義を持つ研究テーマです。岡山大学の在職時には、progressive addition lens(PAL)やpositively aspherized PALなど近視進行抑制のために設計された特殊眼鏡レンズを用いて、国内初の近視進行抑制法に関するランダム化比較対照試験を実施しました。この成果はEBMを実践する情報インフラとして名高いCochrane共同計画に掲載されています。しかし明らかになった抑制効果は、統計学的には有意であったものの、臨床的治療法として十分効果があるとはいえませんでした(単焦点眼鏡レンズに比較で、屈折度において平均15〜20%の抑制)。現在は院内にて、極低濃度(0.01%)アトロピン点眼液による4度目のランダム化比較対照試験を実施中です。

○自己評価と反省

  • (1) 日本臨床眼科学会、日本眼科学会、日本視能訓練学会、日本弱視斜視学会、日本眼光学学会、日本神経眼科学会、The Association for Research in Vision and Ophthalmology:ARVO(米国)などの学会に参加し、多数の研究発表を行いました。
  • (2) 年間のべ5,484人の各種の弱視・斜視、眼球運動障害の患者さんに受診いただき、週幼児から高齢者に至るまでさまざまな疾患について診療を行い、477件の斜視手術の件数は全国トップクラスです。得られた臨床データは異なる視点から検討を行い、治療の質の向上に努めました。
  • (3) 中四国の眼科専門医を対象とする症例研究会(三海研究会)を、年2回主催し、斜視・弱視・神経眼科の症例に対する討論を行い、診療技術の向上に役立てました。
今年度の方策

.

  • (1) 「低濃度アトロピン点眼液による学童期の近視予防」について倫理審査委員会の承認を得て、12月までにランダム化比較対照試験をスタートさせる予定です。
  • (2) 来年度から参加する医学生の臨床研修について、来年1月までに教室内での役割分担や準備を行います。火曜日の午前中は斜視手術を中心とする眼科マイクロサージャリーの見学や解説、午後からは眼科外来にて担当医師または視能訓練士から眼機能に関する各種の検査法の原理や使用法、結果の解釈について学習します。
     眼科学分野の国試問題についても、随時解説しますので疑問点は遠慮なく質問して下さい。
 〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 川崎医科大学 TEL086-462-1111

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー