川崎医科大学ロゴ
HOME >> 話題リンク-掲載新聞記事
掲載新聞記事
岡山医療ガイド
 附属病院
 附属川崎病院
川崎医科大学 関連記事をご紹介します。

掲載日 タイトル キーワード 掲載紙誌
12月21日 専門医に聞く いかに発見し、どのように治すか C型肝炎に新しい治療法 原因と検査 最新治療 副作用と治療後 日野啓輔教授 C型肝炎 肝硬変 肝がん インターフェロン ベクインターフェロン リバビリン 非アルコール性脂肪性肝炎 発熱 筋肉痛 倦怠感 貧血 山陽新聞
(朝刊)
12月10日 暮らし守れるか 揺れる社会保障 岡山 増える救急搬送 受け入れ打診何ヵ所も / 救急医「踏ん張らないと」 過酷な勤務 制度見直し訴え 医療先進県 救急医療体制 三次救急 コンビニ診療 モンスターペイシェント 鈴木幸一郎部長 高度救命救急センター ドクターヘリ 地域救急医療 山陽新聞
(朝刊)
11月14日 手厚さ全国トップ級 岡山・周産期救急医療 県南2ヵ所 総合センター核に連携 医師確保、育成が不可欠 周産期救急医療 地域周産期母子医療センター ドクターヘリ 産科 小児科医不足 山陽新聞
(朝刊)
11月5日 73大学 地域医療貢献策 09年度医学部定員 693人増、最多に 医師不足 緊急医師確保対策 川崎医科大 救急科 小児科 産婦人科 学生に奨学金 地域医療 山陽新聞
(朝刊)
11月3日 子育てキャラバン隊in倉敷 セミナー「子どもが病気になった時」 発熱 症状プラスの場合は救急で 川崎浩三准教授 髄膜炎 脳炎 肺炎 腎盂炎 突発性発疹 山陽新聞
(朝刊)
10月30日 くらしきの偉人物語 〜倉敷市名誉市民の業績とその生き方〜 第7話 川崎祐宣氏 人情と行動力で築いた医療、福祉、教育の礎 川崎祐宣 川崎病院 旭川荘 川崎学園 総合病院 福祉施設 川崎医科大学 医療 福祉 教育事業 山陽新聞
(朝刊)
10月27日 急病の対処法を勉強 倉敷 子育てキャラバン隊 子ども 小児科医 急病への対処法 川崎浩三准教授 山陽新聞
(朝刊)
10月27日 骨粗しょう症予防など学ぶ 岡山でイベント 骨粗しょう症 椿原彰夫教授 カルシウム摂取 日光浴 ビタミンD 山陽新聞
(朝刊)
10月22日 ズームイン 乳がん受診率アップの方策は 女性自ら意識改革を 園尾博司教授 乳がん 受診率アップ 早期発見 女性の意識改革 山陽新聞
(朝刊)
10月20日 キーマンに聞く 乳がん検診の普及に努める 日本乳癌学会 園尾博司理事長 マンモで早期発見を 乳がん 園尾博司教授 視触診 マンモグラフィーの併用検診 受診率アップ 早期発見 山陽新聞
(夕刊)
10月19日 川崎医大・木村教授ら 岡山などで試験運用 脳卒中 携帯使い遠隔診療 方針決定迅速化に期待 木村和美教授 携帯テレビ電話 遠隔医療システム 診療時間の短縮効果 山陽新聞
(朝刊)
10月13日 乳がん検診 受診率低迷 県内 06年度9.3% 全国38番目 都市部の低さ際立つ 周知や態勢充実が課題 乳がん 視触診 マンモグラフィー併用検診 園尾博司教授 山陽新聞
(朝刊)
10月12日 山陽新聞社倉敷本社開設記念特集 備中力・くらしき力 地域のこころと技 次代へ 山陽新聞社倉敷本社開設記念座談会 「備中力・くらしき力」に注目 自然、文化、産業 潜在力を再認識 / 歴史・人物編 倉敷市名誉市民12人の力 川崎学園理事長 川崎明徳 医療の面で充実 人材養成に力を / 医療・福祉・教育の3分野で大きな足跡 昭和六十一年受章 川崎祐宣 山陽新聞
(朝刊)
10月6日 糖尿病予防法学ぶ 岡山で県医師会公開講座 シンポや講演に患者ら300人 県民公開講座 糖尿病 加来浩平教授 脂肪の多い食事 運動不足 網膜症 山陽新聞
(朝刊)
9月30日 山陽新聞プレミアム倶楽部 News 2008_Vol.4 明日を切り拓く 「新鮮力」 医療福祉で地域社会貢献 医療・福祉人の養成 総合教育センター 山陽新聞
(朝刊)
9月20日 “空飛ぶ救急車” ドクターヘリ 川崎医科大(倉敷) 要請から30分で治療も 年間450件出動 高コスト、「夜間」が課題 フライトドクター 荻野隆光准教授 フライトナース ドクターヘリ事業 夜間フライト 山陽新聞
(朝刊)
9月9日 9月9日は「救急の日」 ドクターヘリの出動増加 救急医療週間 救急医療体制 ドクターヘリ事業 高度救命救急センター 山陽新聞
(朝刊)
9月9日 献血促進へ意見交換 岡山で中四国の関係団体 献血者数 400ml献血 18歳以上 和田秀穂教授 血液型の不思議 山陽新聞
(朝刊)
9月7日 ドクターヘリ チームワークが大切 救急科 荻野隆光副部長 救急現場 救命救急 山陽こども新聞
9月5日 生活ワイド 胸の骨格がへこむ「漏斗胸」に 新たな治療法「ナス法」 手術あとが小さくて済む 学童期が適齢 成人でも増加 小児外科 植村貞繁教授 漏斗胸 鳩胸 ナス法 聖教新聞
8月26日 岡山の病院力 26 川崎医大病院(2) 開胸せず合併症は軽い ピロリ菌検査の威力大 硝子体手術進みほぼ完治 内視鏡使って患者負担軽減 インターフェロンで予防 熱中性子照射療法で成果 食道がん手術 消化器外科 平井敏弘教授 胃がんの早期発見 食道・胃腸内科 春間賢教授 網膜剥離 眼科 桐生純一教授 慢性副鼻腔炎手術 耳鼻科 原田保教授 肝臓がん 肝・胆・膵内科 日野啓輔教授 頭頚部がん 耳鼻科 粟飯原輝人講師 山陽新聞
(朝刊)
8月12日 医療事故 原因究明を 医師会に事務局開設 第三者機関設立へ モデル事業始まる 医療安全調査委員会 地域評価委員会 総合調整医 川崎医科大 病院長 山陽新聞
(朝刊)
8月9日 7月 熱中症3人死亡 県が実態初調査 搬送380人 3分の1入院 塩分含む水取って 35度以上 猛暑日 救急医学 鈴木幸一郎教授 山陽新聞
(朝刊)
7月26日 中性子捕捉療法学会 学術大会が開幕 研究成果や課題論議 平塚純一・放射線医学(治療)准教授 がんの放射線治療 山陽新聞
(朝刊)
7月2日 肝炎混入製剤投与の可能性 1825医療機関公表 厚労省 血液凝固因子製剤を血友病以外の患者に投与した可能性のある医療機関 B型 C型 肝炎ウイルス混入 血液製剤 フィブリノゲン 山陽新聞
(朝刊)
6月26日 21件に助成金 川崎医学・医療福祉学振興会 勝村達喜理事長 教育研究助成 地域連携・交流助成 国際教育・研究交流助成 山陽新聞
(朝刊)
6月17日 川崎医科大でフライトナース勉強会 応急処置技術向上へ 全国の40人が意見交換 フライトナース ドクターヘリ 日本航空医療学会フライトナース委員会 山陽新聞
(朝刊)
6月4日 岡山県の医師派遣事業 第1弾は新見中央病院 今月から内科医1人 医師不足 深刻化 県北部 県内六病院 派遣医 医師派遣 山陽新聞
(朝刊)
6月3日 医療事故究明の第三者機関設立 岡山でモデル事業 中四国初 内科学会、8月にも開始 地域評価委員会 医療事故 再発防止 山陽新聞
(朝刊)
5月17日 硫化水素自殺 巻き添え防ぐには 近づかず風上に 青酸並み強い毒性 低濃度でも刺激臭 鈴木幸一郎・川崎医大 救急医学教授 中毒症状 2次被害 注意点 対処法 山陽新聞
(朝刊)
4月10日 シニアの元気をサポート アタマとカラダの健康度チェック 脳の健康度チェック 体の健康度チェック 砂田芳秀・神経内科部長 藤井昌史・健康診断センター部長 認知症 物忘れ アルツハイマー病 ブレスロー 健康習慣 こんにちは、新聞
4月9日 医師目指し108名 川崎医大入学式  医師への第一歩 山陽新聞
(朝刊)
4月7日 災害時派遣の医療チーム DMAT編成進む 県内5病院41人登録 運用基準あいまい 隊員ら不安募る 石原諭・救急部医師 ディーマット トリアージ 全国のチーム スムーズに連携 山陽新聞
(朝刊)
4月3日 子育てセミナーキャラバン隊in笠岡 急な病気の対処法 小児科医アドバイス 重症サイン 直ちに受診 川崎浩三・小児科学2准教授 子どもの発熱 けいれん 嘔吐 下痢 アレルギー疾患 子どもの生活リズムの乱れ 山陽新聞
(朝刊)
4月1日 山陽新聞プレミアム倶楽部 2008トップインタビュー 40周年へ教育環境再整備 川崎誠治・川崎学園副理事長 再来年に四十周年 学園の特色 附属病院改修工事 山陽新聞
(朝刊)
3月26日 中国・四国 広域がんプロ養成コンソーシアム チーム医療を担うがん専門医療人の育成 がん専門家を大学・病院の連携で チーム医療ががん診療の鍵握る 地域医療人のためのカリキュラム 岡山大学、川崎医科大学の取り組み 川崎医科大 山陽新聞
(朝刊)
3月26日 きしむお産 8 模索 頑張りに応える環境を 下屋浩一郎・川崎医科大附属病院 産婦人科部長、石田剛医師 山陽新聞
(朝刊)
3月24日 県内病院 脳卒中 専門科が増加 有効薬普及社会復帰1.5倍 迅速治療へ体制 川崎医科大附属病院 脳卒中科 山陽新聞
(朝刊)
3月23日 あなたの安心 どうしました 動静脈奇形 今井茂樹・川崎医科大 放射線医学(画像診断) 准教授 朝日新聞
3月14日 人間性豊かな医師に 川崎医科大卒業式 99人が門出 川崎医科大 山陽新聞
(朝刊)
3月14日 医師不足対策 岡山県が奨学金創設 09年度5人 岡山大へ地域枠 川崎医科大 山陽新聞
(朝刊)
3月12日 元気な赤ちゃんを 産科学会など市民講座 岡山 下屋浩一郎・川崎医科大 産婦人科学教授 山陽新聞
(夕刊)
3月9日 検証 新型インフル病床 わずか83床 難しい確保 岡山県内1550床必要 万全の備え急務 大内正信・川崎医科大 微生物学教授 山陽新聞
(朝刊)
2月26日 防ごう生活習慣病 川崎医科大・加来浩平教授に聞く 加来浩平・川崎医科大 内科学(内分泌・糖尿病)教授 山陽新聞
(朝刊)
2月11日 血栓溶解剤24時間投与 脳卒中診療病院の35% 都市部集中 地域で格差 川崎医科大教授ら調査 木村和美・川崎医科大 脳卒中医学教授 山陽新聞
(朝刊)
1月26日 川崎医科大、環太平洋大 岡山県内トップ切り 一般入試スタート 川崎医科大 山陽新聞
(朝刊)
1月22日 医療・健康 岡山の病院力 1 川崎医大病院 救急/tPA治療 心臓手術 外傷 小児 がん/乳がん手術 肺がん手術 前立腺がん手術 角田司、木村和美、種本和雄、鈴木幸一郎、尾内一信、園尾博司、中田昌男、永井敦、今城吉成、山口佳之/川崎医科大附属病院病院長、教授8名、准教授1名 山陽新聞
(朝刊)
1月18日 がん診療連携拠点病院 新たに70施設指定 岡山医療センターなど 川崎医科大附属病院 山陽新聞
(朝刊)
1月5日 医療・健康 新型インフルエンザに備えを 危機想定しワクチン製造 大内正信・川崎医科大教授(微生物学) 山陽新聞
(朝刊)

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー