川崎医科大学ロゴ
HOME >> 話題リンク-掲載新聞記事
掲載新聞記事
岡山医療ガイド
 附属病院
 附属川崎病院
川崎医科大学 関連記事をご紹介します。

掲載日 タイトル キーワード 掲載紙誌
12月25日 C型肝炎専門医インタビュー ここまで進んだC型肝炎の治療法。ぜひ、治癒を目指した治療を 医療費助成制度を利用し、少ない負担で最新の治療を 日野啓輔教授 是永匡紹講師 肝硬変 肝がん C型肝炎ウイルス インターフェロン治療 ペグインターフェロン リハビリン 肝機能検査値 ALT GPT 医療費 助成 高額医療 山陽新聞
広告記事
(朝刊)
12月10日 防災ヘリ「きび」 ドクターヘリにも活用 岡山大、川崎医大と協定へ 県議会知事答弁 救急医療体制 臓器搬送 日本臓器移植ネットワーク 山陽新聞
(朝刊)
12月6日 川崎医大付属病院 椎木講師岡山で講演 「あなたの乳房を守るために」 乳がん検診が大切 食事と運動で発症予防 月1回、自分でチェックを 椎木滋雄講師 しこり 分泌物 リンパ節 転移 視触診 マンモグラフィー検診 自己検診 肥満 閉経 山陽新聞
(朝刊)
11月30日 NASH急増に警鐘 自覚症状ないまま肝硬変進行 岡山の専門医ら研究会 来月13日講座 日野啓輔教授 肝硬変 肝がん 非アルコール性脂肪肝炎 アルコール性肝障害 肝炎ウイルス メタボリックシンドローム 脂肪肝 肝増移植 山陽新聞
(朝刊)
11月25日 子育てキャラバン隊in真庭 セミナー 「子どもが病気になった時」 人込み避け予防接種を 川崎浩三准教授 インフルエンザ 飛沫感染 予防接種 タミフル リレンザ 腹痛 下痢 発達障害 アレルギー ぜんそく 小児外科疾患 山陽新聞
(朝刊)
11月23日 よりよいC型肝炎治療を目指して 座談会 大切な「専門医」と「かかりつけ医」の連携 病診連携が重要 昨日の常識が通じない 社会で患者負担軽減を 他の病気早期発見にも 日野啓輔教授 是永匡紹講師 C型肝炎 B型肝炎 インターフェロン治療 ALT ペグインターフェロン 経口抗ウイルス薬併用療法 山陽新聞
(朝刊)
11月7日 県内産学官が来月新組織 生体信号生かし 福祉機器開発 脳波や筋電活用 川崎医科大 電気信号 義手製作 人工筋肉 リハビリ器具 レスキューロボット 山陽新聞
(朝刊)
10月19日 「予防接種は重要」 岡山で医療フォーラム 市民熱心に学ぶ 寺田喜平准教授 新型インフルエンザワクチン 予防接種 山陽新聞
(朝刊)
10月10日 10月10日は目の愛護デー 目の病気 早期発見、早期治療を 専門医の検診大事 持ちたいかかりつけ医 桐生純一部長、家木良彰副部長、渡邊一郎医長、水川憲一医長 緑内障 糖尿病網膜症 加齢黄斑変症 点眼 網膜レーザー光凝固術 変視症 中心暗点 光線力学的療法 薬物療法 山陽新聞
(朝刊)
10月9日 山陽新聞プレミアム倶楽部  未来創造へ 「進化・深化」 学校法人川崎学園 生活習慣病予防と健康づくり 川崎学園 川崎医科大学附属病院 健康診断センター 人間ドック 糖尿病 高血圧 生活習慣病 山陽新聞
(朝刊)
10月6日 高次脳機能障害 家族のあした 地域の輪 聞いてもらい前向きに 川崎医科大付属病院 高次脳機能障害 記憶障害 高次脳機能障害支援普及事業 山陽新聞
(朝刊)
10月4日 晴れの優良保健師 優良保健師に10人 山陽新聞社会事業団 糖尿病指導へ 効果的プラン 川崎医科大学付属病院健康診断センター 井上雅子 生活習慣病 日本糖尿病療養指導士 山陽新聞
(朝刊)
10月3日 新せとうち産業風土記 第4部 福祉 3 利用者のために 義肢装具 国内リード 経営者の思い開発促す 明石謙名誉教授(故人) オーダーメード 義手 義足 外反母趾 障害者医療 山陽新聞
(朝刊)
9月23日 県内大学 新型インフル流行に備え 欠席の受験生救済へ 追試や日程振り替え 当日不調なら別室でも 川崎医療福祉大 川崎医科大 受験 新型インフルエンザ 山陽新聞
(朝刊)
9月22日 新型インフル 重症化しやすい妊婦の対応 川崎医科大 下屋浩一郎教授に聞く 過剰心配せず薬服用を 産科直接受診避けて 下屋浩一郎教授 妊娠中 免疫機能 重症化 肺炎 早産 流産 タミフル 抗ウイルス薬 予防接種 山陽新聞
(朝刊)
9月19日 新型インフル 感染中に分娩 呼吸管理必要 妊婦対応7施設可能 岡山県内 産婦人科学会地方部会調べ 川崎医科大付属病院 分娩 呼吸管理 山陽新聞
(朝刊)
9月12日 ドクターヘリ 出動命令にドキドキ 奥村澄枝医長 整備士 パイロット 医師 山陽新聞
(朝刊)
9月9日 守ろう大切な命 9月9日は救急の日 岡山県内の救急医療体制 症状別に対応 高度救急隊も発足 活躍するドクターヘリ 応急手当て学ぼう 各消防署で講習会開催 倉敷市339施設に修了者常駐 川崎医科大学附属病院 高度救命救急センター 三次救急 救命救急士 ドクターヘリ 心肺蘇生法 止血法 AED 救急活動計画書 山陽新聞
(朝刊)
8月28日 新型インフルエンザ 大流行を防ぐ 専門家に聞く 下 脳症疑い すぐ受診を 川崎医科大付属病院 異常行動 けいれん 意識障害 糖尿病 呼吸器疾患 妊婦 重症化 県病院小児科新型インフルエンザ対策会議 山陽新聞
(朝刊)
8月8日 ドクターヘリに理解 川崎医大博物館 小中学生らが夏の教室 小中学生 医療 福祉 学ぶ かわさき夏の子ども体験教室 現代教育博物館 荻野隆光副部長 山陽新聞
(朝刊)
7月26日 乳がん検診啓発に尽力 患者の「あげは会」発足25年目 地道に大切さ訴え 不安解消へ相談会も開催 園尾博司教授 乳がん 早期発見 副作用 抗がん剤 自己検診 山陽新聞
(朝刊)
7月16日 活躍の場広がる理学療法士 あす17日は「理学療法の日」 身体機能回復を手助け 介護予防に高まる期待 リハビリ医療の重要な役割担う 運動療法 物理療法 中枢神経疾患 整形外科疾患 訪問リハビリ 通所リハビリ 山陽新聞
(朝刊)
7月14日 難しい小児脳死判定 岡山県内関係者 救急環境整備を 根付くか「命の贈り物」 鈴木幸一郎部長 臓器提供 ドナー 移植コーディネーター レシピエント 山陽新聞
(朝刊)
7月11日 海外で不妊治療 半数が多胎 川崎医科大・大阪市立大調査 下屋浩一郎教授 卵子提供 排卵障害 切迫早産 妊娠時高血圧症候群 朝日新聞
7月6日 医療、救急態勢に課題 脳卒中治療阻む壁 血栓溶解薬は迅速な受診必要 知識不足も一因 木村和美教授 がん 心臓病 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 tPA 急性期患者 山陽新聞
(朝刊)
6月28日 08年度 ドクターヘリ出動5635回 01年度の6倍超 配備16道府県どまり 日本航空医療学会 川崎医科大病院 出動回数 425回 山陽新聞
(朝刊)
6月25日 16個人・団体に 計609万円助成 川崎振興会 川崎医学・医療福祉学振興会 勝村達喜理事長 助成金 山陽新聞
(朝刊)
6月21日 臓器移植の行方 改正A案衆院可決 中 無理のない枠組み整備を 鈴木幸一郎部長 移植医療 臓器提供 ドナー 移植コーディネーター 脳死判定 移植手術 山陽新聞
(朝刊)
6月9日 副作用の潰瘍急増 抗炎症薬NSAIDs 川崎医科大 春間教授調査 用途多様化 複数処方原因か 鎮痛薬 非ステロイド性抗炎症薬 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 春間賢教授 出血性消化性潰瘍 内視鏡治療 対症療法 山陽新聞
(朝刊)
6月8日 子育てキャラバン隊in総社 セミナー「子どもが病気になった時」 発熱 恐怖症を克服しよう 川崎浩三准教授 熱性けいれん 不眠 体力の消耗 山陽新聞
(朝刊)
6月4日 薬 本当に効いてる? ぜん息治療 吸い込むタイプのステロイド 700人対象に調査開始 倫理委が承認 効果にばらつき指摘 金広・岡大講師 中四国の8施設が共同 川崎医科大 吸入ステロイド 肺活量検査 ドライパウダー製剤 朝日新聞
6月3日 現状や正しい知識学ぶ HIV/エイズ撲滅講演会 美作大学 学生ら280人耳傾ける 和田秀穂教授 エイズウイルス 津山朝日新聞(夕刊)
5月1日 新型インフルエンザ 危機への備え 〈下〉 川崎医科大・大内正信教授に聞く 関係者の役割分担急務 大内正信教授 ウイルス 感染 毒性 抗体 発熱 せき 関節の痛み 病原性 H1N1型 山陽新聞
(朝刊)
5月1日 医療・福祉 ドクターヘリ 10年以上の経験が必要 救急車よりゆれ少ない 荻野隆光副部長 ドクターヘリ パイロット ホットライン 山陽こども新聞
4月20日 排尿トラブルに骨盤底筋体操を 泌尿器科学会が講座 永井敦教授 排尿トラブル対策 アンチエージング 抗加齢 朝日新聞
4月19日 脳梗塞に有効なtPA治療 実践病院の1割中止 川崎医大木村教授ら調査 専門医が不足 木村和美教授 急性期脳卒中診療 脳梗塞 tPA 山陽新聞
(朝刊)
4月16日 NICUなど220床追加 補正に計上 24大学病院で 新生児集中治療室 ハイリスク 出産 周産期医療設備 継続保育室 母体・胎児集中治療管理室 朝日新聞
4月14日 完成の北館棟披露 川崎医科大付属病院 450人が祝う 北館棟 落成披露パーティー 角田司病院長 施設見学会 山陽新聞
(朝刊)
4月11日 川崎医科大病院北館棟を公開 救急医療体制を充実 16日から患者受け入れ 北館棟 角田司病院長 山陽新聞
(朝刊)
4月11日 川崎医科大の大槻教授 患者思う気持ち大切に 自作応援歌CD化 来月発売 大槻剛巳教授 生命よ 美しくあれ 山陽新聞
(朝刊)
4月7日 情熱胸に大学生活へ 川崎医科大 入学式 福永仁夫学長 良医を志して 山陽新聞
(朝刊)
4月6日 岡山の病院力 49 川崎医大病院4 健康診断センターオープン チームで一次予防 人間ドック+保健指導 効果的な運動処方提供 食行動の見直しを 生活改善へやる気促す 藤井昌史教授 小島真二講師 健康運動指導士 管理栄養士 保健師 山陽新聞
(朝刊)
4月3日 病院北館棟が完成 川崎医科大 救急体制拡充へ 高度救命救急センター 県内最大規模 救急医療体制 大規模災害 山陽新聞
(朝刊)
4月1日 山陽新聞プレミアム倶楽部 2009トップインタビュー 川崎誠治副理事長 40周年へ教育環境を充実 山陽新聞
(朝刊)
3月28日 増える大学病院の漢方外来 9割近くが開設 10年で3倍増 教育採用きっかけ 薬効のデータ蓄積 川崎医大 米病院と共同研究も 春間賢教授 漢方医学 メイヨー・クリニック 腸閉塞 大建中湯 エビデンス(科学的根拠) 山陽新聞
(朝刊)
3月23日 元気な赤ちゃん授かるためには 男女とも“たばこ厳禁”  山陽新聞医療セミナー 産婦人科医ら4人 妊娠前のアドバイス 永井敦教授 不妊治療 男性不妊 勃起障害 流産 早産 山陽新聞
(朝刊)
3月23日 医療・健康 岡山の病院力 47 川崎医大病院3 閉塞性動脈硬化症 壊死の状態 正確に把握 子宮頚がん 診断に「5分」経験と自信 高血圧 まず生活習慣を改善 大腸がん 腹腔鏡手術で出血少なく 関節リウマチ 生物学的製剤使い効果 正木久男准教授 血管外科手術 バイパス手術 中村隆文准教授 コルポスコピー診断 冨田奈留也准教授 降圧剤治療 山下和城准教授 腹腔鏡補助下手術 守田吉孝講師 薬物治療 山陽新聞
(朝刊)
3月13日 人間性を豊かに 川崎医科大 卒業式 99人巣立つ 植木宏明学長 山陽新聞
(朝刊)
2月27日 サイレントキラー 高血圧腎臓病 予防・治療法 柏原直樹・川崎医大教授に聞く なぜ高血圧は悪い 命かかわる病気へ 「CKD」って 危険な状態を警告 気をつける点は 生活習慣の修正を なぜ腎臓病で高血圧に 塩分量増え悪循環 柏原直樹教授 加齢 高血圧 肥満 メタボ 高血糖・糖尿病 脂質代謝異常 喫煙 慢性腎炎 脳卒中 狭心症 心筋梗塞 慢性腎臓病 CKD 山陽新聞
(朝刊)
2月26日 倉敷市 死因第3位“返上へ” 脳卒中患者の実態調査 来月から 11医療機関と連携 データ基に予防策 川崎医科大附属病院 脳卒中 脳血栓 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 山陽新聞
(朝刊)
2月17日 死期迫った患者の家族に 臓器提供の選択肢提示 県内救急医ら パンフで試行 移植推進へ初取り組み 川崎医科大附属 臓器提供意思表示カード 脳死 臓器移植 山陽新聞
(朝刊)
1月25日 県内大学トップ切り 川崎医大で一般入試 川崎医科大 一般入試 倍率約17倍 若狭久史事務部長 学生指導 地域医療 山陽新聞
(朝刊)
1月20日 川崎医科大学長に福永氏 医療短大は今城氏 川崎学園 理事会 川崎医科大学長 福永仁夫副学長 川崎医療短大学長 今城吉成学長補佐 角田司川崎医科大付属病院長 岡田喜篤川崎医療福祉大学長 三宅博文川崎学園大学事務局長 山陽新聞
(朝刊)
1月10日 「問題患者」 モンスターペイシェント 対策本格化 広域組織で勉強会 岡山県内外の病院、弁護士 マニュアル作成狙う 暴言 暴力 問題患者 モンスターペイシェント 問題患者等対応検討会 MPA 川崎医科大付属 医療崩壊 森定理事務部参与 山陽新聞
(朝刊)
1月8日 第67回山陽新聞賞・奨励賞 喜びの受賞者 学術功労 形成外科の発展に尽力 川崎医科大学形成外科学教授 森口隆彦さん 森口隆彦教授 形成外科 山陽新聞
(朝刊)
1月7日 地域貢献たたえる 第67回山陽新聞賞贈呈式 加計氏(教育功労)ら9人3団体 川崎明徳川崎学園理事長 学術功労 形成外科学 森口隆彦教授 山陽新聞
(夕刊)
1月3日 第67回山陽新聞賞 地域への貢献たたえる 学術功労 診療、教育などに功績 形成外科学の研究 森口隆彦教授 口唇裂 口蓋裂 先天性外表異常 床ずれ 美容外科 山陽新聞
(朝刊)
1月3日 救急搬送出動が急増 岡山市消防防災ヘリ 07年の3倍超 費用や人材確保課題 消防防災ヘリ・ももたろう ドクターヘリ 県内2機の連携 高度救命救急センター 鈴木幸一郎教授 山陽新聞
(朝刊)

お問合せ 個人情報保護方針 サイトポリシー