助教 瀬島寛恵

 

【略 歴】

2009年  University of Nevada, Reno. Department of Biology 卒業
2012年  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 修士課程(医科学専攻)修了(加藤宣之教授)
2016年  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程(医学博士)修了(加藤宣之教授)
2016年  川崎医科大学 微生物学教室 助教 現職

【研究内容】

ヒトT細胞白血病ウイルス1型(Human T-cell leukemia virus type 1: HTLV-1)の研究


近年、加齢に伴う免疫システムの老化、特にT細胞機能の低下・劣化が個体の老化に大きく影響を受けることが報告されており、この「免疫老化」と呼ばれる現象が高齢者におけるがんや自己免疫疾患等の慢性炎症性疾患、さらには易感染性による感染症の増加につながると考えられています。T細胞を感染標的とするHTLV-1は、その感染により成人T細胞白血病(ATL)およびHTLV-1関連脊髄症(HAM: 臓器特異的自己免疫疾患類似の慢性炎症性疾患)を引き起こします。この感染が「免疫老化」を促進する因子と考えられるため、HTLV-1による「免疫老化」関連遺伝子への影響を調べることで、HTLV-1関連疾患の発症機序の解明、新規発症予防法および治療法の開発につながる研究シーズの発見を目標に研究を行っています。

【論 文】

1. Sejima H, Satoh S, Dansako H, Honda M, Kaneko S, Ikeda M, Kato N.
Molecular mechanism underlying the suppression of CPB2 expression caused by persistent hepatitis C virus RNA replication.
Acta Med Okayama, 70(2):75-88 (2016).

2. Satoh S, Mori K, Ueda Y, Sejima H, Dansako H, Ikeda M, Kato N.
Establishment of hepatitis C virus RNA-replicating cell lines possessing ribavirin-resistant phenotypes.
PLoS ONE, 10(2):e0118313 (2015)

3. Kato N, Sejima H, Ueda Y, Mori K, Satoh S, Dansako H, Ikeda M.
Genetic characterization of hepatitis C virus in long-term RNA replication using Li23 cell culture systems.
PLoS ONE, 9(3):e91156 (2014)