作成者別アーカイブ: admin

食と生活リハビリテーション研修会のご案内【H29.12.2開催】

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 嚥下関連 | コメントをどうぞ

「訪問リハビリテーション通信”絆”第44号」

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 訪問リハ | コメントをどうぞ

第7回JUMTEF災害医療研修アドバンスコースのお知らせ【H29.11.11-12開催】

申込用紙DL ⇒ 【提出は協会へ】受講申込書(第7回JIMTEFアドバンスコース)

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

平成29年度医療介護多職種連携体制整備事業のお知らせ

 

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

吃音研修会のご案内【H29.12.16開催】

申し込み用DL ⇒ 「吃音研修会」ご案内

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 吃音・流暢性, 小児言語発達関連 | コメントをどうぞ

第8回訪問リハビリテーション実務者研修会のお知らせ(H29.10/22, 11/19)

みなさまの所属施設等に送付させていただきましたとおり、 今年度も県内リハビリテーション専門職3士会合同で、 訪問リハビリテーション実務者研修会を開催いたします。 『同職種連携』を取り上げますので、急性期や回復期の病院勤務の方もぜひ、ふるっ てご参加ください。 訪問リハの実務についておられない方の受講も大歓迎です。ふるってご参加くださ い。 日本言語聴覚士協会の生涯ポイントの申請ができます。 お問い合わせは 地域医療保健福祉部会 太田千明 YRG02377@nifty.ne.jp まで。 ※受講のお申し込みは、お手数ですが申込用紙に記入の上 FAX でお願いいたしま す。 申込用紙DL ⇒ 第8回 申込用紙

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 訪問リハ | コメントをどうぞ

第4回実務者講習会 受講者募集のお知らせ

第4回実務者講習会 受講者募集への協力のご依頼 一般社団法人日本言語聴覚士協会 会長 深浦順一 介護保険部 黒羽真美 謹啓 時下、貴会におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、本年度も医療保険部・介護保険部合同で実務者講習会を開催しており、10月には「介護予防・地域支援事業に関する講習会」を、地域リハビリテーション活動支援事業等で介護予防に従事する言語聴覚士の実践力の向上を目的に開催いたします。本講習会は初期研修免除要件の一つとなっており、都道府県士会におきまして研修会講師を務める先生方にもお役立ていただける研修会となっております。 ぜひ、士会員の方々にご周知いただき、多くの方々にご参加いただけますよう、ご協力いただきたく存じます。ご多用のところ誠に恐縮ではございますが、実務者講習会の参加者募集へご協力いただけますようお願い申し上げます。 謹白 記 日時:2017年10月28日(土)13:30(受付開始13:00) 〜 29日(日)16:40 場所:日本福祉教育専門学校 ※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。 住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-16-3 最寄り駅:JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」下車徒歩1分 参加費:会員12,000円 / 非会員15,000円 定員:80名 内容:・介護予防総論 ・きこえとコミュニケーション ・介護予防事業において求められる認知症支援についての基礎知識 ・介護予防事業において求められる口腔機能向上についての基礎知識 ・介護保険制度について ・地域ケア会議の基礎知識 ・地域ケア会議実践―資料の読み込み方 ・地域ケア会議実践―課題のとらえ方と提案について ・グループワーク:模擬地域ケア会議アドバイザー体験 申し込み方法:協会HPの実務者講習会ページより申込を行ってください。 <申込期間>8月30日(水)13:00~9月26日(火)13:00 以上    

カテゴリー: 地域包括ケア, 日本言語聴覚士協会関連, 訪問リハ | コメントをどうぞ

発達協会主催2017年度「秋のセミナー」開催のご案内

発達協会主催2017年度「秋のセミナー」開催のご案内 お申し込みお待ちしております! 発達協会HP:http://www.hattatsu.or.jp/ 10月21日(土) 秋1 発達障害がある子とのコミュニケーションを確かにする支援技術-子どもへの理解を深める 発達障害のある子は、多少の差はあれ、コミュニケーションに困難さを抱えています。ただ本人が自覚していることは多くないので、意図せず起こるトラブルに被害的になったり自信を失ったりするケースもあります。支援者には子どもの特性をふまえ、環境調整やコミュニケーション・スキルを支援することが求められます。彼等の友人関係や人間関係への理解も含め、臨床経験豊富な講師陣が事例とともにお伝えします。 1 発達障害がある子のコミュニケーション特性とは 井澤信三先生 (兵庫教育大学) 2 コミュニケーション支援の実際 井澤信三先生 (兵庫教育大学) 3 発達障害のある子の友人関係・人間関係 村上由美先生 (ボイスマネージ) 10月22日(日) 秋3 指導に活かす発達の評価-WISC-Ⅳを中心に 子どもの発達を評価し、認知特性を知る手がかりとなる心理検査。このセミナーでは、代表的な検査のひとつであるWISC-Ⅳを取り上げます。客観的な指標によって、子どもの発達段階、得意・不得意を知り、必要な支援を考えていくことが大切です。結果に基づく学習面での配慮やクラスの環境調整など、豊富な事例とともに講義を進めます。普段、心理検査を取らない方のご受講も可能です。 1 WISC-Ⅳの結果の読み取り方 青山真二先生 (北海道教育大学) 2 検査結果から導き出す学習課題 青山真二先生 (北海道教育大学) 3 検査結果や観察評価から導き出すコミュニケーションや集団生活での配慮 青山真二先生 (北海道教育大学) 11月12日(日) 秋9 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応-感覚統合療法と動作法からのアプローチ 「感覚」の問題に注目が集まっています。DSM-5から、ASDの診断基準には感覚の過敏さや低反応といった項目が設けられました。「感覚」の問題は、偏食が多い、特定の音が苦手など、生活のしづらさにつながります。このセミナーでは、「感覚」のメカニズム等、理論をふまえたアプローチ方法をお伝えします。また身体と心の緊張が高いお子さんへの、動作法によるリラクセーションの実際も学びます。 1 「感覚」の過敏と低反応-子どもの抱える困難さを理解する 岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科) 2 「感覚」への支援の実際-感覚統合療法からのアプローチ 岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科) 3 緊張が高い子へのリラクセーション-動作法を中心に 清水良三先生 (明治学院大学) ☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。 ★お申込み方法 《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。 ・電話:03-3903-3800 ・Fax :03-3903-3836 ・HP :http://www.hattatsu.or.jp/ 《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。 ・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。 《時間》各日10:15~16:20 《定員》約250名(定員になり次第、随時締め切ります) 《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 東京都江東区有明3-6-11 … 続きを読む

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 小児言語発達関連 | コメントをどうぞ

日本通所ケア研究大会in 福山【H29.11月開催】

第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)第13回認知症ケア研修会in福山(参加申し込み) 第16回日本通所ケア研究大会 演題発表 申込書  

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

幸福な長寿社会実現事業研修会【H29.10月11月】

申込用紙DL ⇒ 「幸福な長寿社会実現事業研究会」 参加申し込み

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ