カテゴリー別アーカイブ: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント

岡山ST嚥下カンファレンス講演会のお知らせ【R2.2.7開催】

チラシダウンロード(PDF)→ 岡山ST嚥下カンファレンス20200207 ちらし

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 嚥下関連 | コメントをどうぞ

第10回岡山県訪問リハビリテーション実務者研修会のご案内【R2.2.1-2開催】

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 他団体からのお知らせ, 訪問リハ | コメントをどうぞ

第1回岡山ST地域連携症例検討会のお知らせ【R2.2.14開催】

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 嚥下関連, 地域包括ケア, 訪問リハ | コメントをどうぞ

市町村事業に参加協力するリハ職のスタートアップ研修のお知らせ【R1.12.22開催】

ダウンロード用 → チラシ(2019.12.22)

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 他団体からのお知らせ, 地域包括ケア, 岡山県言語聴覚士会会員向け | コメントをどうぞ

岡山県言語聴覚士会成人部会第1回高次脳機能障害分科会症例検討会【R1.11.2開催】

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

岡山県言語聴覚士会小児部会「第7回勉強会」のご案内【R1.11.20開催】

岡山県言語聴覚士会小児部会の事業として、小児の言語聴覚療法を行っている各施設のSTが集い、小児の発達や言語障害の知識を深めるため、勉強会を続けています。 第7回勉強会となる今回は、川崎医療福祉大学の三村先生に講師をお願いしています。ご多忙中とは存じますが、ぜひ皆様お誘い合わせの上、お越しくださいますようお願い申し上げます。 記 日時 令和元年11月20日(水) 19:00~20:00 (受付18:30~) 講師 三村 邦子 先生(川崎医療福祉大学) テーマ 「構音指導について(仮)」 会場 川崎医療福祉大学 6F東 言語資料室(6305教室) 住所:岡山県倉敷市松島288   対象者:言語聴覚士、関連職員 参加費:県士会員無料 非会員2000円(当日受付にてお渡しください) 締め切り:11月16日(土) ※駐車場は大学の駐車場(有料)もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。   <申し込み方法> 参加申し込みのメールに①お名前 ②所属施設 ③職種 ④ST協会・県士会所属の有無 ⑤緊急連絡先について記入の上、こちらのメールアドレス:ryouiku@shigei.or.jpまで送信してください   <お問い合わせ> 〒701-0202 岡山市南区山田2117 重井医学研究所附属病院 小児療育センター TEL 086(282)6001  FAX 086(282)5345 ※今回は日本言語聴覚士協会の生涯学習プログラムポイントの取得はできません。 岡山県言語聴覚士会 小児部会

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 小児言語発達関連 | コメントをどうぞ

岡山県言語聴覚士会研修部秋季研修会【R1.11.17開催】

県士会研修部秋季研修会開催 ご案内 近年、高次脳機能障害の心理アセスメントにおいてWAISは必須の検査となってきました。この検査は昨年に日本版改訂第四版であるWAIS-Ⅳが刊行されました。知能理論の変遷に伴って新しい検査が設定され、結果の解釈についても新たな理論的枠組みを念頭に行う必要があります。 今回の講習は、最新の知能理論と検査結果の解釈に有用な基礎知識の提供を目的としています。 この度、下記の通り県士会研修部秋季研修会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。 記 日時 11月17日(日)10:00~16:00 受付:9:30 講師 大六 一志先生(日本版WAIS-Ⅳ刊行委員会、 日本臨床発達心理士茨城支部長) テーマ WAIS-Ⅳの基礎的理解と臨床適応 会場 朝日医療大学校 住所:岡山県岡山市北区奉還町2丁目7番1号 対象者:言語聴覚士、リハビリ関連職員 参加費:県士会員無料  非会員 3000円(当日受付) 締め切り:令和1年11月2日(土) ※駐車スペースはありますが、数に限りがあるため、近辺の有料パーキングを使用する可能があります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。 以上 <申し込み方法> 参加申込用紙(Word形式)をダウンロードして下さい。 申込用紙DL ⇒ R1年県士会秋季研修会申込み用紙 申し込み用紙に必要事項を記入の上、件名に「県士会秋季研修会参加」と入力したメールをo-r-hp-st@okayama-reha-hp.or.jpに送信してください。 <お問い合わせ> 〒703-8265 岡山市中区倉田503-1 岡山リハビリテーション病院 リハビリテーション部 言語聴覚室 宮原貴子 電話番号:086-274-7001 E-mail:o-r-hp-st@okayama-reha-hp.or.jp  

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

成人部会高次脳分科会講演会のお知らせ【R1.11.9開催】

岡山県言語聴覚士会成人部会・高次脳分科会 講演会のお知らせ   日時:令和元年11月9日(土) 15:00~16:30 場所:川崎医療福祉大学講義棟4602教室 内容:言語性保続の出現メカニズムとアプローチ方法 講師:宮﨑泰広先生 関西電力病院 リハビリテーション部 関西電力医学研究所 リハビリテーション医学研究部 参加費:県士会は無料、県士会以外は3,000円 参加登録:kousyu@med.kawasaki-m.ac.jp    

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

県士会北部研修会開催【2019.10.26開催】

下記の通りに県士会基礎研修会を開催いたします。 日時:令和元年10月26日(土)14:00~16:00(受付13:30~) 講師:伊澤 幸洋先生(福山市立大学) テーマ:HDS-R、MMSEの理論と解釈 会場:津山中央病院(岡山県津山市川崎1756) 対象者:言語聴覚士、リハビリ関連職員 参加費:県士会会員 無料、非会員 2,000円(当日受付) 申込締切:令和元年10月11日(金) *駐車スペースはありますが、なるべく乗り合わせの上お越しください。 <申し込み方法> 申込用紙をダウンロード、必要事項を記入の上、件名に「県士会北部研修会参加」と入力したメールをo-r-hp-st@okayama-reha-hp.or.jpに送信してください。 申込用紙ダウンロード ⇒ R1年北部研修会申込用紙 <お問い合わせ> 〒703-8265 岡山市中区倉田503-1 岡山リハビリテーション病院 リハビリテーション部 言語聴覚士室 宮原貴子 電話:086-274-7001  E-mail:o-r-hp-st@okayama-reha-hp.or.jp

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

令和元年度 失語症者向け意思疎通支援者養成研修開催について

令和元年度失語症者向け意思疎通支援者養成研修開催について 市民公開講座(定員100名)のみ締め切りを10月3日まで延長しました 【市民公開講座】 日時:令和元年10月6日(日) 10:00~12:00 場所:きらめきプラザ 講演:『失語症とは何か』 講師:中村 光先生(岡山県立大学 保健福祉学部教授) 岡山県では、以下のとおり失語症者向け意思疎通支援者養成研修会の開催を予定し、受講者を募集しますのでお知らせします。   失語症とは 失語症とは、脳卒中などの大脳疾患により、ことばを聞いて理解することや考えをことばにすることができない、文字が読めない、字が書けないなど言語機能に支障をきたす障害です。   失語症者向け意思疎通支援者とは 失語症状によって会合や買い物、催し物、書類手続きなどにおける言語が関わるやりとりが困難となり、結果として日常生活が制限され社会参加が阻害されます。そこで、各市町村が行う地域生活支援事業の意思疎通支援サービスの対象として、失語症者が新たに加わりました。 意思疎通支援サービスでは、失語症者から要請を受けて派遣される失語症者向け意思疎通支援者が、日常生活で必要な買い物・書字記入など言語でのやりとりを必要とする場での意思疎通支援を行います。本研修講座は、その支援者を養成する講座です。講座修了者には認定証が授与され、派遣のための支援者として行政登録されます。   研修の概要 1.          趣旨 失語症の認知拡大および失語症者の社会参加の促進を図ることを目的とし、意思疎通支援者を養成する。   2.          研修会内容/日程表 1) 失語症者の日常生活や支援のあり方への理解 2) 1対1のコミュニケーション技法の習得 3) 日常生活上の意思疎通を支援するための最低限必要な知識及び技術の習得 ・  講義5日(12時間) ・  実習7日程度(28時間) <講義内容、日程の詳細> 会場:きらめきプラザ 岡山市北区南方2丁目13−1(岡山駅より徒歩15分) 3.          受講対象者 平成31年4月1日現在、18歳以上の方で 1) 岡山県内に在勤・在学・在住の方 2) … 続きを読む

カテゴリー: 一社)岡山県言語聴覚士会主催イベント, 地域包括ケア, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ