カテゴリー別アーカイブ: 他団体からのお知らせ

一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座のお知らせ

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座 がん領域における看護ケアとリハビリテーション」 〜発症から終末期までのエビデンスと臨床介入のポイント〜 日時:2018年7月28日(土)10:00〜16:10 会場:広島国際会議場(広島市中区中島町1−5 平和記念公園内) 講師:中木 哲也 先生(たにぐち整形外科クリニック) :櫻木 聡 先生(名古屋医療センター) 受講費: 12,800円(税込) 内容:がんの急性期から終末期の対応まで網羅するベテランの”経験知”が詰まった集中プログラム 1.     がんって何?その知識を知ろう ・がん患者を診るために必要な検査データ・画像読影のポイント ・ここだけはおさえよう!がんの病態・病期別(TNM)分類 ・これは使える!がん領域でよく使う評価スケール 2.     頭の中のゴチャゴチャを一発整理!がんの治療と副作用 ・がんの三大治療「手術」「放射線」「化学療法」別看護ケア・リハビリノポイント ・がん治療でよく聞く「レジメン」って何? ・有害事象「倦怠感」「吐気」「血球減少」の発現時期とケア・リハビリの注意点 3.     がんの進行期にみられる離床の問題点とその対策 ・起こしていいの?骨転移の病態と離床の可否の判断 ・すぐに疲れてしまう・・・もしかして低栄養?栄養評価の方法を学ぼう ・この浮腫は治るの?がん患者におけるリンパ浮腫対策のポイント 4.     がんの終末期に「コメディカルができること」と「限界点」 ・鎮痛薬の種類を見れば痛みの程度がわかる~薬剤別にみた副作用・活動時の注意点~ ・部屋に入りづらい・・・メンタルサポートとコツと患者家族とのコミュニケーション術 ・終末期の患者さんが呼吸苦を訴えている!そんなときにできる呼吸ケア5選 ・在宅における看取りを決意 退院時にしておくべき準備と地域連携のポイント 申込み:ホームページよりオンラインで申込み HP: https://www.rishou.org// 問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585   ●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座 早期離床のリスク管理 〜「起こしたから悪くなった」といわれないために~ … 続きを読む

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

間接法による吃音訓練法研修会(基礎編)【2018年10月】

日程:2018年10月20日(土)/ 2018年10月21日(日) 参加費:10000円 講師:都筑澄夫(RASS吃音研究会代表/都筑吃音相談室) 会場:大阪保健医療大学(2号館) 〒530-0043 大阪市北区天満1丁目17番3号   詳細については、http://rass.jp/for_st/information_kensyu.html をご確認下さい。  

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 吃音・流暢性 | コメントをどうぞ

STの方向け☆発達協会主催2018年度「実践セミナー」開催のご案内

お申し込みお待ちしております! 発達協会HP:http://www.hattatsu.or.jp/ 7月31日(火)8月1日(水) E 読み書き・算数障害の指導 全般的な知的発達に遅れはないのに、読み書きや算数など、一部の領域だけ極端に弱さがある子ども。読み書き・算数障害-学習障害-は、脳機能の障害と考えられています。脳機能の障害だからこそ、指導者には子どもの認知特性を把握し、子どもに合わせた指導をすることが求められます。このセミナーでは読み書き・算数障害のメカニズムをふまえた指導法を、ICT教材の活用、視覚認知のつまずきへの対応等を含め、幅広く学びます。 7月31日(火) 小池 敏英先生 (東京学芸大学) 1.読み書きが苦手な子への支援① [文字獲得の道筋] 2.読み書きが苦手な子への支援② [実際の指導] 3.読み書き指導とICT 8月1日(水) 1.発達障害のある子の視覚認知のつまずき 本多 和子先生 (医療法人 昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック) 2. 算数学習の構造とつまずきやすいところ 熊谷恵子先生(筑波大学) 3.算数学習の指導の実際         熊谷恵子先生(筑波大学) 8月8日(水)・9日(木) N 脳の働きに配慮した指導の実際 板書が遅い、気が散りやすい、忘れっぽい…といった子どもがいませんか?これらの困難さは認知面の偏りや未熟さが原因といわれています。認知面の偏りや未熟さについて学ぶことが発達障害への理解を深め、有効な指導・支援につながります。このセミナーでは神経心理学の視点から脳の働きを理解した上で、ワーキングメモリ、実行機能、視覚認知といった各認知機能に見られる弱さとその支援について、事例とともに学びます。 8月8日(水) 1.認知機能の評価①[神経心理学の視点から] 坂爪 一幸先生 (早稲田大学) 2.認知機能の評価②[評価からつなげる指導法] 坂爪 一幸先生 (早稲田大学) 3.視覚認知のつまずきとその支援                梅田 英子先生 (特別支援教育士) 8月9日(木) 1.発達障害のある子の実行機能と支援              池田 吉史先生(上越教育大学) 2.ワーキングメモリの働きとメカニズム[発達障害のある子を中心に] 河村 暁先生 (発達ルーム そら) 3.ワーキングメモリの弱さに配慮した学習支援[読み書き・文章理解・算数について] 河村 暁先生 (発達ルーム そら) ☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。 ★お申込み方法 《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。 ・電話:03-3903-3800 ・Fax :03-3903-3836 ・HP :http://www.hattatsu.or.jp/ … 続きを読む

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 小児言語発達関連 | コメントをどうぞ

第42回日本高次脳機能障害学会学術総会【2018.12月開催】

—————————————————————— 第42回日本高次脳機能障害学会学術総会 ——————————————————————   メインテーマ: 「 Neuropsychological rehabilitationの原点とトピック 」 会 期: 2018年12月6日(木)、7日(金) 会 場: 神戸国際展示場(1、2号館)(神戸市中央区港島中町6-11-1) 会 長: 種村 留美(神戸大学生命・医学系保健学域リハビリテーション科学領域運動機能障害学分野 教授) 一般演題募集期間: 2018年5月16日(水)~ 6月27日(水)正午 ホームページ: http://jshbd42.umin.jp/   ——————————————————————- 第42回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナー ——————————————————————-   テーマ 「 進行性失語 」 日 程: 2018年12月8日(土) 会 場: 神戸国際展示場2号館(兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1) 定 員: 500名 受講費: 10,000円(*) お申込受付: 2018年9月14日(金)より ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html   * 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。   ——————————————————————   ※ 上記内容は変更となる場合がございます。ご了承願います。 … 続きを読む

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

日本高次脳機能障害学会 2018年夏期教育研修講座【2018.7月開催】

Aコース「 失語症候とその対応 」 日 程: 2018年7月14日(土) 定 員: 500名 受講費: 12,000円(*)   Bコース「 神経心理症候とその対応 」 日 程: 2018年7月15日(日) 定 員: 500名 受講費: 12,000円(*)   会 場: パシフィコ横浜 アネックスホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1) お申込受付: 受付中(定員に達した時点で締め切らせていただきます。) ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/02_index.html   * 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 失語症・高次脳機能障害関連 | コメントをどうぞ

日本ケアレク研修大会2018

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

第45回PT,OT,ST養成施設教員等講習会の開催について

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

介護福祉人材戦力シンポジウム【H30.6月開催】

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

介護サービス博覧会中四国【H30.6.20-21開催】

カテゴリー: 他団体からのお知らせ | コメントをどうぞ

第10回JIMTEF災害医療研修ベーシックコース 関西開催お知らせ

申込用紙DL ⇒ 申込書【提出は協会へ】(第10回JIMTEFベーシックコース)

カテゴリー: 他団体からのお知らせ, 災害リハビリテーション | コメントをどうぞ