TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉学部 − 臨床心理学科 − 学科概要
臨床心理学科
  • point1
  • point2
  • point3

学科概要

めざすは、臨床心理の専門家。医療福祉の現場での活躍が期待される。

臨床心理学科では、医療・福祉の分野を中心に、心理的な援助を必要とする人々を科学的な視点から理解し、心理検査や心理療法などの知識や技能を活かして個々に応じた心理的な対人援助サービスを提供できる人材を育てます。そのために、川崎医科大学附属病院をはじめとする医療機関・福祉施設で、より実践的な実習を行い、認知症や緩和ケアなど現代社会が抱える問題などに対処できる知識と技能を修得します。また、援助を必要とする人々をより深く理解するために、臨床心理学の理論、心理検査や心理療法などの基本的な知識と技能を学びます。さらに、発達心理学やパーソナリティ心理学など、幅広い心理学の基本的な原理や法則などを修得し、人間の多様性に対応できる、心温かい豊かな人間性を育みます。


News & Topics

現場と教育をつなぐ附属病院「臨床心理センター」。

川崎医科大学附属病院「臨床心理センター」は、全国の大学病院でも珍しい、臨床心理士を必要とするさまざまな部署の要請に応える独立した機関です。本学科では、このセンターを活用して、臨床現場を体験する実習を行っています。

また、ここに在籍している臨床心理士が本学科の教員も兼務しており、現場での実務を踏まえた指導を受けることができます。センターでは本学科の卒業生も臨床心理士として活躍しています。



教育方針・目的・教育目標

教育方針

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応える。

目的

本学科は、人間の心を科学的に捉え、精神的健康を求める人々に対して適切かつ積極的な援助ができる人材の養成を目的とする。

教育目標

  1. 医療機関や福祉施設などでの実践的な臨床心理学実習を通して、心理専門職に求められる対人援助サービスを行うための基本姿勢を養う。
  2. 心理検査や心理療法など、臨床心理学の実践的な知識と技術を修得し、それらを医療機関や福祉施設で活かせる基本的な能力を養う。
  3. 心理学の幅広い知識や技能を学び、人間の多様性に対応できる、心温かい豊かな人間性を育む。

3つの方針(ポリシー)