TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉学部 − 保健看護学科 − 学科概要
保健看護学科
  • point1
  • point2
  • point3

学科概要

これからの医療ニーズに応える看護職者を育成。

本学科は、病院をはじめとする医療機関での治療・ケアにとどまらず、地域医療や在宅医療など多様化する医療ニーズに応える看護職者を育成します。保健・医療・福祉の視点を身につけ、他職種と連携したチームケアについての理解を深めるほか、地域に暮らす人々の健康問題や、医療安全・危機管理、災害などにも対応できる知識と技術を修得します。

隣接する川崎医科大学附属病院は、実践力を養うための充実した実習施設であるとともに、多くの本学科の卒業生が活躍しており、将来を具体的にイメージできる場所として学生のキャリア形成にも役立っています。


News & Topics

保健看護学実習開始宣誓式

保健看護学実習開始宣誓式

毎年5月に2年生が保健看護学実習開始宣誓式に臨みます。この式は「保健看護学実習を開始するに当たり、専門職業人を志すものとしての意識を高めるとともに、医療チームの一員として責任のある行動をとることを再確認すること」を目的としています。

2年生は、これから臨む保健看護学実習に向けて自分達で考えた近いの詞を述べます。2016年度は、『1.常に課題を見つけ解決の努力をする 2.学ばせていただけるという環境に感謝する 3.高い倫理観を持って、責任ある行動をする 4.広い視野を持ち、根拠に基づいた看護を実践する 5.患者さんの声に耳を傾け全人的に支えることができる看護師になる』という5つの誓いを胸に、多くのことを吸収して、将来につながるような実習になるよう努めることを宣誓しました。



教育理念・目的・教育目標

教育理念

保健と看護を統合して学び、健康から疾病までを一連のスペクトルと捉えて、常に人と悲しみや喜びを分かち合い、全人的なかかわりができることを基本姿勢とする。そして、豊かな人間教育の上に専門の知識や技術を習得して、保健・看護・医療・教育等の幅広い分野で活躍できる人材を育成する。

目的

保健看護学科は、人々の健康を包括的に捉え、科学的根拠に基づいた知識と技術を用いて、人々の幸せに貢献する看護専門職業人の養成を目的とする。

教育目標

  1. 保健・看護・医療・福祉の視点を持ち、看護職者として他職種と連携してチーム医療について理解を深める。
  2. 看護職者として必要な知識、論理的思考に基づく判断力と的確な基本技術を備えた包括的な看護実践能力を身に付ける。
  3. 医療安全や危機管理、災害で生じる健康問題への対応ができる基礎的知識と技術を身に付ける。
  4. 地域社会全体の健康問題を分析し、問題解決できる基礎的能力を身に付ける。
  5. 国際交流を通じて異文化における保健・看護・医療・福祉に対する理解を深める。

3つのポリシー