TOP > 学部 ・大学院 > 医療技術学部 − 健康体育学科 − 学びの特色
健康体育学科
  • Point1
  • Point2
  • Point3

学科概要

健康づくりを指導するための知識と実践力を身につける。

科学的な根拠に基づいて「健康づくり」を指導できる人材を育成します。日常の活動や労働、スポーツ活動を支える行動体力のほか、病気からからだを守る防衛体力について、体育学・医学・健康学の3つの領域から学べるカリキュラムを設定しています。

スポーツや健康づくりの場には、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人がいます。学びを通して、各年齢層の人に適切に対応できるコミュニケーション能力や、やる気を促し運動を継続させる指導力も身につけます。


News & Topics

地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場。

地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場。

学内のグラウンドやプールを開放し、倉敷市と連携した中高年者向けのスポーツ教室や、自閉症児を対象とした水中運動教室など、さまざまなボランティア活動を行っています。

学生が自ら運動プログラムなどを作成して実施。地域住民や子どもたちとの触れ合いを通して、指導者に求められる人間性も見につけることができます。



教育理念・目的・教育目標

教育理念

健康学、体育学、医学における専門教育を行い、科学的な健康・体力づくりの推進役として幅広いライフサイクルにおいて活動できる人材の育成を目指す。

目的

健康体育学科は、科学的な健康・体力づくりの推進役として、個々人の身体機能や生活環境を考慮した適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、並びに学校での健康教育に関わる教員の養成を目的とする。

教育目標

  1. 運動指導系、学校教育系、社会健康系の3つの履修モデルの中から、各自の進路に合わせた科目を履修し、各々の専門性を高める。
  2. 学内外の実習を通して、健康体育学の理論と実践の融合を学ぶ。
  3. 健康運動指導士、健康運動実践指導者、保健体育科教諭、養護教諭などの運動指導並びに健康教育に関する資格を取得する。
  4. 社会・地域との連携を図り、幅広いライフサイクルにおいて活躍できる感覚を養う。
  5. 国際交流を通して、異文化に対する理解を深める。

3つのポリシー