TOP > 学部 ・大学院 > 医療技術学部 − リハビリテーション学科 理学療法専攻 − 学科概要
リハビリテーション学科理学療法専攻リハビリテーション学科作業療法専攻へ
リハビリテーション学科理学療法専攻
  • Point1
  • Point2
  • Point3

学科概要

多様な分野で社会に貢献できる理学療法士を養成。

医療・保健・福祉などさまざまな分野で社会に貢献できる理学療法士の養成をめざします。

理学療法士は、からだに障がいのある人に対し、座る、立つ、歩くなどの基本動作能力の回復や維持、障がいの悪化予防のため、運動療法、日常生活動作訓練、物理療法を行う専門職です。近年では心疾患や呼吸器疾患、さらに、糖尿病などの内科的治療を要する疾患の管理やスポーツ医学の分野でもニーズが高まっています。

リハビリテーションを推進するチームの一員として活躍が期待されています。


News & Topics

社会的ニーズが高まる理学療法士

社会的ニーズが高まる理学療法士

近年、心疾患や呼吸器疾患、さらに、糖尿病などの治療やスポーツ医学の分野でも理学療法が導入されています。

理学療法士の活躍の場は、在宅・地域リハビリテーションや各種医療・福祉施設はもちろん、行政、教育、介護保険関係など、幅広い領域に広がっています。


教育方針・目的・教育目標

教育方針

少子高齢社会において、高齢者や障害者に対してリハビリテーションの理念に基づき、その機能回復や生活の自立および社会参加を支援できる優秀な人材の育成を目指す。

目的

リハビリテーション学科は、高齢者や障害者の機能回復や、生活の自立および社会参加を支援できる専門知識・技術と豊かな人間性の備わった理学療法士・作業療法士の養成を目的とする。

教育目標

  1. 人の多様性を理解し、尊敬する心を養う。
  2. 高い知識・技術を修得させ、応用力を養う。
  3. 高い倫理観と責任感および豊かな人間性を養う。
  4. 現場・対象者から自ら学ぶ姿勢を持つ。
  5. チーム医療について理解を深める。

3つの方針(ポリシー)