TOP > 学部 ・大学院 > 医療技術学部 − 臨床工学科 − 学科概要
臨床工学科
  • Point1
  • Point2
  • Point3

学科概要

社会のニーズに応える臨床工学技士を育成。

医学と工学の専門知識と技術を兼ね備え、医療機器に精通した臨床工学技士を養成します。医療技術の発展に伴った医療機器の高度化・精密化により社会から要請されて生まれた臨床工学技士は、医療従事者の中で唯一、専門的な工学的知識を持った専門技術者です。

特に、医療の安心安全をサポートすることで、医療界に大きく貢献します。優れた臨床工学技士養成のために、医学、工学と、これらが融合した臨床工学の分野を3本柱として系統的に教育を行います。


News & Topics

学生が岡山県臨床工学技士会の活動に参加。

学生が岡山県臨床工学技士会の活動に参加。

岡山県臨床工学技士会が運営する講演会に、本学科の学生が協力しています。学生が学びの成果をまとめて自ら資料を作成し、学会発表も行っています。

臨床工学技士として働く方々と交流できる貴重な機会でもあり、さまざまな面で学生の学習意欲やモチベーションのアップに役立っています。



教育方針・目的・教育目標

教育方針

豊かな教養と高い倫理観に裏付けられた医療従事者としての感性を有し、医学と工学を基礎とする臨床工学の知識と技術を兼ね備え、さらにそれを維持・発展できる人材の育成を目指す。

目的

医学と工学を基礎とする臨床工学の知識・技能と、科学的思考力および医療従事者としての倫理観を身につけた臨床工学技士の養成を目的とする。


教育目標

  1. 工学および医学の基礎知識を学び、医療機器の操作・管理技術を習得する。
  2. 基本的な教養。倫理観と責任ある態度を身につけるとともに豊かな人間性を育む。
  3. 自ら学ぶ能力と科学的な思考力を身につけるとともに研究心・探究心を養う。
  4. 異文化に対する理解を深め、国際感覚を養う。

3つの方針(ポリシー)