TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉マネジメント学部 − 医療福祉デザイン学科 − 学科概要
医療福祉デザイン学科
  • point1
  • point2
  • point3

学科概要

医療福祉の現場をサポートするデザインリーダーを育成。

快適性を追求する現代社会では、病院や福祉施設も例外ではなくなっています。

デザインの力を応用して、医療福祉施設の利用者さんとスタッフがより理解しあえる環境の整備や、新しいコミュニケーションの形などを主体的に提案し、実践できる人材の育成をめざします。高いデザインスキルと医療福祉の知識を兼ね備えたデザイナーやイラストレーターの育成を柱に、医療福祉施設と社会を結ぶ創造力を育みます。


News & Topics

学生が主体となって取り組む「病院プロジェクト」

学生が主体となって取り組む「病院プロジェクト」

川崎医科大学附属病院をはじめ、地域の病院と連携した「病院プロジェクト」を展開しています。岡山済生会総合病院、水島中央病院では、学生が主体となってデザインを用いた問題解決に取り組み、実際に提案が採用されました。

これまでになかった新しい試みとして、新聞などのメディアにも取り上げられ、さまざまな医療機関から注目を集めています。



教育方針・目的・教育目標

教育方針

人間の幸せに寄与するデザインを追求し、豊かな人間環境の創造に貢献し得る人材を育成する。

目的

医療福祉デザイン学科は、医療福祉分野において、デザインの力を応用して主体的に価値創造と問題解決ができる人材の養成を目的とする。

教育目標

  1. 医療福祉環境を含めた社会全体における相互の信頼関係を育み、デザインによるコミュニケーション能力を養う。
  2. 医療福祉現場におけるさまざまな問題を、主として利用者の観点から発見し、それを解決するためにデザインのセンスとスキルを応用できる能力を養う。
  3. イラストレーション能力を活かして、医療福祉業務を高度にサポートする技術を修得する。

3つの方針(ポリシー)