TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉学研究科− 臨床心理学専攻 - 特長

臨床心理学専攻(修士課程・博士後期課程)

心のケアの現場に即応する幅広い実践力を身につける

大学院修士課程においては、心理学の多岐の分野におよぶ講義や付属の心理・教育相談室や学外での実習を通して、臨床心理士として将来高度で専門的な業務に従事するための基礎となる知識と実践的な技能を身につけます。

修士課程におけるもう一つの目的は研究者としての素地を養うことです。ものごとを論理的にとらえ、人の心理現象や行動の奥に隠されている仕組みを解明していくための、科学的な研究手法を身につけて行きます。その成果を修士論文として提出することになります。

2年という限られた在学年限の中で、このような目的を達成するためには計画的に時間を使っていく必要があります。比較的早期に自分の研究テーマを明確にし、自主的に研究を進めていく態度が重要です。また、この間に自分の将来の進路について明らかにしていく必要があります。心理臨床の仕事に就くことを希望する人は、実習経験を通して自分の興味関心を明確にし、職業領域を選択する必要があるでしょう。また、研究者としての路を希望する人は博士後期課程への進学を考慮に入れた研究計画が修士課程の段階で必要になるでしょう。

心の専門家「臨床心理士」資格取得への道を開く臨床心理士養成の第1種指定校

臨床心理士の職能が注目されています。これからの社会において、従来の医療や福祉の枠を超えた心の専門家、「臨床心理士」の養成が大変重要な課題です。本専攻は、臨床心理士養成の第1種指定校であり、2年の修士課程終了後、直近の臨床心理士資格認定試験を受けることができます。実践の場で役立つ臨床心理士を育てるため、理論と実践に関わる領域の諸分野の科目を配し、個人の能力を伸ばしていきます。

理論と応用に強い臨床心理士(候補)を養成

臨床心理士には、理論と応用が求められます。本専攻では、人間の精神活動の基礎を学び、心理査定、心理療法、精神病理学などで臨床心理学の本質を理解していきます。これらを把握し地域社会でのさまざまな精神的問題を解決する能力を養うのが目的です。学内実習施設である心理教育相談室では、地域の方々の心の問題に応じることを通して、臨床家としての基本的技能や倫理的態度を修練します。さらに学外実習では川崎医科大学附属病院社会福祉法人旭川荘、関係病院などでメディカルスタッフとの協力の仕方を習得します。知識と臨床経験を広くより豊かなものにすることを目標にしています。