TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉学研究科

医療福祉学研究科

教育理念

医療福祉学研究科は、WHOの国際生活機能分類(ICF)で提唱されている「医学モデル」と「社会モデル」の統合のための理論とその応用を視野においた新しい学問体系としての「医療福祉学」の構築を目指す。

人間愛と生命の尊さに立脚した医療福祉分野の高度な専門性を有し、少子高齢化の進展する社会で必要とされる有為な指導的人材を養成する。

目的

医療福祉学研究科は、健康問題ないし生活問題を抱える人びとに対して、それぞれの職能に応じた「支援」や「操作」のあり方を探求する高度な専門性と優れた実践応用能力を備えた、高度職業人・教育者・研究者の養成を目的とする。

教育目標

  1. 本学園および社会福祉法人旭川荘等の病院や福祉施設における実践現場と連携し、実習・演習等をより体系的に高度な専門技能の向上をはかる。
  2. 専攻の枠を超えた単位履修により関連領域の基礎的素養を習得する。
  3. 社会的に要望の高い医療福祉の特定専門領域についてのコース制を通して高度専門職業人としての能力を身につける。
  4. 学会での発表、学術誌への投稿、学内公募研究への応募にチャレンジすることにより、研究能力を身につける。

3つの方針(ポリシー)