News&Topics

TOP > 生涯学習・公開講座TOP > News & Topics 2013

生涯学習・公開講座 News & Topics一覧

2013年度教養講座を開催しました

2013/11/20

教養講座を開催しました

11月13日(水)、16日(土)と2回にわたり、2013年度の教養講座を開催しました。今回の教養講座は、「実は…だから…メディカルイラストレーション」というテーマで2回シリーズとなっており、初回は「メディカルイラストレーションとは」、2回目は「医師と医師・医師と患者・患者と家族 イラストレーションの果たす役割」というテーマで医療福祉デザイン学科のレオン佐久間教授による講義でした。

初回の講座では、メディカルイラストレーションとは、医学と臨床の知識を基に、重要な医学情報を可視化する視覚表現手段であり、メディカルイラストレーターは、言わば「医学絵師職人」であると解説しました。また、メディア文化の変貌や景気低迷の社会状況から、デザイン職の需要が極端に少なくなっている状況の中で、とりわけメディカルイラストレーションについては、医学医療の飛躍的な進歩に比例して必要とされている分野であることを解説しました。

続く2回目の講座では、メディカルイラストレーションには3つの役割があり、医療従事者間の情報の共有、医療従事者と患者間の相互理解、患者と家族・親族の共通認識であると解説しました。

受講生からは、「情報を共有するには、イラストはとても有効であることが分かった。」あるいは、「目から鱗の講座であった。メディカルイラストレーションの将来に期待したい。」等々の感想をいただき、大変有意義な講座となりました。

本学では、今後も様々な形で広く地域社会へ情報を発信していきたいと思っています。