メニュー
TOPへ
川﨑祐宣メモリアルギャラリー
ひとすじに生きた
人生を決めた恩師との出会い
医は仁術
メイヨークリニックとの出会い
天を敬い人を愛する
松島の地に医学の塔を
医療と福祉の融合を目指して
日中友好の架け橋に
主要諸室・設備概要
平断面図
フォトギャラリー
[年譜]
明治37年(1904) 鹿児島県姶良郡横川町中の991番地にて出生(2.22)
大正 5年(1916) 鹿児島県立加治木中学校入学
11年(1922) 第七高等学校造士館入学
昭和 2年(1927) 岡山医科大学入学
6年(1931) 岡山医科大学卒業・津田外科教室勤務
11年(1936) 岡山市立市民病院外科医長
13年(1938) 外科昭和病院を開業
14年(1939) 外科川﨑病院を開院
24年(1949) 岡山市医師会長(昭27.2まで)
岡山市医師会看護学校長
25年(1950) 財団法人川崎病院設立、理事長・病院長
29年(1954) 岡山県病院協会長(昭31.3まで)
病院と社会福祉事業視察のため約6か月欧米出張
31年(1956) 郭沫若氏招待により中華人民共和国視察
32年(1957) 社会福祉施設旭川荘開設(旭川療育園、旭川学園、旭川乳児院)理事長(昭60.3まで)
34年(1959) 岡山対癌協会発足、発起人
35年(1960) 総合病院川崎病院・川崎癌研究所設立、病院長(昭48.5まで)
川崎高等看護学院開設、学院長(平2.3閉校)
36年(1961) 医学博士(亜型吉田腫瘍腹水細胞の物質代謝に関する研究)
37年(1962) 改組岡山県病院協会発足、会長(昭46.3まで)
43年(1968) 川崎学園設立計画発表(1月)
岡山市市政顧問
45年(1970) 学校法人川崎学園創立、理事長(昭63.3まで)
川崎医科大学開学、附属高等学校開校、開学式典(6.1)
46年(1971) 川崎病院の名称を川崎医科大学附属川崎病院に変更
47年(1972) アメリカ医学教育事情視察
48年(1973) 川崎医療短期大学開学、学長(昭49.3まで)
川崎医科大学附属病院開院、病院長(昭51.5まで)
49年(1974) 川崎リハビリテーション学院設立
51年(1976) 日本病院会学会大会長
52年(1977) ミネソタ大学との友好関係締結
54年(1979) 財団法人川崎病院を財団法人川崎医学振興財団に変更、
理事長(平4.3まで)
川崎学園学術友好訪中団派遣、団長
57年(1982) 北京第二医学院(現首都医科大学)と友好関係締結
岡山県医師会記念講演「医学教育について」
59年(1984) 上海中医学院(現上海中医薬大学)と友好関係締結
60年(1985) 旭川荘名誉理事長
62年(1987) 上海職工医学院(現 上海健康職業技術学院)と友好関係締結
63年(1988) 川崎学園名誉理事長、川崎学園長
平成 3年(1991) 川崎医療福祉大学開学
4年(1992) 川崎医学振興財団名誉理事長
8年(1996) 川﨑祐宣永眠(6.2)
[表彰]
昭和38年(1963) 岡山市文化功労賞受賞
44年(1969) 岡山県済生賞受賞
46年(1971) 山陽新聞賞(教育功労)受賞
47年(1972) 三木記念賞受賞
55年(1980) 岡山県文化賞受賞
58年(1983) 倉敷市文化章受章
59年(1984) 中華医学会名誉会員称号(日本人として第1号)を受ける
60年(1985) 岡山県名誉県民顕彰
61年(1986) 倉敷市名誉市民の称号を受ける
62年(1987) 首都医学院(現 首都医科大学)名誉教授の称号を受ける
63年(1988) 上海中医学院(現 上海中医薬大学)名誉教授の称号を受ける
 このページのトップへ