TOP > 図書館TOP > 文献複写・現物借用
文献複写・現物借用

文献複写・現物借用依頼する時の注意

図書館間の相互利用(文献複写・図書貸借)業務は、大学図書館に欠かせない利用者サービスですが、複写をお願いする大学(図書館)への責任・礼儀が伴う業務です。そのことをご理解の上、以下の点に注意してご利用ください。

  • 川崎学園のいずれかの図書館(医福大・医大・短大)で所蔵している資料の複写・現物借用は、申し込むことはできません。
    (教職員は、医大・短大図書館資料の複写を申し込むことができます)
  • 申込は、1文献1枚で記入してください。
    (雑誌特集記事は、いくつかの文献が集まってひとつの特集テーマが付いています。申込は、特集記事の1文献ずつ記入してください。まとめて申し込むことはできません)
  • 全項目入力してください。(巻号、ページ、著者など不明なところは、調べてから申し込んでください)
  • 英数字は必ず半角で入力してください。
  • 雑誌は他大学から借用することはできません。
  • 学生・大学院生が、教員研究費・大学院指導費・研究生指導費で文献複写等を依頼する場合は、事前に教員の了承を得た上で、支払責任者欄に教員の”姓(スペース)名”を入力してください。
  • 医療福祉研究費で文献複写等を依頼する場合は、支払責任者は、研究代表者の”姓(スペース)名”を入力してください。
  • 科研費では文献複写等を依頼することはできません。
  • "その他"の欄には、各欄に記入した以外の情報、あるいは、書ききれなかった情報を自由に記入してください。
  • 到着した複写物等は、マイライブラリでお知らせします。お知らせは、10日間表示された後、自動的に消えますので、注意してください。

    教職員は、メールボックスにお届けします。
    学部学生・大学院生は、図書館まで受け取りに来てください。

  • 図書館に所蔵しているなどの理由で依頼をお断りする場合(謝絶)もマイライブラリでお知らせします。お知らせは、10日間表示された後、自動的に消えますので、注意してください。

文献複写・現物借用の流れ

文献複写の流れ

館外文献複写依頼の方法

OPAC検索の情報を使って依頼する方法

OPAC検索した資料の情報を使って、図書館に入手を依頼する資料の情報として利用することができます。それによって、入力の手間を減らすことができます。以下の手順でお申し込みください。

  • 「現物借用依頼」も同様の手順でお申し込みください。

依頼入力例:雑誌「高齢者のケアと行動科学」に掲載されている論文

まず、OPAC検索してください。<対象データベース>を「本学園所蔵」にして検索。

本学園所蔵検索

本学園内に所蔵がないことがわかりました。

次に、<対象データベース>を「NACSIS目録」に変更します。

NACSIS目録検索

検索結果が出ました。

検索結果が複数ある場合は、該当の雑誌をクリックしてください。

[依頼]のためのボタンが表示されますので、クリックしてください。

館外複写を依頼

「マイライブラリ」の画面が表示されます。利用者ID、パスワードを入力してログインしてください。「文献の複写依頼:入力」画面が表示されます。

マイライブラリログイン画面

誌名など資料の情報があらかじめ入力された状態です。必要事項(空欄)を入力してください。

文献の複写依頼

文献の書誌事項の入力
著者名、論文名(論題)
巻号:1巻2号 の場合 1(2)
ページ:12p〜23p の場合 12‐23
出版年:2009.01 の場合 2009

西暦のみ4桁で入力
巻号、ページ、出版年は、半角で入力

文献を入手するために必要な事項の入力
必須項目は必ず入力してください。
コンボボックスから選択するもの
受取大学「川崎医療福祉大学」
国外依頼 要 / 不要
費用種別
申込者所属医大 ↓
医福大
短大
間違えないように選択してください。
手入力するもの
支払責任者 教員研究費 「川崎 花子」姓△名(利用者本人)
大学院生指導費 「指導教官」 姓△名
私費 「川崎 咲子」 姓△名(利用者本人)
その他の費用 「研究代表者」姓△名

入力が終わったら、「確認に進む」をクリックしてください。

「文献の複写依頼:確認」画面が表示されます。内容を確認して、「この内容で依頼」をクリックしてださい。

この内容で依頼

「文献の複写依頼:完了」画面が表示されます。依頼は完了しました。

文献の到着、入手不可等のお知らせは「マイライブラリ」で確認してください。(10日間表示後、自動的に消えます)

情報検索結果を使って依頼する方法

情報検索データベース検索結果から、OPACにリンクして、所蔵の検索や館外文献複写依頼を行うことができます。文献の書誌事項は全て入力された状態で、「文献複写依頼:入力」画面が表示されますので、その他の情報(受取大学、国外依頼、費用種別、申込者所属、支払責任者)を入力してください。(対象DB: 医中誌Web、CiNii、PsycINFO)

館外文献複写依頼の方法

→ 文献の複写依頼:入力を参照

文献の到着、入手不可等のお知らせは「マイライブラリ」で確認してください。(10日間表示後、自動的に消えます)

すべて直接入力で依頼する方法

OPAC検索(NACSIS目録検索も含む)しても必要な資料が図書館にない場合に、複写を依頼する資料の情報を、すべて直接入力して依頼することができます。

  • 「現物借用依頼」も同様の手順でお申し込みください。

「マイライブラリ」の画面が表示されます。利用者ID、パスワードを入力してログインしてください。

マイライブラリログイン画面

「マイライブラリ」の[操作メニュー]に表示される「文献の複写」をクリックします。

「文献の複写依頼:入力」が表示されます。資料の情報の項目は、すべて空欄です。

操作メニュー

資料の情報、その他の情報(受取大学、国外依頼、費用種別、申込者所属、支払責任者)を入力してください。

→ 文献の複写依頼:入力を参照

文献の到着、入手不可等のお知らせは「マイライブラリ」で確認してください。(10日間表示後、自動的に消えます)