川崎医療福祉大学医療福祉学科

学科の特色

学校卒業後すぐにソーシャルワーカーの国家資格である社会福祉士になるためには、大学か専門学校に行かなければなりません。最近は、福祉系の学科を含む大学や専門学校も増えています。この状況で、あえて「川崎医療福祉大の医療福祉学科」を選ぶメリットについてこれから説明します。

 20年のノウハウの蓄積による国家試験合格率の高いこと、1年生から多彩な教員のもとできめ細かな個別支援が受けられること、川崎学園ネットワークを利用した実践的な現場実習が受講できること、コースを選択して個々人の進路に合わせたさまざまな資格を取得できること、高い就職率、20年の歴史の積み重ねによるたくさんのOB・OGとのつながり、など多数のメリットがあります。

また、医療福祉学科のコースについては、
「社会福祉士コース」
「精神保健福祉士コース」
「医療ソーシャルワーカーコース」
「教員養成(福祉、特別支援教育)コース」
の4コースに分かれる事となります。
コース毎にいろいろな資格をとったり、就職に有利に働く実習を受講できます。
これらが川崎医療福祉大学の医療福祉学科の人気の理由です。

こちらもどうぞ