TOP > ボランティアセンターTOP > News & Topics 2011

News & Topics一覧

学生スタッフの活動紹介バナー

ボランティア体験記

ボランティアセンターに関するお問い合わせ

交通アクセス

「東日本震災復興ボランティア出発式」を行いました−2011年8月31日−

2011/09/02

東日本大震災復興を支援するためのボランティア学生20名と教員2名を送り出す出発式を行いました。この企画の正式名称は「いわてGINGA-NETプロジェクト」といい、岩手県立大学の学生が中心となって独自に生み出したアイデアで、おもに応急仮設住宅でのコミュニティ形成を支援しようというものです。引率の教員は救急看護のプロフェッショナルである細川先生(保健看護学科)と生態学が専門の福島先生(医療福祉学科)です。

最初に、岡田学長から、余震や体調管理に留意するようにとの細やかな配慮を伴った激励の言葉をいただきました。 続いて、今回の学生リーダーの保健看護学科3年の藤本さんが「看護学生として何かできないかと考え、参加しました。精一杯やって、無事に帰ってきます。」と挨拶してくれました。最後に、長尾学生部長の音頭で、「負けないぞ、岩手!」「頑張ろう、川崎医療福祉大学!」を全員で三唱し、大型バスに乗り込みました。無事に帰ってくることを心から祈っております。

(文責)ボランティアセンター長 古我知成

※写真をクリックすると大きく表示されます

出発式 バスに乗り込み中 教職員に見送られ出発