TOP > ボランティアセンターTOP > 東日本大震災に関する本学の対応

宮城県三陸沖を震源とした「東日本大震災」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

本学は、被災された方々への支援ならびに地域の復興のため、次のような活動をおこなっています。


1.ボランティアおよび援助情報

支援ボランティアを希望する学生は下記のような多くの課題があります。現地に向かいたい学生は必ず、ボランティアセンターで事前登録し、活動内容を報告してください。詳しいことはボランティアセンターで説明します。

関連ニュース

→ 2013/10/04 宮城県七ヶ浜ボランティア活動報告
→ 2013/09/12 宮城県七ヶ浜に向けて出発
→ 2012/09/28 東日本大震災復興ボランティア活動報告〔2012年8月〕
→ 2012/08/25 川崎医療福祉大学・オリジナルボランティア in 石巻
→ 2012/06/13 南三陸町復興支援活動
→ 2012/06/06 日本赤十字社より感謝状を授与しました
→ 2012/02/18 東日本大震災復興ボランティアへの我が大学の取り組み
2011/09/28 「いわてGINGA-NET」のボランティアに参加しました
→ 2011/09/02 「東日本震災復興ボランティア出発式」を行いました−2011年8月31日−
→ 2011/05/30 災害ボランティアチームを結成しました

課題

  • 安全確保を十分してください。二次災害(余震、放射能)の可能性を十分頭に入れ、被害に会わない対策が絶対に必要です。
  • 保護者への同意確保を必ずお願いします。
  • その他、各自でボランティアの滞在場所、食料等を用意する必要があります。現地では単発的でなく継続的なボランティア活動が一番求められていることも知っておく必要があります。
  • 詳しくは震災ボランティアに関するリンク情報 を参照してください。

2. 義援金およびボランティア支援募金情報(2011.12.21更新)

震災義援金総額 2,255,860円

【内訳】

特定非営利法人AMDAへの寄付金額 123,000円
(2011年5月28日付)
日本赤十字社への送金金額 234,735円
(2011年12月21日付)
1,898,125円
(2011年3月17日付)
(3月17日付送金分内訳)
義援金募金 1,298,125円
川崎医療福祉大学・協助会 100,000円
川崎医療福祉大学・卒業寄付金 500,000円

関連ニュース

2011/08/03 「ボランティア支援基金」へのご協力ありがとうございます
2011/06/06 看護の日に東日本大震災への募金活動を行いAMDAに寄付しました−保健看護学科−
2011/04/04 入学式に東日本大震災への義援金募金活動を行いました
2011/03/15 東日本大震災緊急募金、ありがとうございました

3. 震災ボランティアに関するリンク

県内の震災ボランティアに関する情報

被災地の震災ボランティアに関する情報