HOME学生に方へ初期研修医の方へ医師の方へ教室実績スタッフ紹介
ORTHOPEDIC_SURGERY_整形外科
骨・関節整形外科学教室
骨・関節整形外科学教室
HOME >> 骨・関節整形外科学教室
midashi
整形外科の特徴
midashi
整形外科の特徴をいくつかあげてみましょう。

  1. 守備範囲が広い
    整形外科と言えば、まず骨折、脱臼、靭帯損傷、脊髄損傷などの外傷ですが、救急外傷の実に約70%は整形外科領域です。
    すなわち救急外傷の現場で、最も必要とされる科といえましょう。
    一方で脊椎疾患、私の専門領域である関節疾患、巧緻運動の再建を必要とする手の外科、小児整形などなど幅広い分野を扱っています。

  2. 外科手術の習得が早い
    整形外科入局1年目から、指導医とともに手術の修練が開始されます。
    卒後6年後に専門医試験を受けて、合格すればとりあえず一般整形外科医として独り立ちができるようになりますから、他科に比べて早いと言えるでしょう。
    もちろんそれでおしまいというわけではなく、その後は自分の専門性の確立のために、絶え間ない努力が必要です。

  3. 今後ますます整形外科の需要があること
    近年、日本では、世界に類を見ない急激なスピードで、高齢者が増えています。
    それに伴い、いわゆる老人の骨折は増加しており、整形外科的治療を要する患者は今後も増えると予想されている。
    一方で、老人を主体とする脊椎病変や、関節変性疾患も増加の一途をたどっています。

    例えば人工膝関節患者さんのほとんどは、いわゆる使いいたみによる変形性膝関節症が原因であり、この疾患は高齢になればなるほど増加するため、米国の研究によれば、今後30年間に人工膝関節置換術(TKA: Total Knee Arthroplasty)をうける患者数(年間約50万人)は、6倍(300万人)を超えると予想されています。

    このように、これから先30年以上、整形外科の需要は増え続けることになります。
    まだ若いこれからの医師が、自分の進むべき道を選択するうえで、需要が増えるか減るのか、実は非常に大事なことだと思います。

  4. 治療にあたり他科からの干渉をあまり受けない
    整形外科の扱う外傷・疾患は、他科とあまりかぶらないのが特徴です。
    他科から干渉を受けることなく、自らの治療方針で治療を全うすることができます。
整形外科医は、いろんな性格の人たちが、それぞれの個性を生かして、仕事をすることができるふところの深い科といえましょう。

細かいことが好きならば、手の外科や脊椎の方向に進むのがいいでしょう。
救急の現場が好きなら、骨折治療を極めていくのがよいでしょう。
物を組み立てたり、理論的なことが好きな人であれば、我々のように関節専門医を目指してはいかがでしょう。
そのほかスポーツ整形外科医や、関節鏡視下手術の専門医もあります。
いや、おれは人の生死も含めた治療をやりたいというのであれば、骨・軟部腫瘍専門医になることも可能です。

まだ、自分の進路がもう少し見えてこない方でも、整形外科の中で一緒に仕事をしていくうちに、きっと自分に合ったものが見えてくると思います。

私たちは平成22年4月から川崎医大に移ってきたばかりですが、川崎医大において中四国に誇れる人工関節センターを育てていくべく努力しているところです。
それとともに、次の世代の頼れる整形外科医をたくさん育てていきたいと思っています。

三谷教授の手術・院内風景

川崎医大の学生さん、研修医の皆さん ぜひ我々と一緒に仕事をしましょう。
沢山いればたくさんいるほど楽しく仕事ができるようになります。
男女問いません。
いつでも声をかけてください。
一緒に川崎医大の整形外科を盛り上げていきましょう!
migashi
骨・関節整形外科学教室教授 三谷 茂
midashi
三谷教授ポートレート 三谷 茂 ( Shigeru Mitani )

・川崎医科大学
   骨・関節整形外科学教授
・川崎医科大学附属病院
   整形外科部長

【 専門分野 】
股関節外科

【 認定医・専門医・指導医 】
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター

【 所属学会 】
日本整形外科学会、日本人工関節学会、日本股関節学会

【 略歴 】
1987年3月 岡山大学医学部医学科 卒業
1987年4月 岡山大学医学部附属病院整形外科 入局
1988年1月 岡山労災病院 研修医
1988年4月 岡山大学大学院医学研究科
1992年4月 旭川荘旭川療育園 医員
1993年4月 藤綱病院 医員
1993年10月 岡山大学医学部附属病院 整形外科 医員
1994年4月 Royal National Orthopaedic Hospital, London, UK 留学
1995年5月 岡山大学医学部附属病院 整形外科 助手
2005年10月 岡山大学医学部・歯学部附属病院 整形外科 講師
2006年1月 岡山大学大学院医歯薬総合研究科 機能再生再建学(整形外科学) 講師
2006年8月 岡山大学大学院医歯薬総合研究科 機能再生再建学(整形外科学) 助教授
2007年4月 岡山大学大学院医歯薬総合研究科 機能再生再建学(整形外科学) 准教授
2010年4月 川崎医科大学 整形外科学(関節) 教授
   
migashi
最近の主要研究業績
midashi
  1. Kuroda T, Mitani S, Sugimoto Y, et al.:Changes in the lateral pillar classification in Perthes' disease. J Pediatr Orthop B 18:116-119, 2009
  2. Omori T, Endo H, Mitani S, et al.:Radiographic Prediction of the Results of Long-term Treatment with the Pavlik Harness for Developmental Dislocation of the Hip. Acta Med Okayama 63:epub, 2009
  3. 遠藤裕介,三谷 茂:大腿骨頭すべり症に対するImhäuser法.小児整形外科の要点と盲点(藤井敏男,編).東京,文光堂.2009,pp154-155
  4. 藤原一夫,三谷 茂:navigation併用THA .OS NOW Instruction No.9 人工股関節置換術(岩本幸英,他編).東京,メジカルビュー社.2009,pp59-71
  5. 三谷 茂:保存療法.変形性股関節症診療ガイドライン(日本整形外科診療ガイドライン委員会,変形性股関節症ガイドライン策定委員会,編).東京,南江堂.2008,pp77-90
migashi
骨・関節整形外科学教室特任教授 難波 良文
midashi
難波特任教授ポートレート 難波 良文(Yoshifumi Nanba)

・川崎医科大学
   骨・関節整形外科学特任教授
・川崎医科大学附属病院
   整形外科部長

【 専門分野 】
下肢の人工関節(特に股関節、膝関節の最小侵襲手術)

【 認定医・専門医・指導医 】
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ財団リウマチ登録医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本リウマチ学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定専門医

【 所属学会 】
日本整形外科学会、日本人工関節学会、日本股関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、日本リウマチ学会、日本関節病学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨折治療学会、日本肘関節学会、中部日本整形外科・災害外科学会、中国・四国整形外科学会

【 略歴 】
1993年 岡山大学医学部 卒業
1996年 岡山済生会総合病院 医員
1997年 岡山大学医学部大学院 整形外科医学博士課程 修了
1997年 高知リハビリテーション病院 医員
1998年 岡山労災病院 医長
2005年 同上 副部長 兼 人工関節センター長
2006年 同上 部長 兼 人工関節センター長
2010年 川崎医科大学 骨・関節整形外科 講師
2010年 川崎医科大学 骨・関節整形外科 准教授
2015年 川崎医科大学 骨・関節整形外科 特任教授
   
migashi
最近の主要研究業績
midashi
  1. 簡易ナビによるTKA PMIとの比較
    難波 良文, 大成 和寛, 梅原 憲史, 黒田 崇之, 三谷 茂
    JOSKAS (1884-8842)41巻2号 Page334-335(2016.04)
  2. UKAの合併症と手術侵襲 TKAとの比較
    難波 良文, 黒田 崇之, 内野 和也, 梅原 憲史, 三谷 茂
    日本人工関節学会誌 (1345-7608)45巻 Page841-842(2015.12)
  3. 高度内反および外反膝に対するPMI
    難波 良文, 黒田 崇之, 梅原 憲史, 今野 陽介, 大成 和寛, 三谷 茂
    JOSKAS (1884-8842)40巻2号 Page330-331(2015.04)
  4. RA変形膝に対するPMIの応用
    難波 良文, 黒田 崇之, 梅原 憲史, 大成 和寛, 三谷 茂
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 (0008-9443)57巻5号 Page1165-1166(2014.09)
  5. パーソナルジグの現状と未来 PMIによるTKAの展望 CTベースとMRIベースの比較
    難波 良文, 黒田 崇之, 梅原 憲史, 大成 和寛, 三谷 茂
    日本人工関節学会誌 (1345-7608)44巻 Page197-198(2014.12)
  6. 人工骨頭後反復性脱臼 原因と対策
    難波 良文, 梅原 憲史, 黒田 崇之, 三谷 茂, 花川 志郎
    Hip Joint (0389-3634)40巻 Page574-579(2014.08)
  7. PMI初期導入例に対する評価と問題点
    難波 良文, 今野 陽介, 梅原 憲史, 黒田 崇之, 三谷 茂
    JOSKAS (1884-8842)39巻3号 Page711-716(2014.06)
  8. 両側同時TKA・UKA 両側同時手術におけるUKAの有効性について
    難波 良文, 河本 豊広, 梅原 憲史, 黒田 崇之, 三谷 茂, 香川 洋平
    日本人工関節学会誌 (1345-7608)43巻 Page569-570(2013.12)
  9. 80歳以上の高齢者に対するMIS-THAの有効性について
    難波 良文, 田中 健祐, 梅原 憲史, 黒田 崇之, 三谷 茂, 門田 弘明
    Hip Joint (0389-3634)39巻 Page611-615(2013.08)
  10. 大骨頭と可動域、脱臼予防 スクリューを用いないMetal on metal大骨頭を用いたTHA 術中脱臼テストの検討
    難波 良文, 梅原 憲史, 香川 洋平, 黒田 崇之, 三谷 茂, 門田 弘明
    日本人工関節学会誌 (1345-7608)42巻 Page27-28(2012.12)
copyrights