HOME学生に方へ初期研修医の方へ医師の方へ教室実績スタッフ紹介
ORTHOPEDIC_SURGERY_整形外科
初期研修医の方へ
初期研修医の方へ
HOME >> 初期研修医の方へ
migashi
後期研修医の募集について
midashi
学内および学外から広く後期研修医を募集します。
整形外科の一般的な手技から手術、外来まで幅広く研修が可能です。

特に手術においては、一般的な骨折の手術から脊椎・関節手術まで色々な手術の経験が可能です。
日常的な骨折の手術から特殊手術まで経験できる大学病院は、なかなかないと思います。

内視鏡

脊椎・災害では腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄に対する内視鏡下脊椎手術や外傷に対する脊椎固定術を年間100例以上、行っています。
人工関節手術

骨・関節では股関節や膝関節を中心に年間300例、人工関節置換術を行っています。
他にも小児整形外科や関節リウマチに対する手術も積極的に行っています。
後期研修医の目標として、指導医の指導のもと、それぞれの手術を執刀出来ること、年間1論文・2発表などを掲げています。

また、川崎医科大学附属病院は、大学病院ですので、病棟での医学生実習にも参加して頂きます。
学生を指導することにより、自分の知識を深め・復習するとともに、説明能力の向上を目指します。
学生にわかりやすく説明し、納得させることが出来ないようでは、外来で患者さんに納得してもらうことは難しいです。

後期研修中に大学院への進学も可能ですし、興味がある専門分野が出来れば、国内留学も可能です。
専門医を取得するためには2施設以上での研修が必須ですので、時期をみて適切な施設に出向し、さらなる研修を積んでもらう予定です。

川崎医科大学附属病院 後期研修医募集
migashi
後期臨床研修の理念と到達目標
midashi
多様なキャリアパスを用意しました。
シニアレジデントとして最長6年間の研修が可能です。
この間に大半の研修医は関連する認定医、専門医資格を複数取得することになります。

整形外科では専門医取得の為に2施設以上での研修が必要です。
適宜、国内留学もしくは、他の研修施設での研修を行います。
希望者は海外留学や大学院進学も可能です。
一定の要件を備えた希望者には後期研修を終えた後、あるいは途中で臨床助教・講師等の大学教員になる道も開かれています。

ドクターヘリ

当院での研修の特徴として、「脊椎内視鏡手術を積極的に行っている」こと、「人工関節を積極的に行っている」こと、「救命医と連携して、高度多発外傷に対応している」ことが挙げられます。

また「切断指の再接着」を長年行っており、十分な実績があります。
それぞれの分野を広く・深く研修して頂けます。

それぞれの分野に秀でた研修病院は沢山あると考えますが、1カ所の施設で研修が可能な病院はわずかだと考えます。
当教室は大学病院ですが、1次~3次の全ての救急を受け入れており、市中病院で治療が行われる骨折から、多発外傷まで症例が様々で、多くの研修が可能です。
migashi
将来設計プログラムについて
midashi
川崎医科大学 整形外科 将来設計プログラム (例)

  臨床コース 大学院
大学院コース 国内研修コース 海外留学コース
初期研修
2年目
日整会入会 日整会入会 日整会入会 日整会入会
1年目 S1 S1 S1 S1
2年目 S2 大学院1 大学院1 大学院1
3年目 S3 大学院2 大学院2 大学院2
4年目 S4 大学院3
(S2~3)
大学院3
(S2~3)
大学院3
(S2~3)
5年目 S5
専門医取得
大学院4
(S2~4)
学位取得
大学院4
(S2~4)
学位取得
大学院4
(S2~4)
学位取得
6年目 S6 S5
専門医取得
国内研修(S5)
専門医取得
国内留学(S5)
専門医取得
7年目 C1 S6 国内研修(S6) 国内留学(S6)
8年目 C2 講師 講師 海外留学
9年目 C3     海外留学
10年目 医長
開業 etc.
    講師

  • 臨床コースでは、S2~S4の時点で、0.5~2年の国内他施設研修を行います。
  • 学内において、大学院1~2の2年間はシニア研修1年分とみなされ、大学院3年目からは兼務レジデントとしてシニア3から再開します。希望により、シニア2からスタートも可能です。
  • 専門医資格は、大学院1~2の2年間も研修施設での研修とみなされます。ただし、2施設での研修が必要となりますので、大学院卒業後に国内他施設研修を行います(学外では兼務レジデントは不可のため)。
  • 5年目からは自身のSubspecialtyを設定し研鑽に励みます。ただし、8年間はGeneral Orthopedicianとしての修練を怠らないでください。
  • 本プログラムは、基本設定であり随時変更運用されます。
copyrights